スポンサーリンク

体育会(運動会)練習期間…あぁいう先輩になりたい

2022/05/09

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 もへちゃんが勤務していた地域の小中学校は、5月中旬が運動会(体育祭、体育会)です。

 中学校の場合、平日の午後を使って練習をします。

 そしてその体育会練習のほとんどの時間は「ブロック応援作り」にあてられます。

 中3生にとっては、「リーダーとは」「先輩とは」について考える貴重な期間とも言えます。

 では「3年7組学級記録 No.21」(2010年5月11日発行)を紹介します。

あぁいう先輩になりたい

 O先生から、2の6の生活ノートの中の「黄ブロックのリーダーについて思うこと」の一部を見せてもらった。

 リーダーの人達は、声を出して、みんなをまとめようとがんばっているので、リーダーがまとめやすくなるように協力していきたいです。

 特に団長がちゃんとできていた。

 一番大きな声を出し続けていた。

 優勝したいという気持ちが伝わってきた。

 黄は怒られてばかりだけど、リーダーはきちんとして、いいと思います。

 「がんばって声出して」など言ってくれてるけど、ほかのブロックに比べて声が小さい。

 声を出していて、いいと思う。

 もう少し、行進について厳しく指導してもいいと思う。

 黄ブロックのリーダーは、みんなをひっぱってくれそうな人だった。

 私も足手まといにならないようにがんばる。

 僕は団長を見て、「僕も3年になったら、あぁいう先輩になりたい」と思いました。

 特に、やる気がすごかったです。

 リーダーが怒られているのを見て、「自分たちがちゃんとしてないからだ」と思った。

 これからは、きちんとしなきゃいけない。

あぁいう先輩になりたい

もへちゃん
もへちゃん

 あぁいう先輩になりたい。

 高校でバレーボール部に入ってた僕は、1つ上のキャプテンと副キャプテンに対し、そう思っていた。

  • キャプテンをしていた人は、自分に厳しく、周りにも厳しい人
  • 副キャプテンをしていた人は、自分に厳しく、周りに優しい人

 そのどちらにも、僕は憧れた。

 2人とも、バレーに対し真剣だった。

 だから、自信に満ちあふれていた。

 少しでも追いつこうと、毎日がんばり続けてたら、僕自身にもちょっぴり自信がついた。

 

 ところで、

  • 団長にならないと
  • キャプテンにならないと

人に影響を与えられない…って思うかい?

もへちゃん
もへちゃん

 僕は、そうは思わない。

 ふとした瞬間に、「この人、すごい!」って感じた時、僕はその人に影響を受けている。

 学級記録No.19で紹介した2年前のF中生だって、団長でも何でもなかった。

 けれど、彼は僕に影響を与え、僕を通して3の7の君たちへ影響を与えた。

もへちゃん
もへちゃん

 君も言われようよ(言われてるよ)、

「あぁいう先輩になりたい」って。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 通信の最後に書いている「学級記録No.19」については、すでに本ブログで紹介済みです。

 今回、紹介するために久々に「学級記録No.19」を読み直しました。

 今でも、感動で鳥肌が立つように感じました(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました