スポンサーリンク

臨時休校中の学級通信…解説・新型コロナに対する10のポイント②

2020.04.23

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 今日(2020/04/23)、新型コロナウイルスで岡江久美子さんが亡くなりました。

 ご家族の方の悲しみを思うと、やるせないです。

 「時が解決してくれる」と言われたこともありますが、私の場合は3年過ぎても解決できていません。

 お悔やみ申し上げます。

 さて、

「臨時休校の長い休みを『精神と時の部屋』みたいにしちゃおう」シリーズ」第38弾

は、昨日(2020/04/22)発表された、新型コロナウイルスに対しての「10のポイント」についての解説の続きです。

プチ・精神と時の部屋 No.38 「もへちゃん流解説・新型コロナウイルスに対しての10のポイント②」

 昨日(2020年4月22日)、新型コロナウイルスに対しての「10のポイント」が発表されました。

  1. ビデオ通話でオンライン帰省
  2. スーパーは1人または少人数ですいている時間に
  3. ジョギングは少人数で公園は空いた時間、場所を選ぶ
  4. 待てる買い物は通販で
  5. 飲み会はオンラインで
  6. 診療は遠隔診療
  7. 筋トレやヨガは自宅で動画を活用
  8. 飲食は持ち帰り・宅配も
  9. 仕事は在宅勤務
  10. 会話はマスクをつけて

 前回のブログで1~5までを愚痴混じりで解説したので、今回は後半を解説していきます。

6.診察は遠隔診療

 私事ですが、今日、母を病院に連れて行きました。

 と言っても、急患としてではなく、持病の診察&薬をもらいにいくための運転手です。

 大きな総合病院なので、もへちゃんはドキドキ。

 ちなみに、私の今日の服装は、「上下作務衣、手ぬぐいマスク、だてめがね、毛糸の帽子」でした。

 別に作務衣ではなく、ジャージでもいいのですが、最近は専ら作務衣を愛用しています。

 ジャージや作務衣だと、帰宅してすぐに脱いで洗濯機に入れられるからですね。

 手ぬぐいマスクは、以前、紹介したやつです ↓

 出がけに、かみさんから「サージカルマスクあるよ」と言われました。

 しかし、手ぬぐいマスクだろうがサージカルマスクだろうが、ウイルスの大きさとマスクの網目の大きさの差は、どちらも格段に違います。

 飛沫防止のため、のどの保湿のため、口をさわらないためなら、手ぬぐいマスクで十分だと私は思っています。

 N95というマスクなら、手ぬぐいマスクよりはそちらを選びますが、持ってません。

 ちなみに、手ぬぐいマスクも帰宅してすぐに洗濯機へポイしました。

 だてめがねは、感染者の飛沫が目に入らないためにかけました。

 ゴーグルしたいところでしたが、あまりにも大げさっぽかったので、妥協してだてめがねだったわけです。

 毛糸の帽子は、髪の毛に飛沫がつかないように被りました。

 帰宅したら、洗面台で手の次に髪も顔も洗いました。

 母と診察室に入ったとき、お医者さんはまず私を見て「フル装備ですね」と言われました(笑)

f:id:toshioh:20200423223852j:plain
フル装備の実物

 私としては、手袋をすべきだったと悔やんでいたのですが…(笑)

 母は2週間おきに診察してもらってましたが、次回は4週間後ということになりました。

 やはり老人相手では遠隔診療は難しいと思います。

 母にはパソコンもないし、スマホではなく携帯だもんなぁ。

 母の4週間後の診察の日は、私自身が別の総合病院へ検査に行く日でした。

 半年ごとに検査してもらっているのですが、検査部位はここ数年大きく変化してないし、大きな病院には今はできるだけ行きたくないので、キャンセルすることにしました。

 私の場合もCTとかMRIとかなので、遠隔診療というわけにはいきません。

7.筋トレやヨガは、自宅で動画を活用

 これはすでに実行しています ↓

 私のおすすめは、NHKの「みんなで筋肉体操」です。

 昔、剣道部の顧問をしていた時は「ビリーズ ブートキャンプ」を子どもたちとやってました(^^)

 ブートキャンプは、30分ほどだったかと思いますが、誰も最後までやり通せませんでした。

 しかし「みんなで筋肉体操」は、5分です!

 5分なので頑張れます!

 私の場合

  • 近所の公園をウォーキング…30分
  • ラジオ体操(NHKのテレビで放送していても「ラジオ体操」なのはなぜ?)…3分
  • みんなで筋肉体操…5分✕4種

という流れでやっています。

 先週までは、「みんなで筋肉体操」の枠には、月木は「腕立て&腹筋」、火金は「スクワット&背筋」と2種ずつ入れてました。

 最近慣れてきたので、負荷を高めるために月火木金に「腕立て、腹筋、スクワット、背筋」の4種をすることにしました。

 でも本当は、市営のトレーニングルームがいいなぁ

8.飲食は持ち帰り・宅配も

 福岡市は1000円以上の宅配等を電子決済で利用した場合1件500円分を支援してくれます。

 しかし、私は福岡市住みではないので、この支援を受けられません。

 残念ですぅぅぅ(T_T)

 でも、新型コロナの影響で、今まで「持ち帰り」をしてなかった飲食店が、今はやってます。

 テレビでもおすすめの店なんかを教えてくれてます。

 私の場合、近所の焼き肉屋が持ち帰り弁当をしてると聞いたので、今度買ってみたいと思っています(^^)

9.仕事は在宅勤務

 インターネットのおかげで、在宅勤務が可能な仕事が増えているとは思います。

 私の仕事は中学校の先生ですが、さすがに学校再開となると在宅勤務ってわけにはいきません。

 しかし専門家会議メンバーの北大の西浦博さんによると

「この1年は、この状況と付き合っていかなければいけないと思う」

そうです。

 ならば、「学校再開」ではなく、「オンライン授業開始」の方が可能性が高いと思っています。

 オンライン授業ならば、在宅勤務は可能かもしれません。

 このように、今のままで在宅勤務は難しくとも、条件が変われば可能になる…そんな仕事って多いのかもしれません。

 あなたのお仕事はどうでしょうか?

10.会話はマスクをつけて

 前述のとおり、マスクはウィルスを通してしまいますが、飛沫は防ぎます。

 だから有効です。

 しかし会話だけでなく、ジョギングでもぜひマスクをしてほしいと私は思います。

 昨日のブログで

 私はウォーキングをしてるので、ジョギングしてる人からは追い越されるのですが、荒い息が近づいてきて、抜き去る際、ほとんどの人はマスクをしてません。

 ちょっとこわいです(>_<)

 と書きました。

 今日見た情報番組でも、ジョギング中の飛沫について扱ってました。

 その番組では、「前を走る人からの飛沫は後ろにいる人に飛ぶ」のだそうです。

 ということは、マスクをしないのであれば、誰からも抜かれないように走るしかないようです。

 誰からも抜かれないなんて、まるでバリバリ伝説の巨摩群だ~

 わかるかな~、わかんねぇだろうなぁ

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 慶応大学病院が、新型コロナウイルス以外の患者67人に対して感染しているかどうか調べたところ、およそ6%の人が陽性だったことが分かりました。

 専門家は、「この6パーセントという数字は、地域での感染の状況を反映している可能性がある」と言っています。

 どう言うことかというと、東京都1300万人の6パーセント…78万人が感染してるってことです。

 東京だけがそんな状態なわけがありません。

 私の住む福岡でも、いずれは…。

 「検査数をコントルールすることで、医療崩壊を防ぐ」という対策の結果がこれだと私は思っています。

 しかし、この言葉は詭弁だと思っています。

 「オリンピックを中止にしたくない」「習近平 国家主席の訪日を中止したくない」ために検査数を控えてしまった。

 今更、そんなことは言えないから、隠すために今でも検査数を絞っている…私はそう思っています。

 志村けんさんに続き、岡江久美子さんが新型コロナウイルスの犠牲になった今日は、少しだけ本音を吐かせてもらいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました