スポンサーリンク

体育会(体育祭、運動会)の応援にHAKAを

2022/05/19

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 今日(2022年5月19日)、母の病院行きの付き添いで車を走らせていると、道沿いの中学校のグラウンドで体育会(体育祭、運動会)の練習があってました。

 たぶん、今度の日曜あたり、体育会なのでしょう。

 2010年のもへちゃん組の子たちが、ブロック応援でHAKAハカを演じたことを思い出しました。

 では「3年7組学級記録 No.23」(2010年5月14日発行)を紹介します。

HAKA

 HAKAハカは、ニュージーランドの先住民であるマオリ族の民族舞踊ぶようだ。

 元々はマオリの戦士が戦いの前に踊るもので、手を叩き足を踏みならして叫び、自らの力を誇示こじし、相手を威嚇いかくする。

 HAKAが有名になったのは、ラグビーのニュージーランド代表チームのオールブラックスによるものが大きい。

オールブラックスのHAKA Wikipediaより引用

 1905年のイギリス遠征で、「戦いの踊り」の要素を取り入れたものを初めて踊り、以後、代表チームに受け継がれた。

 1987年、第1回ラグビー・ワールドカップで、このオールブラックスは対戦相手をことごとく打ち負かし、圧倒的な強さで見事に優勝した。

 無敵のオールブラックスが、戦いの前に演じるHAKAは、「王者オールブラックスのパワーの象徴」として、見る者の心をうった。

 対戦相手に対しても、また見ている人(観客)に対しても、

無敵で 容赦の無い 強者の印象を与え続ける

 それがHAKAだ。

HAKAとは

 伝承によると、1810年にンガティトア部族のテ・ラウパラハ族長が踊ったもの。

テ・ラウパラハは、敵に追われて地下の食料庫逃げ込み、隠れていた。

 い出してみると目の前に人がいて、「殺される」と観念したが幸運なことにテ・ラウパラハと親しい部族の長だった。

 救出された喜びと感謝の気持ちを込めて踊ったものが、HAKAの元だ。

「尊すぎる儀式 | ハカの変遷」より引用

<リード>
カ マテ! カ マテ!

<コーラス>
カ オラ! カ オラ!

<リード>
カ マテ! カ マテ!

<コーラス>
カ オラ! カ オラ!

テネイ テ タナタ プッフル=フル
ナア ネ イ ティキ
マイ ファカ=フィティ テ ラ!

ア ウパネ! カ ウパネ!
ア ウパネ! カ ウパネ!
フィティ テ ラ!

 

意味

私は死ぬ! 私は死ぬ!
私は生きる! 私は生きる!
(リピート)

見よ、この勇気ある者を。
この毛深い男が 太陽を呼び 輝かせる!

1歩上へ! さらに1歩上へ!
1歩上へ! さらに1歩上へ!
太陽は輝く!

世界の民謡・童謡 「ハカ『カマテ』歌詞の意味」より引用

F中でのHAKA

 F中体育会でHAKAを演じるのは、64年の歴史でたぶん初めてだ。

 そして、後輩の記憶に残れば、伝承されていくだろう。

 20年後、30年後、君が父さん・母さんになって、我が子がF中に進学した時、もし体育会でHAKAをしていたら、胸を張って言おう!

 僕らが始めたんだぞ

って。

 そのためにも

無敵で 容赦の無い 強者のHAKA

を!

 今、道が拓かれつつある。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 ハカには様々な種類があるそうで、2010年のもへちゃん組の子たちが演じたのは「カ マテ」です。

 紹介したYouTube動画の中にもありましたが、最近のオールブラックスは「カパ・オ・パンゴ」というHAKAを演じているそうです。

カ マテ、カ マテ ≠ 頑張って、頑張って

 さて、HAKA・カ マテの歌詞の中の「カ マテ」が「頑張って」に聞こえます。

 昔、そんなコマーシャルもありました。

グロンサンDXのコマーシャルより引用

 しかし2010年の体育会でもへちゃんは、歌詞の意味を伝えた上で、子どもたちに原曲で演じることをすすめました。

 原曲の「カ マテ」=死の覚悟に比べると、「頑張って、頑張って」は陳腐ちんぷに感じたからです。

陳腐…ありふれていてつまらないこと

もへちゃん
もへちゃん

「頑張って、頑張って」というふうにアレンジした途端、「偽物」「ものまね」になってしまう(>_<)

本物のもつ力

 もへちゃんが先生になったばかりの頃、「感性を揺さぶる道徳の授業つくり」について学ばせてもらった広島の八ッ塚やつづかみのる先生から言われた言葉

 感性を揺さぶる道徳の授業をしたければ、文字だけの教材じゃダメ。

  • 一番いいのは「本物」を教材にすること
  • それがかなわないなら「イミテーション」とか「模型」とか
  • それも用意できないならせめて「画像」

 子どもたちにHAKAをすすめた時にも、この教えを応用させてもらったわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました