読みたくなる通信のコツ…班ノートや4行日記を使っての「ラリー」

2020/07/13

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

通信を読まない子

 どんなにすてきな通信を書いたとしても、読まない子どもはいます。

 そのことに腹を立てる先生が時々いますが、これは誤りです。

 腹を立てるまではなくとも「最近の子どもは…」なんて愚痴る先生もいます。

 いやいや、読みたくなる通信を書けてない自分自身を嘆くべきです。

 もへちゃんは以前、『学び合い』についての本を書く機会に恵まれ、編集者の方とやりとりする中で

 作者として「この内容はどうしてもいれたい」と思われても、売れない本は作れないんですよ

と言われました。

 世間で売られている本の場合は

  • 大事だから
  • 入れるべき内容だから

よりもまず「読みたくなるか」が重要なのです。

 それって学級通信、学年通信も同じと思うわけです。

読みたくなるテクニック「ラリー」

 前回紹介した学級集団を風船に例えた通信を読んだ子どもが、班ノートにしっかりと意見を書いてくれました。

 もへちゃんは、さっそく学級通信に載せました。

 学級通信→班ノート→学級通信

 この「文字」を使った意見交換は、テニスや卓球でいうところの「ラリー」みたいな感じです。

 子どもどうしの「文字」のラリーは、子どもが読みたくなるテクニックの1つです。

 では、学級通信「スバル No.87」(1988年11月19日発行)を紹介します。

つぶやき

記録243

 このことは僕の独り言と思って聞いて下さい。

 今日のスバルの記録242(https://moheblo.com/blog/balloon/)を読んで考えた。

 風船の引っ張り合いのことだ。

 自分たちで押すのを20%としたら、残りの80%は引っ張られている。

 その80%の中にも自分達が原因で「引っ張られている」部分があると思う。

 特に授業中の態度によく現れていると思う。

 自分の嫌いな科目、半分遊んでいるような科目…

 それらの科目の授業で遊ぶことで、他の科目にまで被害が及んでいくようになった。

 その結果が、2学期の中間テストで現れたと思う。

 この状態を改善しなければ、風船はふくらむどころか、ますます外側から「引っ張られ」ていくことになると思う。

 それどころか、風船がしぼんでいって、協力する気なんて2度と起きないことになると思う。

 このままでいいならそれでもいい。

 しかし、この風船を自分達でふくらませなかったら「風船を見捨てた」ということになる。

 そうしたら1の3の「和」が足下からくずれていく。

 そうすれば。クラスをよくしようとした先生や、みんなの努力が水のアワとなっていく。

 クラスの1人ひとりが風船の命を握っている。

 もし風船の命を誰かが手放したら、そこからクラスはボロボロになる。

 入学して1年目からボロボロの1年間なんて、誰も過ごしたくないはずだ。

 「風船をふくらませる」ということは、絶対に避けて通れない運命だと思う。

 ◯◯先生がおっしゃった言葉の中に

「今、避けられない苦しみを、避けて通ったら、いつか絶対に避けられない時が来る」

 自分達は、その避けられないことに出会っていると考えればいい。

 そのこととは「風船」のことだ。

 一番の解決策は、クラス45人全員で風船をふくらませばいい。

 そうすればクラスが変わっていくと思う。

 班ノートより

 問題になっている「授業中の態度」

 ここまでひどくなっても、まだ立ち上がらないのか。

 45人が「なんとかしよう」と思えば、それこそ、全く違う楽しい授業、クラスになっていく。

 僕はまだあきらめない。

  • 真の人間らしさをみんなが知る日
  • 協力の素晴らしさを知る日
  • 続けることによって得るもののとてつもない喜びを味わう日

 それらを1の3である間に(スバルを通じて、夜遅くまで勉強して、君らとともに掃除して…)君らに贈りたい。

 だから君も「風船」を内側からふくらましてみよう。

 今までと違う「素晴らしさ」を味わえる。

 もう待てない。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

1988年に担任したクラス

 今回紹介したのは、1988年の学級通信です。

 もう30年以上前になります。

 今回の通信だけ読むと「なんてクラスだ(>_<)」って思われるかもしれませんが、もへちゃんはこのクラスに悪い印象は持っていません。

 それは30年以上経ったからではありません。

 いろいろ問題はありながらも、自らの力で乗り越えていったクラスと記憶しています(^^)

 先生になって4年目、子どもたちに助けられながら、すてきなクラスにしてもらえました。

クラスマークを意識しての文章!

 さて、班ノートからの記録243の文中に

1の3の「和」が足下からくずれていく

というのがありました。

 これは、4月に決めたクラスマークを意識しての文章だと思われます。

1の3のクラスマーク

 中1でこの文章力…恐れ入ります。

 記録243を書いた子も、今は40過ぎのおじさん(笑)

 どんな大人になったんだろうなぁ(^o^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました