スポンサーリンク

初代もへちゃん組の文化祭⑤ 台本委員への期待

2021/09/29

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 「1987年の初代もへちゃん組の文化祭への道のり」をブログで書いているからでしょうか、今朝方の夢は初代もへちゃん組の子が出てきました。

 最初の内は、研究発表か何かの行事の日に初任の先生の1人が「ネクタイピンがない」としょげていて、貸してあげながら

もへちゃん
もへちゃん

 姿形じゃないんだけどなぁ…

 こんなことを気にする今時の先生たちはかわいそう(T_T)

と思ってました。

 たぶんこの場面は1987年ではなく現在に近いはずです。

 夢はさらに進んで、初代もへちゃん組の1人の子が制服ではなく、紺色っぽくって地味なお母さんの物のようなワンピースを着て登校してて、

もへちゃん
もへちゃん

 こ、これは違反か?

と悩んでいて目が覚めました。

 ちなみに、1987年にそんな事実はありません。

 この夢の後半部分は、ブログで初代もへちゃん組のことを書いていて、さらに「今、49才」なんて書いたから見たんだと思います(^^)

 夢の中ではありますが、久々に先生気分になりました。

 今夜も初代もへちゃん組の子にあえるかもしれないので、「1987年の初代もへちゃん組の文化祭への道のり」⑤をお送りします。

 紹介するのは、学級通信「中央フリーウェイ No.24」(1987年9月18日発行)です。

 

劇と実力up みんなでガンバロー

記録65

 先生、劇をすると言ったら、金八先生や忠臣蔵みたいな面白い劇がいいと思います。

記録66

 劇は笑いをとる劇もいいし、悲しい劇もいいと思う。

記録67

 3年最後の劇だから、笑えるところ、すごいところ、感激するところなど全部したら、いい劇ができて楽しいと思う。

台本委員の6人へ

 みんなの期待はでっかいゾ。

 それは、すなわち文化祭へのみんなの思い入れに比例している。

 なるべく早く台本をつくりあげることも大事だが、もっと大事なことがある。

 それは「時間が足りないから」と言うことで、台本作りを雑にしたらダメってこと。

 これは劇だけのことじゃない。

 君の人生の中でも同じことが言える。

 大事なことになればなるほど、「時間に追われ雑になった(^^;)」なんてことは言ってはいけないことだ。

もへちゃん
もへちゃん

 ギリギリまで「最上」を目指してがんばれ。

 時間を無駄にするな。

 計画的に物事を進め、時間に追われることのないように。

 みんなの思いは ↓

記録68

 文化祭のシナリオはどうなるだろうか?

 楽しみだ。

一方、台本委員は

記録69

 今日は別にないけど、実行委員でだいぶん劇の内容が決まったのでうれしい。

記録70

 劇の台本選びをした。

 YTくんが、自分でストーリーを書いてきていたので、みんなでそれを見た。

 なかなかの出来だった。

記録71

 台本作りは難しい。

 昨日も書いたが、台本委員もがんばっている。

 現在、台本が1つ、できそうな気配だ。

台本のイメージ映像です(笑)

 みんなも台本委員にまかせっきりでなく、いろんな作品やアイデア、資料を渡せば?

 台本委員だけでなく、3の5の1人ひとりが最後の文化祭を迎えるんだ。

 もう「第2段階」に来ている。

 台本委員に、君が協力しなくっちゃ。

 「言うだけ」「学計記(「学習と計画の記録」という名前の生活ノートの略)に書くだけ」では、なかなか意思が通じない。

 本当に劇を成功させたいなら、もっともっと心を通じ合わせることだ。

実力

 文化祭に熱くなって欲しいが、反面、「実力」を付けて欲しい。

 実力を付けること、すなわち勉強だが、入試前になってあわてないために、時間がなくなって雑にならないために、今からがんばることだ。

 そのためには、コツコツした努力をバカにするな。

 せっかくの「班」、うまく勉強面で活かす工夫をせよ!

 そして何より大事なのは次の記録72のような

記録72

 最近、自分からすすんで勉強するようになった。

 チャレンジテスト、がんばろうと思う。

「やる気」だ。

 文化祭等で時間をとられるなら、他の時間の無駄を省いてでもがんばれるはず。

もへちゃん
もへちゃん

 目指せ実力up

 目指せ優勝!

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

第2段階

 通信内に「第2段階」という言葉がありました。

 なんと、もへちゃんは今日、大型自動2輪の教習の第1段階が終わり、次回から第2段階になるのです。

もへちゃん
もへちゃん

 なんという偶然!

 チッチッチッ(もへちゃんが人差し指を立て、顔の前で左右に振っている擬音です)、夢同様これも説明ができます。

 1987年の夏、もへちゃんは中型のバイクの免許を取りに、自動車学校に通っていました。

 だから夏休み明けの学級通信に「第2段階」って言葉を使ったんだと推理できます。

 それから34年目の秋(2021年9月~10月)、同じ自動車学校に通っていて今日で「第1段階」が終わったので、ブログを書いていて見つけた「第2段階」の言葉に反応しただけ…「たまたま」ですね(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました