スポンサーリンク

ONE PIECEに学ぶ「人権」②

2021/12/13

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 漫画「ONE PIECEワンピース」は、もへちゃんにとって「最も読み返した回数が多い漫画」です。

 ONE PIECE の51巻 第500話「歴史の残り火」では、「悪い歴史」という表現で「差別」を取り上げていました。

 前回に引き続き、その第500話「歴史の残り火」について書いた通信「1年1組学級記録 No.40」(2009年2月5日発行)を紹介します。

闘い方

ONE PIECE  第500話「歴史の残り火」

 学級記録No.38に続けて、マンガ「ワンピース」(少年ジャンプ 集英社刊 尾田栄一郎著)から。

ONE PIECE 51巻(尾田栄一郎著、集英社刊) 第500話「歴史の残り火」より引用

 差別の残る島にやって来た主人公ルフィは、友人になったケイミーやハチが差別されていることを知った。

 まきこんですまない

と謝るハチ(タコの魚人ぎょじん)に

 お前らが悪いと思う事なんて1つもねェじゃねェか!!

 作者の尾田栄一郎さんの「差別」に対する思い、怒りが、ルフィの言葉という形を取ってひしひしと伝わってくる。

「差別は、される側が悪いんじゃない。する側が悪いんだ!」

という思いを。

差別に対する闘い方

 差別に対する闘い方には、いろいろある。

もへちゃん
もへちゃん

 学校の先生になって、次の時代を担う子どもたちに、しっかり人権学習で伝えていくのもその1つだ。

  • お父さん、お母さんになった時、我が子に「人を大切にする」とはどんな事かを、しっかり話してやるのもその1つだ
  • 市役所に勤めたり、政治家になって、社会全体を変えようとするのもその1つだ
  • 尾田さんのように、売れっ子の漫画家になってから、作品を通して子どもたちに思いを伝えるのもその1つだ
ONE PIECE 51巻(尾田栄一郎著、集英社刊) 第500話「歴史の残り火」より引用
もへちゃん
もへちゃん

 君はどう闘う?

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

ブログだから「吹き出し」が自由自在に使えます(^^)

 実際の学級通信は、「吹き出し」 ↓

 これが「吹き出し」

はありませんでした。

 このブログはwordpressワードプレスで書いているので、簡単に「吹き出し」を使うことができて、助かります(^^)

麦わら帽子の秘密

 さて、今回の文中の吹き出し(ルフィの台詞)で

 お前らが悪いと思う事なんて1つもねェじゃねェか!!

というのがありました。

 この時、台詞を言っているのがルフィではなく、麦わら帽子になってます。

 その理由は、もへちゃんが著作権を意識しているからです。

もへちゃん
もへちゃん

 ルフィのイラストを、作者の尾田さんの了解無しに使ってはいけない。

と思うからです。

 そこで、ルフィのトレードマークである「麦わら帽子」の画像を使うことにしました。

 さらに、この麦わら帽子は、今年(2021年)の夏、もへちゃん自身が編み上げたものです(^^)

 このことは、兄弟ブログ「もへちゃんの工作の時間『大人のできるかな?』」で報告したので、興味あれば下をクリックしてみて下さいm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました