やっと学校再開! 学級の最初の頃に書く通信

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 やっと私の住む福岡も、学校再開に向けて動き出しました。

 問題は山積みですが、新年度がスタートしたことに変わりはありません。

 そこで、臨時休校中の子どもたちに向けて書いてきた「プチ・精神と時の部屋」はお休みします。

 そして、ブログ「もへちゃん先生の学級通信」の本来の姿…私の書いた過去の通信を紹介する…に戻りたいと思います。

 今回は、担任の自己紹介がてら書いた2017年4月7日発行「3年〇組学級記録 No.2」を紹介します。

3年〇組学級記録 No.2 「努力の上に花が咲く」

「中学3年生」

 「中学3年生」と、ついに呼ばれるようになった。

 まわりの人たちはこの言葉にいろんな意味を込める。

  • 最高学年だ
  • あと1年で卒業だ
  • 〇〇中の文化を創るのは君たちだ

 そして、もちろん

  • 高校入試や就職の年だ

 その日は必ずやって来る。

 

 けれどこの1年は、何かが変わるわけではない。

 桜咲く春もやがて過ぎ、太陽の照りつける夏になる。

 うまいサツマイモを収穫する頃に秋が終わり、雪が舞い降る冬になる。

イラストACからのイラスト

 この取り返しが変わることはない。

 

 僕らの生き方にしても、

まじめに、ひたむきに生きなければならないことについては変わらない。

 いつもの年と同じように、大地を踏みしめて、前へ進まなければならない。

 

 「中学3年生」「中学3年生」と何度つぶやこうと

不思議な力が沸き上がったりしない。

 「学力」「集中力」「体力」「勝負強さ」「演奏力」「画力」「走力」「泳力」…

 

 「力」は日々の努力の積み重ねを通して身につく。

 1年間の学習をもとにして、

 1年間の練習をもとにして、作り出すものだ。

 その積み重ねの結果、中身まで本物の「中学3年生」になれるんだ。

作り出してやろう「力」を!

なってやろう「本物」に!

自己紹介

  • もへちゃん(本当の通信では、ちゃんと名前を書きました)
  • 座右の銘「努力の上に花が咲く」「自分もよし、他人もよし」「信じればかなう」
  • 先生になって32年、〇〇中3年目(2017年当時です)
  • 製本した学級記録3冊(1988年度、1996年度、2010年度)
  • 出版した本「すぐ実践できるアクティブ・ラーニング中学数学」「週イチからできる『学び合い』中1数学」

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 2ヶ月遅れで学校がスタート。

 未曾有の出来事です。

 長く先生をしましたが、こんなこと初めてです。

 体育会(運動会のこと)をはじめ、様々な行事が中止することになるのでしょうか。

 さて、「気の緩み」と表現される様々なことが報道されています。

 自粛解除2週間以降に、クラスター感染が学校で起これば、また閉鎖ってことになります。

 そんなことは起こって欲しくありませんが…

 どうかこのまま無事に、子どもたちが学校生活を送れますように

コメント

タイトルとURLをコピーしました