スポンサーリンク

宿泊研修をドラマティックに!「校歌大声コンクール」

2021/04/23

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 前回に引き続き、「集団訓練・団体行動がめあての宿泊研修」を「子どもたちの心を揺さぶるドラマティックな宿泊研修」に、どうやって変革したかについて報告します。

 校長先生から言われたのは「集団訓練」、「団体行動」、「校歌の暗記」の3点でした。

 「集団訓練」と「団体行動」については、前回のブログの「おわりに」で書きました。

 そこで今回は、命じられた「校歌の暗記」について、どうとりくんだかがわかる学級通信「1年1組学級記録 No.4」(2008年4月30日発行)を紹介します。

ドラマティック ふれあい教室 ~絶叫校歌編~

記録5

 宿泊研修が楽しかったです。

 校歌をおぼえるのは、大変でした。

ASさんの生活ノート(連絡帳みたいなノート)より引用

 今まで2回(入学式、対面式)しか聞いたことがない◯中の校歌を

もへちゃん
もへちゃん

 たった20分間でおぼえろ!

と、僕は1年生全員に要求した。

 その20分間の、なんとエネルギッシュだったこと!!

 先生達は誰1人

 こら~

 まじめに歌え~

とか

 大声、出さんか~

と、言ってはいない。

 にもかかわらず、君たちは声が枯れるほど練習をした。

 その結果、1の1は、

1回目95.1dbデシベル

2回目99.7db

 惜しくもNo.1の座は逃したが、君たちは腹の底から声を出した。

記録6

 今日はふれあい教室でした。

 そこで、大縄「No.1」!

 1の1の目標というか…獲りました。

 大声では、負けてしまったけど、うれしかったです(^^)

RNさんのふれあい教室のしおりの日記より引用

生まれて初めて、腹の底から大声を出した

 とってもおとなしいHちゃんって子がいた。

 彼女は、進学した高校の野球部が甲子園に行くことになって、全校生徒で応援に行った。

  • 同級生が闘う姿
  • 応援団の盛り上がり
  • 勝ち進む喜び

 そんな状況の中で、Hちゃんは生まれて初めて、腹の底から大声を出して応援をした。

イラストACからのイラスト

 甲子園から帰ってきて、Hちゃんは

 楽しかった~。

 大声出して、とても気持ちよかった~(^^)

と話してくれた。

 引っ込み思案で、どこか自信無さそうだった彼女は、それから少しずつ変わっていった。

 自分の夢をかなえるため、バリバリ勉強しはじめた。

 今は念願の大学で、夢をかなえる寸前だ。

どんどん失敗しよう

 強い心と積極性を身に付けたいのなら、限界ギリギリまで声を出す機会を持つといい。

 ホークスやオリックスを応援するのもいい。

 カラオケで、腹から声を出すのもいい。

 部活で、先輩を大声で応援するのもいい。

 失敗を恐れたり、恥をかかないようにと思っていると、身体や心が縮こまっていく。

 どんどん、失敗しよう。

 どんどん、苦しいことや、嫌なことに立ち向かおう。

 どんなときも、大きな声で、胸を張ろう。

 苦しいことを乗り越えていく度に、人間として成長し、強くなっていけるんだ。

 そうすれば、自分を強く信じる心(自信)が生まれる。

 強い心と積極性は、君の人生にとって武器になり得る。

あの日、腹の底から声を出せた自分

 僕も声はでかい。

 君も、あの日の「腹の底から声を出せた自分」を、もっともっと成長させろ!

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

校歌大声コンクール

 もうおわかりだと思いますが、「校歌を暗記させろ」って命令を、もへちゃんは「校歌大声コンクール」にしちゃいました(^^)

 市役所の環境課に行き、騒音測定器を借り、宿泊研修に持ち込んだわけです。

 借りたのは、こんなの ↓ です。

 さらに、ポータブルのCDラジカセ(今時の若い人は「ラジカセ」なんてわからないかな?ラジオ+カセットテープ=ラジカセです。こんなの ↓ です)

を7台持って行きました。

 宿泊研修に行く前に、宿泊場所を下見に行った際、「7台のCDラジカセを使うには、どうしたらいいか」という視点でチェックしてたのは、言うまでもありません。

 歌詞は、「ふれあい教室のしおり」に載せてました。

 プレイホール(小ぶりの体育館)の中で7箇所に分かれ、それぞれのクラスが校歌の練習を20分間。

 そりゃあもう大騒音です(笑)

学校あるある

 「学校あるある」の1つに、

  • 全校集会等で校歌を歌う際、「声、出せ~」って先生が怒鳴る

ってのがありそうです。

 少なくとも、もへちゃんが勤めた学校の多くはそうでした。

 もへちゃんは、そのことにずっと違和感を感じていました。

 だって、もへちゃん自身の中学時代、「第2校歌」ってのがあって、素敵な歌詞で、大好きだったからです。

 ♩イチョウ並木を通るとき

 いつもあの日を思い出す♫

解放させてあげられなかったHちゃん

 さて、卒業生のHちゃんとの話は、もへちゃんにとっても驚きでした。

 話ながら

もへちゃん
もへちゃん

 「解放される」って、こんなことなんだろうなぁ

と感じました。

 と同時に、

もへちゃん
もへちゃん

 中学時代のHちゃんに、「解放される」体験をさせてあげられなかったなぁ…(>_<)

と反省しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました