スポンサーリンク

中学2年生にとっての夏の中体連大会と、1年に1度の誕生日

2021/07/05

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

日曜・ダウン(^^;)

 日曜は、工作ブログ

を更新してきているのですが、昨日(2021/7/4)は、朝から結石の痛みが襲ってきて…

 と言っても、初めての時は「激痛」でしたが、2回目、3回目ともなると慣れてきたのか激痛になる前に痛み止めを飲んで事なきを得ました。

 朝と昼に痛み止めを飲み、夕食後は

もへちゃん
もへちゃん

 もう大丈夫そうやな~(^^)

と判断し飲みませんでした。

 しかし、夕方から夜にかけてなんとなくだるくて、工作ブログを更新しませんでした。

 楽しみにしてくださってた方、ごめんなさいm(_ _)m

前回は「中学1年生にとっての夏の中体連大会」

 さて、本ブログでは、前回「中学1年生にとっての夏の中体連大会」についての通信を紹介しました。

 そこで今回は、中2生にとっての夏の中体連大会のことを書いた通信「2年3組学級記録」(1991年6月13日発行)を紹介します。

14才、今を生きる

君は今14才。一生に一度しかない今日

記録28

 “気合いが入っている”

 これ、部活のこと。

 今の雰囲気は、とっても好きだ。

 足がいて~なんて言ってらんない(今は)

YSさんの班ノートの記録より引用

 今、この時を “ 生きる ”

  • 人生が充実している
  • 燃えるものがある
  • 熱中してるものがある

 そんな青春を過ごしているか?

もへちゃん
もへちゃん

 君は今、14才。

 一生に一度しかない今日!

1年に一度やってくる誕生日

記録29

 今日は、平和な日だった。

 僕は昨日、誕生日だった。

 BBにプレゼントをもらった。

 母さんにシューズを買ってもらった。

HRさんの生活ノート(連絡帳みたいなノート)より引用

 1年に一度やってくる誕生日。

 誕生日おめでとう

 たくさんの人から声を掛けてもらう。

 けれど、14年前のその日、命をかけて君を生んだ母さんには、誰も声をかけてはくれない。

うちの子が生まれたとき

 僕の子ども(YMとJN)が生まれた時、すご~く不安だった。

もへちゃん
もへちゃん

 だって、男の僕は何一つ手伝ってやれなかったし、カミさんが陣痛で苦しがっていても、声をかけるくらいしかできなかった(>_<)

 命をかけて生もうとしてる時、何も出来ない(できるのは神様にお願いすることだけ)と言うのが、情けなかった。

君だって同じだったはず

 君だって同じだったはず。

 だから、できるなら、1年に一度やってくる誕生日には、

  • まわりの人が声を掛けない母さんに
  • 14年前に頑張り抜いた母さんに

感謝の心を表せるといいな。

 言葉に出せるなら、それがいい。

 恥ずかしいなら、何気ない行動で表して、心の中で「ありがとう」と言えばいい。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 多くの学校では、夏の中体連大会が近づくにつれて、部活動の集中ぐあいは高まっていきます。

 大会のレギュラーではない中2生にとっても、その充実した日々は、間違いなく「プラス」です。

 通信では、そんな日々を「一生に一度の日」と表現しました。

誕生日

 その対比として、誕生日を「1年に一度」と書きました。

 さて、生活ノートや班ノートと言ったとりくみをしていると、毎年、誰かが「今日は誕生日だった」と書いてきます。

 もへちゃんは、こんな記録があった際、

もへちゃん
もへちゃん

 誕生日おめでとう。

 たくさんの人に祝ってもらえたみたいやね。

 でも、◯◯年前のその日、命をかけて君を生んだ母さんには、誰も声をかけてはくれない。

 だからせめて、君が

 生んでくれてありがとう

って言おう

と赤ペンで返事を書いてきました。

 何人くらい実行したかな~。

もしあなたが父ならば

 もしこれを読んでいるあなたが、子どもの父親だったなら、わが子の誕生日に「おめでとう」という言葉とともに

 母さんに「生んでくれてありがとう」って言ってあげな。

 世界中で、今日、この言葉をかけられるのは、君しかいないんだから。

って言ってみませんか?

 もへちゃんは、わが子に言ってきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました