スポンサーリンク

運動会練習開始前に、子どもたちに話す「忘れられない体育会」

2021/04/30

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 もへちゃんが住む地域の中学校の体育会(運動会)は、5月中旬です。

 なので、ゴールデンウィークが終わると、体育会練習がいよいよスタートします。

 ただし、下級生を引っ張る3年生は、ゴールデンウィーク明けから指導計画を考えてたら、練習開始に間に合いません(>_<)

 なので、ゴールデンウィーク前から3年生の応援リーダーたちの活動は始まります。

 近年、もへちゃんがクラス担任をした場合、この時期に必ず話すようにしてる「2008年に経験した体育会の一場面」ってのがあります。

 そのことを書いた「3年7組学級記録 No.19」(2010年5月7日発行)を紹介します。

 忘れられない体育会

もへちゃん
もへちゃん

 体育会で、こんな光景に出会ったことがある。

最後の種目の「ブロック対抗リレー」

 どのブロックも、選手に期待が集まっていた。

 位置について

 ヨーイ

 パンッ!

 一斉に選手達が走りだした。

 ブロック対抗リレーは得点も高いし、プログラム最後の種目だし、花形の種目だ。

 どの選手も必死に走っていた。

 

 ジリジリとあるブロックの選手が遅れ始めた。

 失意のため息が応援席で漏れている…そんな雰囲気が、横の招集テントで仕事をしている僕(もへちゃん)にまで伝わってきた。

 それでも多くの生徒は

 がんばれ~

と大声で声援をしていた。

マイナスの発言

 そんな中で

 なんや、あいつ

 遅せ~

(遅~い)

 負けてからくさ

(負けやがって)

と1人の生徒が、けっこう大きい声で、周りに同意を求めるかのように話しかけた。

 もちろん、「マイナスの発言」だ。

 先生として注意すべきだったかもしれない。

 けれど、

  • 招集テントを片付けている最中だったこと
  • 直接、教えていない学年の生徒だったこと

 そして何よりも

  • 普段から、そういう「マイナスの発言」、「人を切る言葉」に対し、何度も何度も指導してきたことで、「またか」とうんざりしている自分がいた

だから、そのまま聞き流してしまった(>_<)

爽やかな言葉

 その時、そんなにごった僕の心を洗い流してくれるような、さわやかな言葉が耳に飛び込んできた。

 なんば言いよるとや

(何言ってんだ)

 あいつは、「クラスの代表」で出したんやろうが

(出したんじゃないか)

 一生懸命、走っとるやんか

(走ってるじゃないか)

 

 僕は、鳥肌が立つ思いがした。

 感動したからだ。

 まわりに先生がいて、いい子ぶりっこして言った言葉じゃなかった。

 生徒どうしの、ごく普通の会話の中で出た言葉だったからだ。

 

 マイナスの発言をした人も

 あ?

 うん、そうやね

(そうだね)

と、すぐに自分の非を認めていた。

 

 これは2年前のここ、◯中の体育会で出会った光景だ。

もへちゃん
もへちゃん

 素敵やろ!

 そして、君たちの中にも

  • 友を大事に思う
  • 人権を大切にする

って伝統は、脈々と伝わっているはずなんだ。

 記憶に残る体育会にしていこうな。

記録16

「3の7の学級旗のデザイン」

 みんなで団結して、正々堂々と闘うという思いを込めました。

 

MGさんの学級旗案から引用

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 なんや、あいつ

 遅せ~

 負けてからくさ

という発言は、とても「ありがち」な発言です。

 しかし、その言葉を

 何ば言いよるとや

 あいつは「クラスの代表」で出したんやろうが

 一生懸命、走りよるやんか

と返した子がいた…

 そして、その場面に出会った…

 もへちゃんの長い先生生活で、初めての出来事でした。

先生の醍醐味

 こんな出来事を、次の世代の子どもたちに伝えていける。

 「先生」の醍醐味ですね(^o^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました