1年間、子どもたちが大切にしたくなる「学級目標」を決めよう

2021/04/07

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 もへちゃんが先生をしていた時、「学級目標」をかなり大事にしてきました。

 そして、何かあるたび(行事や問題行動、うれしかったこと…)に、学級目標の言葉に立ち返ってました。

もへちゃん
もへちゃん

 その行動は、「◯◯◯◯◯◯◯◯(学級目標)」を達成しようとした行動か、それともかけ離れていこうとした行動か?

とか

もへちゃん
もへちゃん

 この行事で1位をねらうことは、「◯◯◯◯◯◯◯◯(学級目標)」を達成するために、どう役立つのか?

とか

もへちゃん
もへちゃん

 今回の成功は、「◯◯◯◯◯◯◯◯(学級目標)」にどれくらい近づけたってことだろうか?

なんて感じで、子どもたちに問うたりしてました。

 数学の授業では、自分が担任しているクラスはもちろん、他のクラスでも、

もへちゃん
もへちゃん

 今日の授業で、あなたたちのクラスの学級目標に近づけたのか?

なんて授業最後に子どもたちに聞いたりしてました。

 そこで、もへちゃんが初めて中3生の担任をした1987年の子たち

もへちゃん
もへちゃん

 「子たち」という表現は失礼かな?

 今(2021年)はもう48~49才になってますよね。

 元気かな~?

 当時15歳だった、初代もへちゃん組の子たちが、学級目標が決めるまでいろいろ話し合った経緯がわかる通信「中央フリーウェイ No.1」(1987年4月2日発行)を紹介します。

高らかに目標を掲げよう

 義務教育最後の年の目標を「自らで決めよう」ということで、先日、個人の目標&学級目標を考えました。

 昨年からいろんな言葉

  • 灯は小さくてもいつも暖かい
  • Do your best
  • One for all,All for one
  • Let’s begin
  • 有言実行

なんて言ってきたけど、言葉に込めた思いが十分に伝わったろうか?

 実行しようと心がけたろうか?

 そこで今年は、自分たちできめるんだ!

記録1

 始業式から10日たってしまいました。

 先生も替わってないし、クラスも替わってないから、まだ2年生の続きのような気がします。

 朝自習の時とかも年・組を「2年1組」と書いてしまうのもしばしばです。

 そのたびに「あぁ、私は3年5組なんだなぁ」って変な感じになります。

 入学した当時は、3年生なんて、遠い山の向こうの向こうだったのに、今はもうその3年生。

 自覚を持たなければならないのに、全然持てやしません。

 あと1年で入試なのに…。

 でも「後悔先に立たず」です。

 本当に悔いの残らない1年にしたいと思ってるんです。

 小さい紙に書いたクラスの目標あったでしょう。

 あれは自分に言い聞かせてる言葉なんです。

〈明日の“自分”にまかせるな!〉

 いい言葉でしょう。

 私はすぐに「明日やればいい、明日は頑張るぞ」とか言って“明日の自分”に期待をしてしまうんです。

 どうせやるのは自分なのに。

 先生がこの前言ってた事…中学生の頃、大人になった自分は「変わった自分」になっていると思っていた…と同じ事です。

 〈明日の自分〉は今日の自分よりも〈がんばれる自分〉になっているって考えてしまうんです。

 今やれることは、今やるように努力したいと思います、3年生こそは。

 まだ自分の道をはっきり決めたわけじゃないけど、今が一番大事な時期ですものね(でも遊びたいなぁ…)

学習の計画と記録(連絡帳みたいなノート)より引用

 みんなもいろいろ考えて目標をつくってくれている。

 その人、その人の願いや希望が、クラス目標となってあらわれているようだ。

 さあ、たくさんの人から出た目標を1つにしぼって、それを1年かけて実行していこうじゃないか。

いらすとやからのイラスト

 それでは紹介します。

  • 人生の目標に夢中になろう
  • 意見を出し合い、他のクラスの模範となるように!
  • 夢は自分の両手で掴め
  • 心にいつもオアシスを
  • 1人はみんなのために、みんなは1人のために
  • だんけつ
  • ダッシュだ みんな いっしょに飛びだそう
  • まとまりのあるクラス
  • たんぽぽの種のように大空へ
  • みんなが団結する
  • いろいろなコンクールとか 1人ひとり協力し合って頑張る
  • 明日の“自分”にまかせるな
  • みんな仲良くなるように いろんな面で協力しあう!
  • みんな仲良く
  • 運命は神の考えるものだ
  • 為せば成る 為さねば成らぬ 成る業(わざ)を成らぬと捨つる人のはかなき
  • 集中!
  • もうちょっと明るくする
  • 楽しいクラス
  • TRY TOGETHER TOMORROW(明日へ一緒にトライ)
  • 1%の天性、99%の努力
  • 思いっきり青春!
  • 区あれば楽あり
  • 努力すれば報われる
  • 努力 気力 腕力
  • 灯は大きければ大きいほどよく燃える
  • 友だちをつくる みんな仲良くする
  • 自分の持っている力を全部出しきるクラスをつくる
  • practice makes perfect
  • クラスのムードをよくする
  • がんばれ
  • やるぞう
  • クラスムードをよくする
  • 元気なクラス 楽しいクラス
  • 一生懸命頑張る!
  • 人生を楽しく
  • 熱中
  • 努力に勝るものはない
  • 人に勝つより自分に勝て!
  • 我、事において後悔せず
  • 成功は次の成功の呼び水とせよ、失敗は次の成功への足がかりとせよ
  • 必ず勝つ、たとえ勝てなくても、必ず負けない
  • 夢中 熱中 集中
  • やる気 元気 根気

 君は、どれを選ぶ?

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 学級目標にしろ、生徒会スローガンにしろ、形だけになっているクラスや学校は、

  • 勢いだけで日々を送っているか
  • どんどん雰囲気が悪くなっていくか

のどちらかのような気がします。

目標が、活かされているか、形だけかの見分け方

 ちなみに「目標」が活かされているか、それとも形だけかは、すぐにわかります。

 子どもに

もへちゃん
もへちゃん

 あなたのクラスの学級目標は何ですか?

もへちゃん
もへちゃん

 あなたの学校の生徒会のスローガンは何ですか?

と聞いてみて、覚えてなければ、残念ながら「形だけ」です。

教室の壁を飾っているだけの「学級目標」

 具体的な目標を掲げて、達成に向けて全員がとりくもうとする…これって何も学校だけではなく、全ての組織の基本だともへちゃんは思っています。

 目標は決めたけど、教室の壁に飾っただけで、それ以来忘れてしまったって経験を繰り返した子どもは、社会に出たときに苦労するのではないでしょうか。

新年度最初の学級通信なのに?

 さて、前回まで「新年度最初の通信シリーズ」をお送りしてきました。

もへちゃん
もへちゃん

 もへちゃんが書く通信の第1号は、「人型イラスト+詩」がスタンダードだ

なんて書いてきたのに、今回紹介した「道のべ No.1」では、1人の人型イラストもなければ、1行の詩もありませんでした。

もへちゃん
もへちゃん

 なぜだか、わかりますか?

 通信内の記録1(子どもの「学習の計画と記録」から引用した文章)に書いてましたが、もへちゃんが先生になった頃は、中2→中3でクラス替えをしてなかったからです。

大事にし続けた学級目標

 この初代もへちゃん組の子どもたちは、1年間中、自分たちの学級目標を振り返り続けました。

 そしてもへちゃんも、このクラスの子たちが決めた「学級目標」を、退職するまでの36年間、忘れることはありませんでした(^o^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました