臨時休校中の学級通信…ピンチをチャンスに「学校再開後の自分をイメージしてる?」

2020.05.01

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 安倍総理は、緊急事態宣言を1か月程度延長する方針を明らかにしました。

 延長はもっともですが、子どもたちの学力問題だけでなく、経済的な諸問題、医療崩壊等、問題が目白押しです。

 命が最優先です。

 その次にどうしていくか、5月4日に発表されるそうなので、有効なとりくみを提案してもらえることを心待ちにしています。

 臨時休校の長い休みを『精神と時の部屋』みたいにしちゃおう」シリーズ」第43弾

は、ピンチをチャンスに変えることについて書いてみます。

プチ・精神と時の部屋 No43 「ピンチをチャンスに」

「えっへん!」な気分(^^)

 以前、このブログで「マスク問題」「休業補償問題」「学力問題」について提案しました。

 私は、これらのブログの中で「9月始業式案」も披露しました。

 同じように考えている人がたくさんいたようで、政府内でも議論が始まったみたいです。

 私は、そのことを知って「えっへん!」って気分でした。

わたしまけましたわ

 日本電産のCEOである永守重信さんが、NHKの番組で 

 「コロナが終わったときには、世界の景色はガラリと変わりますよ」と、今社員に説明している。

 今回のコロナは、確かに危機で、大変な時代なんですけれども、そこから立ち向かって学ぶ。

 立ち向かわないと学べないんですよ。

 逃げてばっかりで学ぶことありません。

 やっぱり堂々と立ち向かっていくということによって、今までのやり方を変えていくと。

 私、50項目ぐらい書いたんです。

 これを順番に改善・改革しようと考えて、今実行しています。

と述べられていました。

 私は「マスク問題」「休業補償問題」「学力問題」について考えて、それで「えっへん!」な気分になっていたのに、永守さんは50項目ですよ。

 わたしまけましたわ

(突然の回文ですが、あまり気にしないでください。ちょっと書きたくなっただけです(^o^))

いろんな人の力を借りながら、私がとりくんだこと

 永守さんの場合は、「コロナウイルスを乗り越えた後、会社をどう発展すべきか」を考えられたのだそうですが、それを50項目だなんてびっくりです。

 私も、

  • 荒れる学校をどう建て直すか
  • 学校教育の中に反戦平和の学習をどう取り入れていくか
  • 差別する言葉が飛び交う学校を、どうやって人権感覚豊かな学校にするか
  • 『学び合い』の考え方を、どうやって先生たちに理解してもらうか

 そんなことを3年計画、5年計画なんかを自分の中で考え、実行してきた自負はあります。

 もちろん私だけではできませんでした。

 一緒にやった子たち、一緒にやった先生たち、応援してくださった保護者の方々、地域の教育委員の方々…

 たくさんの力を借りながら、課題を克服してきた経験があります。

 だから「9月新学期」とか「マスク内職大作戦」は、ふざけた書き方をしつつも、けっこう本気の提案でした。

アベノマスクvsマスク内職大作戦

 今でも「マスク内職大作戦」はいい案だと思っています。

 だってアベノマスクは配布前から評判悪かっただけでなく、配布が始まっても問題が山積みでしょ。

 郵送されてきたマスクには、毛が入っていたり、異物が入っていたってニュースで言ってました。

 「異物」という言い方は、聞き手の印象を和らげるための手法だと私は思っています。

 あるニュースでは「かび」と言ってました。

 あるニュースでは「虫」と言ってました。

 虫と言ってもカブトムシが入ってるわけありません。

 気づかれずに郵送されるくらいの虫ってことは「ダニ」とか「ノミ」なんだろうなぁと思います。

ダニ Pixabayからの写真

 それに「マスク第4の受注業者」として、後から明らかになった「ユースビオ」という会社?がちらっとニュースの画面に出ましたが、プレハブのような社屋で、マスク4億円分の契約をするような企業には見えませんでした。

 無理を通して道理を引っ込めた臭いがプンプンします。

 アベノマスクを無理して通すぐらいなら、「マスク内職大作戦」は、休業補償問題とマスク不足問題を解決するだけでなく、日本が世界に対してマスク輸出の貢献ができるから、無理して欲しかったなぁ…。

あなたは考えてますか?

 でも、新型コロナウイルス対策で、私が考えたのは3案だけ。

 永守さんの50案には遙かに及びません。

 コロナウイルスを克服した後、学校がどうあるべきか、考えてみようかな。

 このブログを読んでくれてる中学生のあなた。

 あなたは、コロナウイルスを克服した後の中学生活や部活動、進学のこと、考えてますか?

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 今回紹介した永守重信さんは、47年前に従業員3人で始めた日本電産を、今では売上高1兆5000億円の大企業に育て上げた方です。

「危機は必ず乗り越えられる。逆にチャンスなんだ」

とコロナ危機を逆にチャンスととらえ、経営を見つめ直し、企業は変わる機会にすべきと語られていました。

 私も

「困ったときがチャンスです~♪頭がよくなるチャンスです~♫」

と思っています。

 あなたも考え始めましょう!

 9月始業式案については、私はブログに書いただけでしたが、大阪の高校生はネット署名にとりくみ、すでに2万人以上の賛同を得ているのだそうです。

 そしてこのことはマスコミに取りあげられ、政府に影響を与え始めています。

 子どもだから、何もできないなんてこと、ありません!

 もちろん大人もね(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました