スポンサーリンク

全「同」教大会で、大阪の学級集団づくりを学ぶ

2020/12/17

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 ドラマ「3年B組 金八先生」よりもつながりのある学級集団を、もへちゃんは求め続けてきました。

 『学び合い』の考え方を子どもたちに説明する時の

もへちゃん
もへちゃん

 仲間を誰1人見捨てないクラス

も、その1つです。

 ただ、『学び合い』の考え方を基にした授業つくりに出会ったのは、40代後半でした。

 それまでは、全国人権・同和教育研究大会で見聞きする「学級集団つくり」のレポート報告で、真のつながりのある学級集団を感じてきました。

 そこで前回・前々回に引き続き、2015年 第67回 全「同」教大会に参加した後、職場の方々に、学んできた内容をフィードバックするために書いた「2015おみやげ通信 No.4 第3面 上段の記事」(2015年12月1日発行)を紹介します。

「このクラスの支えがあったから変われた」~支え合って、学び合う~

 次に、大阪の◯◯中学校の◯◯さんの報告がありました。

 自分が全「同」教大会に行く理由の一つに、「大阪の学級集団づくりを学ぶ」というのがあります。

 彼らが報告する

  • 「本音を語りあう集団づくり」
  • 「生活を語りあう集団づくり」

を実現したことがなく、目の前の子どもたちに申し訳ないからです。

 だって大阪の先生だったら30代半ばくらいの若い先生でも「本音を語りあう集団」を作っているのですから。

 以前、全「同」教大会で

もへちゃん
もへちゃん

 福岡では、自分も含めて誰もそんなクラスを作れていないように思う。

 少なくとも自分の周りにはいない。

 なぜ大阪の先生たちはできるのか?


と聞いたことがあります。

 答えは

えー、普通ですやん。

でした。

もへちゃん
もへちゃん

くそったれー

と思いながら、その後も探り続けています。

 どうもキーワードは

  • 班ノート
  • 学級通信
  • クラスミーティング

らしいということは、わかってきました(笑)。

待ってろよ大阪

 さて、うちのクラスでは先週、イジメ事件が発覚しました。

 保護者にも来てもらいました。

 でも、嬉しいこともあったんです。

 イジメられた子と同じ班の子が、班ノートに

Aちゃん(イジメられた子)には悪いけど、今日はこのノートに思いをぶつけたい

とイジメ事件のことを書いてきたんです。

 彼女は

 私は、できることなら2対3で話したい。

 きたない言葉ではなく、Aちゃんが今回どんなに苦しんだか伝えたい。

 でも憎しみ続けちゃダメだと思う。

 なんとかつながりあいたい。

なんて書いてきたんです。

 この班ノートに赤ペンを入れながら、涙が出ました。

 教師生活長いけど、初めての経験でした。

もへちゃん
もへちゃん

待ってろよ大阪!(笑)

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 全「同」教大会で、学級集団づくりについて、熱いレポートを報告されるのは、大阪の先生であることが多かったので、もへちゃんは大阪の「集団づくり」に憧れに近い感情を持っています(^^)

 いや、徳島のレポートも熱いのがあったなぁ。

 東京の定時制の先生のレポートも熱かったっけ。

 ちなみに、『学び合い』を提唱されている上越教育大学 教職大学院の西川 純先生も、スタートは東京の定時制高校です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました