スポンサーリンク

あ~夏休み、ちょいと終わらないで ⑤「生活ノート解説編」

2021/08/20

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 新学期が9月1日スタートだった以前とは違い、最近の学校は来週から2学期(もしくは前期後半)が始まります。

 そこで夏休み直後の通信を紹介する「あ~夏休み、ちょいと終わらないで」シリーズをお送りしてきました。

 シリーズ1回目3回目で紹介した通信は「詩」に頼りました。

 2回目で紹介した通信では、「子どもの生活ノートの記録」に頼りました。

 5回目の今回も「子どもの生活ノートの記録」を使っていますが、それに頼るだけでなく、もへちゃんからのメッセージの部分は2回目の通信(1986年9月11日発行)よりかなりマシになってます(笑)

 では、「3年1組学級記録 No.28」(2007年9月4日発行)を紹介します。

記録49

 今日から学校へ(^w^)

 頑張れるかな(^w^)

 頑張ろう(^w^)

 がんばろう(^w^)

 2学期が始まった。

 課題テストを一心不乱に解いている君たちを見ながら、耳はツクツクボウシの声を聞いている。

 ツクツクボウシは夏の終わりに鳴くセミだ。

ツクツクボウシ イラストACからのイラスト

記録50

 今日から、夏休みで学んだことを活かして

明るく

をモットーに、勉強 頑張る!!

 友達とも協力して、助け合う!!

 文化祭もある!!

 最後の大行事!!

 改めて、これからの毎日は…

 1日が過ぎると、もうその1日は来ないのだなということ!!

 後悔なんてしたくない!!

 けど、後悔してからこそ学んでいくこともある。

 今を大切にしていこうと思いました。

「今を大切にする」と「今やりたいことをする」

 「今を大切にする」と「今やりたいことをする」というのは、似てるようで違うんだ。

今を大切にする

 記録50で、YMが書いてきた「今を大切にする」から

 1年後、5年後、10年後、いや私の人生全体を見通した上で、今、大切にすべきことがわかった。

 それを本当に大切にしていきたい。

という思いを、僕は読み取った。

今やりたいことをする

 一方、「今、やりたいことをする」というのは、先の見通しがなくて、目標が定まらない時に起こる感情だ。

 「無気力で何もしない」よりは、かなりいいが、「快」「不快」の気持ちに支配されることが多い。

 「やりたいこと」が今後の人生にとってプラスに働けばいいが、「楽をしたい」「自分の好き勝手したい」という方向にに流れた場合は、マイナス以外の何物でもなくなる。

もへちゃん
もへちゃん

 真剣に物事にとりくみ始めている君たちに、改めて問いたい。

  • 君は将来、何の仕事をしたいのか?
  • その仕事に就けたとしたら、その先は?
    • その仕事をしていく中で、どんなことをしたいのか?
    • その仕事をしていく中で、どんな人になりたいのか?
  • そのために、今大切にすべきこと、今しかできないことは何なのか? 
もへちゃん
もへちゃん

 目標を掲げるってことは、灯台に灯をともすことと同じだ。

 どんな嵐でも、灯台の導きがあれば勇気が出る!

イラストボックスからのイラスト

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

涵養

 この年は中3生の担任をしていました。

 進路を真剣に考える時期が間近ってことで、2学期最初の通信で「将来、何の仕事をしたいのか?」と問うてみました。

 もちろんたった1枚、通信に書いたからといって、子どもたちがその日以降、進路に対して真剣に向き合い始めるわけではありません。

 しかし、ことあるたびに問い続けることは大事です。

 水が自然に染み込むように、じわ~っと、ゆっくりとその気にさせる…このことを「涵養かんようする」と言います。

子どもの記録→もへちゃんのコメント

「子どもの記録」を載せ、それに対するもへちゃんのコメントを書く

  

 これは何も、夏休み明けの通信のためのコツではありません。

 普段の学級通信がこのパターンでした。

 ちなみに、学年通信ではこのパターンはほとんど使えません(>_<)

ツクツクボウシ

 もへちゃんが住む福岡では、お盆を越えたあたりから暑さのピークが少し和らぎます。

 それまでは、朝でも夕方でもエアコンを入れて暑さをしのいでいます。

 お盆後数日経ったころ、ふとエアコンを入れずにすごせる朝夕の涼しさに気づきます。

 ツクツクボウシが鳴き始めるのも、ちょうどこの頃です。

 なので、もへちゃんにとってツクツクボウシの声は、

もへちゃん
もへちゃん

 そろそろ夏が終わるんだなぁ。

と感じさせる声でした。

 「でした」という過去形で表現したのは、4年前のちょうど今頃、娘を亡くしたあの日もツクツクボウシが鳴いていたからです。

 それまでは「夏の終わり」を感じさせていたツクツクボウシの声でしたが、今は「もへちゃんの今迄の人生の中で最悪の1日」を思い出させる声になりました。

 まぁ4年過ぎたこともあり「フラッシュバックして心を痛める」というよりは、「はぁ…」と1つため息を付く…そんな程度には、なりましたが…。

もへちゃん
もへちゃん

 はぁ…(>_<)

コメント

タイトルとURLをコピーしました