スポンサーリンク

臨時休校中の学級通信…ブレインストーミング・新たな時代の学校生活

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 私の住む福岡は、緊急事態宣言が解除されました。

 様々な自粛が少しずつ解除されていくのでしょう。

 でも、市営のトレーニングルームはまだまだなんだろうな~(T_T)

 学校は、「再開し始めての2週間」は、たぶん無事に過ぎるでしょう。

 だってその間、発病するのは自粛中に感染した人です。

 けれど自粛中は、ほとんどの人が注意深く過ごしてたので、再開後の2週間は、何事もなく過ぎると予想できます。

 しかし、無事に過ぎるからと言って再開後の2週間で油断すると「学校がクラスターに」ってことになりかねません。

 職員会議等では、気になることをたくさん出して、みんなでいい知恵を出し合いましょう!

 そこで、今回の

「臨時休校の長い休みを『精神と時の部屋』みたいにしちゃおうシリーズ」第50弾

は、「新たな時代の学校生活についてああでも無い、こうでも無い」と考えてみます。

プチ・精神と時の部屋 No.50 「ブレインストーミング・新たな時代の学校生活」

三密+2

 新型コロナウイルスのワクチンが開発されるまでは、今までのような生活はできないそうです。

 以下の点は緊急事態宣言が解除されても、続けていく必要があるそうです。

  1. 密閉空間を避ける
  2. 密集しない
  3. 2mのソーシャルディスタンスをとる
  4. マスク
  5. 手洗い・消毒

 1,2,3はいわゆる「三密」ですね。

 学校でこれらを守るためにどんな工夫が必要でしょうか。

 考えてみましょう。

教室の「密」をどうしよう

 現行法では1クラス40人以下と定められています。

 多くの学校では、どんなに工夫して机を配置しても、となりの席まで1mくらいです。

 ソーシャルディスタンスの2mにはほど遠く、クラスターの温床になり得ます。

 さぁどうしましょう?

一休さん イラストACからのイラスト

 午前中3時間、午後3時間の時差登校かな~

 でもこの方法だと、1つのクラスで数学の授業を2回するってことになります。

 元々週18時間の授業時間だったら、倍の36時間…。

 いやいや1日6時間授業✕5日で週30時間。

 入りません…(T_T)

 時差登校がダメだとすると…

 そうだ!

 グラウンドとかにプレハブを建てて、教室数を倍にすれば解決します!

 市長さん方、ご決断を!!

 元のクラスを2つに分け、隣どうしの教室を使い、『学び合い』の考え方で授業すれば1人の教科担任で2クラスの指導は可能です! 

授業の遅れをどうしよう

 3月、4月、5月分の学習内容をどう取り戻せばいいでしょうか?

 夏休みをなくせば、1ヶ月半は稼げます。

 でもあと1ヶ月半分は…。

一休さん イラストACからのイラスト

 私が子どもの頃や、先生になったばかりの頃の学校は土曜も授業をしてました。

 この際、土曜も授業すればいいかも!

 その分、先生方の賃金はupしてほしいですが…

 「在宅勤務の分、働け!」って言われるのかなぁ(^^;)

 もしくは「9月始業式」

 受験のことを考えると、私は「9月始業式」の方がいいと思います。

学校行事をどうしよう

 運動会、修学旅行、文化祭…

 子どもたちが楽しみにしてる学校行事ですが、どれもとても困難です(T_T)

一休さん イラストACからのイラスト

 新しい時代の学校行事を考える時なのかもしれません。

  • 運動会→勝ち抜きeスポーツ大会、または勝ち抜きダンスバトル(お昼の放送で中継)
  • 文化祭→勝ち抜きハモネプ大会、勝ち抜きバンド天国、勝ち抜きM-1、キング オブ コント(お昼の放送で中継)
  • 修学旅行…

 修学旅行の代案は、思いつきません(T_T)

清掃活動をどうしよう

 私は、学校生活の中で「清掃活動」は「労働」について学ぶことができるすてきなとりくみだと思ってきました。

 しかし、新型コロナウイルス以降の新しい時代では、清掃も以前通りにはいかないかもしれません。

 だって、飛沫に含まれたウイルスが、ソーシャルディスタンスの結果、人には付着しなかったとしたら、行き着く先って「床」ですよね。

 ならば、今まで通り、「床にひざをつけて、心を込めて雑巾がけする」わけにはいかないと思います。

 じゃあどうするか?

一休さん イラストACからのイラスト

 ネット検索していると、次のサイトが参考になりました。

Access Denied

 要約すると

  1. 清掃中は、マスクのほかに、使い捨ての手袋、エプロンやガウン、フェイスカバーを装着する
  2. 清掃前に部屋の換気をする
  3. 清掃の前後に、しっかりと手洗いする
  4. 清掃後、取っ手やサッシのカギ、スイッチ等を消毒する
  5. 掃除機を用い、清掃後にダスト容器を空にする
  6. 清掃中に使用したエプロンやマスク、手袋は安全に外し、捨てるか洗うかする

 雑巾での床ふきは、新時代には無くなり、モップかけした後のモップ各学年の備品の洗濯機で洗濯…なんて時代になるのかもしれません。

暑さ対策をどうしよう

 だんだんとエアコンのある教室が、公教育の学校でも増えています。

 なので、「夏休みを削って授業できる!」とお思いでしょうが、エアコンは部屋の空気を冷やして排出するので、換気はできません。

 「密閉」を防ぐには、窓を開けねばなりません。

 さらにエアコンのフィルターには、ウイルスが集まっている可能性が高くなります。

 しかも子どもたちは「マスク着用」しています(>_<)

 今(2020年5月15日)はいいですよ、そんなに暑くないから。

 でも7月、8月で気温が30度越えの日、いや35度越えって日もあるでしょう。

 どうすればいいでしょうか?

一休さん イラストACからのイラスト

 私はやはり「エアコン禁止」かなって思います。

 そして、子どもたちもクールビズを設け、短パン、Tシャツ(体操服)OKにするのがいいと思います。

 さらに昨年度流行った「ネックファン」や「冷却タオル(水で濡らすと数時間冷たいタオル)」等を認めちゃいましょう

 だって冬はホッカイロしてても怒られないんだから、新時代の夏はエアコン禁止の代わりに、子どもたち自身が暑さ対策することを認めちゃいましょう!

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 今回の題の中にある「ブレインストーミング」とは、展望を見いだすための話し合いの方法の1つです。

 「その案が、実行可能か不可能か」という判断を抜きにして、たくさんのアイデアを出し合います。

 新時代は、新型コロナウイルス以前の価値観を壊してでも、生命優先のとりくみを作らなければなりません。

 ワクチンができるか、たくさんの犠牲を出して集団免疫を獲得すれば、新型コロナウイルス以前の価値観でOKでしょうが…。

 さらに、再燃することだって考えられます。

 なので、「オンライン授業+週数回のスクーリング」の準備も進める必要があると思います。

 学校というのは案外、保守的です。

 でも恐れること無く、新時代の学校の最先端を行って欲しいです。

 それが子どもの生命を守ることにつながるのですから。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました