受験生が「時間の過ぎる速さ」を感じる年末

2020/12/30

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 今日は、午後から自宅で餅つきをしてて、ブログを更新する時間が遅くなってしまいました(>_<)

 もへちゃんの餅つきのメインは「かき餅」です。

 ピーナッツ、アーモンド、砂糖を入れて作るかき餅は、焼いて食べると和風スィーツ!

 昨年の餅つきのことを

 工作ブログ「もへちゃんの工作の時間『大人のできるかな?』」で記事にしていますので、興味のある方はご覧下さい。

 さて、

もへちゃん
もへちゃん

 年末にふさわしい通信は、ないかなぁ

と、過去の通信のファイルをパラパラとめくっていて…

もへちゃん
もへちゃん

見つけました!

 中3生だからこそ、感じる「時の経つ速さ」について書いた学級通信「道のべ No.51」(1990年12月21日発行)を紹介します。

時間

時間が経つのが速い

34歩目

 このごろ毎日、時間が経つのが速く感じる。

 これは、みんなも同じだと思う。

 「みんなもやっている。自分は、それ以上やらないとどうにもならなくなる。」

とやる気を出して、一生懸命やっている。

 「でも、みんなも自分と同じくらいやっていたらどうしよう」と思って、また勉強する。

 時間って、こんなに速かっただろうか。

35歩目

 もう、あと40日ちょっとで、私立の入試が始まる。

 私立の試験が終わって50日くらい経つと、もう公立の試験が始まる。

 みんな、希望した高校に入れたらいいと思う。

36歩目

 冬休みまであと3日

 クリスマスまで5日

 正月まで13日

 私立入試まで44日

 公立入試まで84日になった。

 班も前に比べてまとまりが出てきたと思う。

 机を班にして、今まではしゃべってばかりだったけど、この頃は勉強のわからないことを聞いたりしている。

 今の班は、けっこう好きだ。

37歩目

 あと3日で終業式。

 3日で、長かった2学期が終わってしまう。

 入試まで、マダマダと思ってたケド、もう、あとちょっとしか無くなってしまった。

 人生での1つの“フシメ”なので、これを切り抜けて、未来を自分のいいように、自分で拓かなければ…。

 ということで、あともう少し、死にものぐるいでガンバるゾ!

 時間がどんどん過ぎていく。

 今まで生きてきた中で、これほど速く時間が過ぎたことがあったろうか。

 裏返せば、速く感じられるほど、その人は「充実している」と言える。

写真ACからの写真

 過ぎていく時間を有効に使いなさい。

 すべての受験生に、その時間は平等に与えられている。

ということでお知らせ

 いろんな人からリクエストがあるし、

もへちゃん
もへちゃん

今こそ勝負時だ

と僕も思うので、

12月25日、26日、27日、28日、1月4日、5日

に、教室で勉強会をします。

 昼12時ぐらいから、みんなの都合のいい時間まで(あんまり遅くまでは、したくない)

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 人は、時をさかのぼることはできません。

 だからこそ「今」をがんばる大切さがわかるのだと、もへちゃんは思います。

 そして、受験という人生の試練があるから、「今」をがんばる大切さに気づくことができるとも思います。

15歳の3月までの総勉強時間数

 もへちゃんは、受験生に

もへちゃん
もへちゃん

 受験勉強ってのは、日に6時間以上勉強するものだ

なんて話します。

 これは、もへちゃんの高校受験の成功体験から来ています。

 以前、このブログで

 15歳の3月の時点で、「勉強に関してどれだけ努力したか」…すなわち、生まれてから15歳の3月までにとりくんだ総勉強時間数が多い人が合格できるのだと思っています

と書きました。

 ちなみに、高校受検では1日6時間勉強でしたが、大学受験時は1日17時間勉強してました。

 普段の勉強時間が少なかったから、逆転をねらうしかなかったというのが真相ですが…(^^;)

勉強1000時間で年収100万円up

 以前、東大生が

 1000時間勉強して将来の年収が100万円上がる場合、勉強の時給は100万円×40年÷1000時間=時給4万円になるよ。

  なんでみんなそんなに勉強しないの?

とツィートしました。

 もへちゃんは、1日17時間勉強の末、志望大学に合格したという体験で、

もへちゃん
もへちゃん

 この言葉って本当だよなぁ

と思っています。

 このことは、すでにブログに書きました。

 これらの成功体験から、

  • 山より高いセルフイメージ
  • 座右の銘の「信じればかなう」

を得たわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました