スポンサーリンク

あいうえおの人権教育教材・朗読劇シナリオ(教科書無償運動)

2020/05/28

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 教科書配布の際に、先生が知っておくと、ただ配って「大事に扱えよ~」と言うだけでなく、子どもの心に触れる指導ができるであろう「教科書無償運動」。

 過去の通信を紹介するだけでは、全貌を伝え切れてないので、朗読劇「〇〇〇〇」のシナリオを紹介します。

朗読劇「〇〇〇〇」(前半)

生徒E

 先生が子どもの頃も、そして私たちも、日本中の新入生は入学式の日、こんな紙をもらいます。

小学校入学時に配られる「教科書無償の話」

生徒F

 お子様の御入学おめでとうございます。

 この教科書は、義務教育の児童・生徒に対し、国が無償で配布しているものです。

生徒A

私たちは中一の時に教科書無償問題について学習しました。

生徒B

そんな勉強したっけ?

生徒C

なんば言いよると。したやん。

この写真、見たことあるやろ。

生徒D

そうやったっけ?

生徒E

毛利小五郎風に)じゃあ決定的な証拠をみせてあげましょう。

おい、コナン

生徒F

あれれ~、教科書の裏表紙に
「この教科書は、これからの日本を担う皆さんへの期待を込め、税金によって無償で支給されています」
って書かれてるよ~

生徒A

ちょっとふざけすぎました。

けれど、この偽コナンくんの言ってるのは本当のことです。

では時代を1960年、今から60年近く前にさかのぼります。

タイムトラベルの音

生徒B

そのころ、日本全体が貧しかったにもかかわらず、教科書は毎年、各家庭で買いそろえることになっていました。

Kindle出版

 この度、Kindle出版で朗読劇「◯◯◯◯」のシナリオを販売することになりました。

 ブログは「略」だらけですが、Kindle出版分のシナリオは、もちろん完全版です。

 こちら、もしくはAmazonで購入できますm(_ _)m

あいうえおの人権教育①(教科書無償運動)朗読劇「◯◯◯◯」シナリオ

 Kindleきんどるとは、スマホ、タブレット、パソコン等で読める電子出版です。

 1冊250円です。

 Amazonプライム会員の方は、月1冊まで無料で読めたりするみたいです。

 よろしくお願いしますm(_ _)m

 また、こちら ↓ で、どんな画像を使ったかがわかります。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 教科書無償のことを授業する場合、「学習会で親たちは、『義務教育はこれを無償とする』ということを知りました」で終わります。

 でも、なぜこのムラの人が立ち上がったのでしょう?

 部落差別で貧困だったこのムラが、特に「子どもたちに教育をうけさせたい」と強く思っていた…そのわけは…。

あいうえおの人権教育①(教科書無償運動)朗読劇「◯◯◯◯」シナリオ

には、そのことをしっかりと書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました