合唱曲「走る川」…歌詞に込められた思い③

2020/09/16

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 合唱曲の歌詞解説シリーズ第3弾は「走る川」です。

 歴代のもへちゃん組では歌ったことがない曲でした。

 しかし、歌詞の意味をネット等で調べていたら、作曲者は「空ける天馬てんま」を作曲した人でした。

 「空かける天馬」は中1生とかでよく歌われます。

 ある年のもへちゃん組(1年時)も歌いました。

 「空かける天馬」は、合唱曲としてはかなりメジャーな曲なので、ご存じの方も多いかな(^^)

 さて、もへちゃんが知らなかった合唱曲「走る川」には、どんな思いが込められているのでしょうか。

 そのことを書いた「◯◯◯中学校3学年だよりミニ No.91」(2018年10月15日発行)を紹介します。

3年2組「走る川」

 3年2組が歌う「走る川」は、岐阜県大垣市立南中学校が、作曲家 黒澤 吉徳よしのりさんに依頼し、1993年に発表された混声合唱組曲のうちの1曲であり、作詞は南中学校の先生だった金沢智恵子さんです。

空駆ける天馬

 ちなみに、黒澤さんは「空駆ける天馬」という元気でリズミカルな合唱曲を作曲された方でもあります。

天馬(ペガサス) イラストACからのイラスト

 聞いたことありませんか?

 私は1年生の担任をしていた頃、「空駆ける天馬」に挑戦したことがあります。

 保護者の中にも「それなら中学時代歌ったことある」って方もいらっしゃるかもしれません。

 残念ながら、今年の◯中の1~2年生では、歌わないみたいです。

走る川

 さて話を「走る川」に戻しましよう。

走る川

金沢 智恵子 作詞     黒沢 吉徳 作曲

 岩をかみ しぶきをあげ
 魚を押し 風をさき
 ふり返らず 水を 走る
 もどれない 命を
 いっしんに 走る 走る

 こんなにも 急いで
 水は 一途に 下ってゆく
 滝を落下し すべり 削り
 渦巻く 早瀬となる

(後略…歌詞全文やYouTube等は「もへちゃん先生の学級通信の資料置き場」へ)

 南中学校がある岐阜県西濃せいのう地方は、木曽三川きそさんせん(木曽川、長良ながら川、揖斐いび川)流域で、とりわけ大垣市は水の都と呼ばれています。

 「水が生まれ、川となって流れ、海に帰り、そして水の翼となり、新しい旅に出る」

という壮大な流れを人生に例え、合唱3部作にしたもので、毎年在校生によって引き継がれて歌われているそうです。

 歌詞をじっくり見てみましょう。

歌詞①

 中学時代という、子どもと大人の狭間を生きる激動の3年間を川に例え、

岩をかみ しぶきをあげ

魚を押し 風をさき

ふり返らず 水を 走る

走る川 作詞 金沢智恵子、作曲黒澤吉徳 より

と表しました。

歌詞②

 中学生が1日1日を一生懸命生きる姿、

  • 体育会で一心に走ったり、叫んだりした姿
  • 部活動できつくて苦しくて泣いた日のこと
  • 後輩たちに3年のすごさを見せようと今、合唱をがんばっている日々

 そんな日々を

もどれない 命を

いっしんに 走る 走る

走る川 作詞 金沢智恵子、作曲黒澤吉徳 より

と表しました。

歌詞③

 部活や恋や勉強や行事や…様々なことに夢中になってとりくむ生き方を

こんなにも 急いで

水は 一途に 下ってゆく

滝を落下し すべり 削り

渦巻く 早瀬となる

走る川 作詞 金沢智恵子、作曲黒澤吉徳 より

と表しました。

歌詞④

 たとえ困難に出会っても、川は流れ続けます。

月のない夜もこおれる冬も

あらゆるはばみに 出会っても

不屈の決意で 水は 走り続ける

走る川 作詞 金沢智恵子、作曲黒澤吉徳 より

 だから、子どもから大人の時代へとすごいスピードで成長していくあなたたちにも、決して困難に負けて欲しくないと歌詞は訴えかけているわけです。

歌詞⑤

やがて 大地は広がる

光はふりそそぐ

花の色に 香りに 染まって

ゆったりと あたたまってゆく

走る川 作詞 金沢智恵子、作曲黒澤吉徳 より

 川が海に近づく頃、上流では急流だった川もゆったり大きく流れます。

 そして大地を潤し、大地からは花が芽生えます。

 子ども時代が終わりに近づくにつれて、

  • 自分だけでなく周りの人々をも潤すことのできる心の幅の広さ
  • 人を助けることのできる知識
  • 深い人権感覚を身に付けてほしい

という願いが込められているのかなぁと思います。

 ただボーッと流れるだけでそんな力はつきません。

3年2組のみんなはきっと…

 やはり

月のない夜もこおれる冬も

あらゆるはばみに 出会っても

不屈の決意で 水は 走り続ける

走る川 作詞 金沢智恵子、作曲黒澤吉徳 より

なのです。

ei-miさんによる写真ACからの写真

 困難に出会い、きつい思いを克服した人こそが、優しさを手にできるんです。

 こんなすてきで壮大な歌を選んだ3年2組のみんなが「今を一生懸命生きろ」というメッセージを歌い上げてくれるに違いありません。

 あと5日、楽しみです。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

合唱組曲「水の翼」

 今回紹介した通信の中に

 岐阜県大垣市立南中学校が、作曲家 黒澤 吉徳よしのりさんに依頼し、1993年に発表された混声合唱組曲のうちの1曲であり

という文章がありました。

 この合唱組曲は「水の翼」といい

  • 第1楽章「泉」

 南中学校1年生の課題曲。

 序盤は、繊細さ、初々しさを表現し、終盤に向けて次第にエネルギーを帯びていく様子を表現

  • 第2楽章…「走る川」

 南中学校2年生の課題曲。

 テンポ・声量ともに緩急の変化に富み、3部作の中でも特に全国的な知名度を誇る

  • 第3楽章…「海へ」

 南中学校3年生の課題曲。

 旅の終着と、新たな旅の出発を思わせる歓喜と壮観さを表現

という3曲で構成されています。

 こんな歌を持っている学校ってすてきですよね(^^)

第2校歌

 もへちゃんが子どもの頃、中学2年生まで在籍した富山県の中学校では、「第2校歌」というものがありました。

 たしか

「いちょう並木を通るとき、いつもあの日を思い出す♪」

 こんな歌詞だったと思うのですが…

 ネットで、その中学校名や歌詞で検索してみたけれどみつけられませんでした(T_T)

 記憶まちがいなのかなぁ…

 それとも、もへちゃんがその学校に通ったのは、もう40年以上前だから、伝わってないのかなぁ

コメント

タイトルとURLをコピーしました