スポンサーリンク

数学ネタ?⑨2018年ACジャパンCM「この問題は、本当に問題です」

2021/11/29

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 1988年のセブンイレブンのコマーシャルは、数学が得意な人がこだわって作ったわけではなさそうでした。

 一方、2018年のハイチューCM数学編は、数学が得意な人が作ったことが、よくわかりました。

もへちゃん
もへちゃん

 ハイチューCM数学編は、アレンジすれば高校入試にも使えるよなぁ。

ともへちゃんは感じました。

 これら2つのCMについて書いた通信は、すでに紹介済みです。

 気になる方は上の青文字をクリックしてみてくださいm(_ _)m。

 さて、今回紹介するのは、最初は

もへちゃん
もへちゃん

 方程式の文章問題になるかな?

と感じたコマーシャルについて書いた通信です。

 しかし、数学の問題として解くよりも、「解いた後、どう感じたか」の方が重要でした。

 どんな問題かというと…

 それは「◯◯◯中学校3学年だよりミニ No.97」(2018年10月23日発行)をご覧下さい。

この問題は、本当に問題です

 夏頃にラジオで流れていたコマーシャルがちょっと気になりました。

 それは、数学の問題っぽかったからです。

もへちゃん
もへちゃん

 テストで使えるかな?

と思ったわけです(笑)

 でもラジオだったから、全文を聞き取ることができなくって、残念に思ってました。

 その後、テレビでも時々見るようになって、やっと問題の詳細がわかりました。

 こういうコマーシャルです。 

ACジャパン / セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンより引用

 ラジオを聞いているときは「方程式で解けるよな~」と思っていましたが、よくよく問題を読むと算数でも解けます。

もへちゃん
もへちゃん

 だから、テストには出しません(^^)

 そこで久々に「お礼つきの問題」として、皆さんに解答を募集します(^_^)

 11月1日の実力テストまであと8日だから、そんなことしてる暇、ありません!!!

って人もいるかな?

 いてほしいけど…。

 勉強と勉強の合間の10分休憩の時とかに、頭の体操感覚で挑戦してみてもいいかも~

もへちゃん
もへちゃん

 実は、問題の答えを出すよりも、その後、どう感じたかが大事です。

 2020年以降の大学受験や就職試験の大変革「表現力」「説得力」につながる良問です。

切り取り

No.97について

①問題の答え

 

②解いてみて感じたこと

 

( )組( )番 名前(         )

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

クイズのお礼

 解答をもへちゃんにくれた子に対するお礼は、いつも「その子の名前の持つ意味」です。

 このことについては、すでにブログに書きました。

数学とは

 数学者になるなら別ですが、多くの人にとって「数学」とは、日常の課題を解決するための「道具」だと思います。

 今回紹介した「ACジャパン・セーブ ザ チルドレン」のコマーシャルも、「解くことが目的(解いて終わり)」では、コマーシャルを作った人の意図から外れてしまうように感じます。

 このコマーシャルをテストの問題とした場合、解いた後、導き出された結果についてどう考えるかが大事なのです。

 ただ、もへちゃんは長年、数学の先生でしたので、テストで丸付けするのは「正解か間違いか、はっきりわかるもの」ばかりでした。

 なので、通信の最後に付けた問題を期末テストなんかで出したら、「どう感じたか」という問題に対して、もへちゃん自身が採点不能になったことでしょう(^^;)

コメント

タイトルとURLをコピーしました