スポンサーリンク

中3ってドラマティックだけど、中1や中2にもドラマはある

2021/06/17

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 中3時代の方がドラマティックであることは、金八シリーズを振り返ってもあきらか…かもしれません。

歴代の金八シリーズ

  1. 3年B組金八先生1(1979年)
  2. 1年B組新八先生(1980年)
  3. 3年B組金八先生2(1980年)
  4. 2年B組仙八先生(1981年)
  5. 3年B組貫八先生(1982年)
  6. 3年B組金八先生3(1988年)
  7. 3年B組金八先生4(1995年)
  8. 3年B組金八先生5(1999年)
  9. 3年B組金八先生6(2001年)
  10. 3年B組金八先生7(2004年)
  11. 3年B組金八先生8(2007年)

 しかし、中1には中1の、中2には中2のドラマがあるのです。

 何気ない日々こそ、ふり返ったとき「幸せな日々」だったりするのです。

 そこで今回は、中2生の何気ない日々の中で見つけた幸せについて書いた通信「中央フリーウェイ No.51」(1987年2月?日発行)を紹介します。

この頃の題字。パラパラ漫画は猫が耳を掻いているところ。道沿いの標識の数字が21なのは2年1組だったから

2年生でいられるのもあと29日

 残りわずかで名実ともに3年生になるわけです。

 「本当に3年生になるんだ」という気持ちが、今は必要です。

 君たちはもちろん、君たちを支えてくれているまわりの人も、です。

 3学期になって話した「進路」のことも、人ごとではなくなってきます。

 「進路」とは、単に中学を卒業したらどうするかだけでなく(もちろん、このことは大事なことです)、

  • 「将来、何になろうとするのか」
  • 「将来に向かって、どのような生き方をしていくのか」
  • 「自分にとって何が大切かを考え、生き方を選ぶ」

という意味まで含んでいるんです。

この1年、君はどう過ごした?

 教科の学習を一生懸命にやることはもちろん、さらに生徒会や学級会、クラブや部活動、学校行事などでも、積極的に活動していこうという姿勢の中から、将来の進路に対する自信が生まれてくるんです。

もへちゃん
もへちゃん

 この1年、君はどう過ごしてきましたか?

 将来への自信、生まれましたか?

 2年生でいられる29日の間、5分でもいいから考えて欲しいことです。

今までの学級通信でも、積極的にとりくんだ人をとりあげてきた

 フリーウェイを通して、いろんなことに積極的にとりくんだ人の記録を知らせてきました。

もへちゃん
もへちゃん

 3学期、筆が止まってしまったけど、ここに再発行することを宣言します!

記録137

 えっとぉ、今日はもう大変でした。

 うちの母が熱を出して、寝込んじゃったのです。

 それで朝9:00から洗濯を1時間くらいして、食器を洗って、掃除して、11:00ごろからお昼を作って…もう座るひまなんてなかったですよ!

 夜は夜で、てんやもの食べて…

 それで思ったのです。

 母はひまそうに見えても、忙しく毎日を送っているのだなぁって

生活ノート(連絡帳みたいなノート)より引用

 とっても素敵な経験だと思う。

 母さんの存在が、確かな手応えとして感じられるね。

 家庭というのは、学校や社会など人の集まりなどで緊張した心をときほぐすものだ(それだけとは言えないが)。

 そんな中で、互いにいたわりあうことって、とても必要だと思う。

 子どもだからわがままを通してもいいのでなく、相手のことを考えて行動できるのが、人間として大事なことです。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

発行日がわからないことのおわび

 今回紹介した通信は、1987年2月末くらいに発行しました。

 日にちがはっきりしないのは、書き忘れて発行してしまったからです。

何気ない日々

 さて、当時は中2→中3ではクラス替えをしてませんでした。

 だから「このクラスももう終わり」なんてネタも書けないわけです。

 そこで取り上げたのは、

 母さんが寝込んで、家事をしてみたらとても大変だった

という子どもの記録です。

 受験とか進路の話題は確かにドラマティックですが、こんな日常の些細ささいなできごとも、もへちゃんは大事だと思ってます。

もへちゃん
もへちゃん

 記録137を書いた子(今はすっかり「お母さん」になってます)が、このブログを読んでたら、この時は元気だった母さんのことを思い出してくれるだろうな~

 「何も変わらない日常」というのは、振り返ってみたとき、宝物の日々なんですよねぇ。

 4年前(2017年)に娘を亡くしたもへちゃんは、しみじみ思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました