スポンサーリンク

1987もへちゃん組 文化祭への道⑯&演劇指導のHow to

2021/10/15

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 「1987年 初代もへちゃん組 文化祭への道」シリーズ、第16回です。

 本番まであと6日。

 これくらいになると1日1日、子どもたちは目に見えるような進歩を見せます。

 子ども達の記録も、プラスの評価が増えてきました(^^)

 そんな学級通信「中央フリーウェイ No.52」(1987年10月23日発行)を紹介します。

6秒前

前進せねば、劇が死んでしまう!

記録191

 劇が、だいぶん面白くなってきたような気がする。

記録192

 今日、体育館で練習があった。

 まぁまぁかなー。

記録193

 今日、役の人の何人かが、うまい演技をしていた。

記録194

 みんな、だいぶ感情を入れて言えるようになったみたいだ。

 まさー、しんちゃんはとてもうまくなった。

記録195

  • 文化祭の練習、明日がリハーサル。僕が思うには、舞台全体を使う(特に決闘シーン)ようになれば、もう少しよい劇になるかもしれません。あと8日。
  • いよいよ明日(昨日書いたのはまちがい)がリハーサル。今日の練習を見て、「棒読み」から、やっと「演技」ができてきたみたいに思えます。リハーサルと言っても、真剣に頑張ります。

 多くの人が、「リハーサルがうまくいった」と感じてる。

もへちゃん
もへちゃん

 しかし、この状態で満足してしまうのか?

 問題点がまだあった。

 それは、自分たちで指摘してたとおり。

 あと6日で、その問題を克服せねばならない。

 ぎりぎりまで頑張ることだ。

 「できんから(できないから)」とあきらめてしまうことは簡単なこと。

 だけど、それじゃぁいつまでも悔いが残る。

 周りはもう、成功目指して動き出してるから。

 こんなふうに↓

記録196

 文化祭の劇の練習、けっこう進んでますね。

 衣装をバッチリ決めたいです!

 しかし、問題点を一番感じ取っているのは、やはり役者たちだ。

 そして、それを克服すべく頑張ってくれてることと思う。

もへちゃん
もへちゃん

 だから、役者以外の人も成功を信じ、役者を信じ、準備を万全にすること!

記録197

 まだ役になりきってないと思う。

記録198

 みんな、少しずつ感情がこもって、とてもよくなって来たような気がする。

 だから、僕も遅れないように、しっかり感情を込めた台詞にしたい。

演劇指導

もへちゃん
もへちゃん

 今日、文連の演劇指導で手がかりになる(かもしれない)ことを聞いたので、簡単に書いておく。

演劇の法則

  1. 背を見せない。観客には正面で対する
  2. 立っている時は、観客席側の足を引く
  3. 登場するとき、上手かみては右足から、下手しもては左足から
  4. 最初に口をきく人は、後から登場すること
  5. 身振りが台詞より先行せよ
  6. 舞台の奥の手を動かせ

※あまりこだわらぬこと、美しく演ずることが大切

台詞

  • 、速度、イントネーションを考える
  • 聞こえない台詞があってもよい

演技

  • こうであろうと、形ばかり真似しない
  • 「演じる」というのは、現実のことではない。だが、叩く真似をしてする痛そうな演技と、本当に叩かれてする痛そうな表情とは違いがあるが、「役になりきる」とは後者のように演じることだ。
  • 照れを無くすこと→そのためには人前で笑え
  • 明日の演技は、今日の演技ではない
もへちゃん
もへちゃん

 役になりきることがBest。

 真に迫った美しい演技を目指せ。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

観客に背中を見せない

 「演劇指導」について書いてたなんて、今の今まで忘れていました(^^;)

もへちゃん
もへちゃん

 観客に背中を見せるな

は、よく言ってましたが…

 「登場するとき、上手かみては右足から、下手しもては左足から」なんて、その後の長い演劇指導でも、全く意識してませんでした。

もへちゃんの演劇指導

 もへちゃんが後年、反戦平和劇にとりくんだ際、子どもたちに言ってたことで、通信で紹介した「演劇の法則」にないのは

  • 台詞がない時の演技を考えよう
  • 目でも演技できる。観客からは黒目は見えないが白い部分が見える。視線を意識しよう
  • 感情を込めたことで小声になってしまう台詞と、大きくゆっくりでよく聞き取れる台詞ならば、大きくゆっくりの方がいい

等です。

聞こえない台詞があってもいい

 「聞こえない台詞があってもいい」

もへちゃん
もへちゃん

 この指導、すごい~!

 後年のもへちゃんが、このことを覚えていたら、反戦平和劇がさらに感情豊かな表現になったかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました