スポンサーリンク

伝説の生徒会①…阪神淡路大震災から2日後に発行した生徒会だより

2022/01/18

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 1995年1月17日午前5時46分に起こった阪神・淡路大震災。

 次の日(1/18)に生徒会長のSTさんが

 緊急募金をしたい!

と執行委員会で提案しました。

 その日のうちに、書記の子が生徒会だよりの原稿を書き、次の日(1/19)に発行しました。

 今回紹介するのは、その生徒会だよりです。

生徒会だより 1月19日号

 テレビや新聞で、おとといから、地震のニュースが流れています。

 被害の大きさに驚いてばかりです。

以下、新聞記事の切り抜き

近畿で大地震、死者…

芦屋市

◯◯富蔵(91)

 築後70年の木造2階建ての住宅の1階で下敷きになった。

 妻あやめ(84)は、隣の部屋に寝ていた。

 16日夜7時頃、「さあ、寝ようか」が最期の言葉になった。

◯◯恵子(21)

 タンスの下敷きに。

 隣に寝ていて助け出せなかった母延子(42)は「私が代わってあげられればよかった」とくちびるをかみしめた。

 卒論を書き上げたばかりだった。

◯◯しげ子(76)

 築後70年の木造2階建てで5,6年前に改装したが、1階部分がつぶれ、天井が落ちた。

 隣に寝ていた夫信次(84)はテレビや家具のすき間に入り、助かった。

◯◯伸一(62)

 倒れた柱の下敷きになった。

 「108歳まで長生きする」といつも話していた。

 10センチしか離れていなかった妻芳恵(52)は「仕事に行こう、と言ってるのに、起きてくれないんだよ」と泣いた。

◯◯昭子
◯◯益子
◯◯信哉
◯◯きみ
◯◯香子
◯◯道片
◯◯◯萬寿子
◯博

復旧へ暮らし対策次々に

義援金受け付け開始 日赤

 日本赤十字社は17日、兵庫県南部地震の被災者に対する義援金の受け付けを始めた。

 直接持参する場合は、日赤本社または全国の支部へ。

 送金する場合は、通信欄に「兵庫県南部地震」と明記のうえ、郵便振替「00170-6-1020」で、日本赤十字社へ。

 振込手数料は無料。

 受付期間は3ヶ月。

仮設住宅1000戸建設を決める

 神戸市は家を失った人たちのために、50億円をかけて、一千戸の仮設住宅を市営グラウンドに建てることを決めた。

 軽量鉄骨づくりのプレハブで、バス・トイレつきの一室約30平方メートル。

 用地のめどのついた東灘、長田など6区で600戸の建設にとりかかる。

 市は1ヶ月以内で完成させたい、としている。

職員派遣や義援金決定 九州・山口

 兵庫県南部地震の被災地救援のために17日、九州・山口でも義援金の送付を決めたり、職員を被災地に派遣したりする自治体や団体が相次いだ。

 北九州市消防局は、国際消防救助隊員ら13人を現地に派遣した。

 国際消防救助隊が出動するのは、一昨年のマレーシア・クアラルンプールのビル倒壊災害に2人を派遣したのに次ぐもので、国内では初めて。

 救助工作車や集団事故対策車、照明電源車など4台も出動させた。

 福岡市は、市消防局の職員12人と救助工作車など車両2台を派遣した。

 18日朝には市水道局の職員9人と給水車など4台も送る。

 市役所ロビーや各区役所には義援金の受付窓口を設け、同日午後に関係局長でつくる救援連絡会議を設置、救援対策を検討する。

 福岡県は義援金を贈ることを決めた。

 大分県社会福祉課も、大分銀行県庁内支店などに義援金の振り込み口座を新設。

 県共同募金会や県社会福祉協議会も、振り込みと現金による義援金の受け付けを始めた。

 九州電力は関西電力の要請に応じ、関連会社も含めた約100人と、高圧発電機車や配線工事車など計50台の応援派遣を決め、17日夕から順次、別府港などから船で出発した。

兵庫県南部地震救援金受け付け

本社、1億500万円を被災地へ

 「兵庫県南部地震」で、朝日新聞社は1億円を、朝日新聞厚生文化事業団は500万円を被災地に贈ります。

 また、朝日新聞各本社の厚生文化事業団が窓口となり、救援金を受け付けます。

 期間は2月17日までです。

 「兵庫県南部地震救援金」と明記して直接持参していただくか、現金書留、郵便振替のいずれかで

〒802

 北九州市小倉北区◯◯…

 朝日新聞西部厚生文化事業団へお送り下さい。

 CK中生徒会でも、地震災害に対する救援金を募集し、被災地に送りたいと考えています。

 募金期間は1/19(木)~1/28(土)

 朝の挨拶運動(校門前)、昼休み(2階生徒会室)に、募金箱に入れて下さい。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 この生徒会だよりは、新聞の切り抜きが紙面のほとんどだったため、ブログで紹介するのをためらいました。

 しかし、被害者の名前・年齢・住所等が淡々と記されている新聞記事にこそ、阪神・淡路大震災の恐ろしさが詰まっているような気がして、ブログに残すことにしました。

知る→感じる→行動する

 さて、この頃の中学生も今では、40~42歳。

 中には中学生の保護者をやっているって子もいるかもしれません。

 あの時「知って、感じて、行動した」世代の子たちが、現在、中学生の保護者になっている…。

 我が子にも、「知る→感じる→行動する」というプロセスで、人権感覚豊かな子育てにとりくんでるかなぁ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました