スポンサーリンク

ロシアによるウクライナ侵攻と福岡大空襲

2022/03/24

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 2022年2月24日、ロシアがウクライナへ侵攻しました。

 今日で1ヶ月です。

 毎日のニュースで、ウクライナの人たちの被害が報道されています。

 あるニュースで、ロシア攻撃前後の画像(たぶん衛星写真)が映し出され、もへちゃんはショックを受けました。

もへちゃん
もへちゃん

 色とりどりの屋根の住宅街が、ロシアの攻撃により、そのほとんどが破壊されているように見えたからです。

2021年7月18日のウクライナ南部の都市ヴォルノヴァーハ

 

ヴォルノヴァーハ。 Satellite image ©2022 Maxar Technologiesより引用

2022年3月14日のヴォルノヴァーハ

 もへちゃんが先生をしてた頃、反戦平和の授業の一環で、体験者の方から話をして頂くことがありました。

 ウクライナ侵攻のニュースで映し出された画像を見たもへちゃんは

 「1945年6月19日の福岡大空襲、そしてその後の『一面の焼け野原』の話」を思い出したのです。

もへちゃん
もへちゃん

 この写真の1つひとつの住宅には、生活していた家族がいた。

 破壊された住宅の家族は、今どうしてるんだろう?

 「遠い時代」の話ではなく、今、まさに「今」、ミサイルによる爆撃にさらされている民衆がいるなんて…

 そこで今回は、福岡大空襲のことを書いた通信「3年7組学級記録 No.44」(2010年6月21日発行)を紹介します。

6.19

 6月19日(土)の夜、君は何をしていたろうか?

 サッカー・ワールドカップ・オランダ戦の特集のスポーツニュースを見ていた人もいるかもしれない。

 期末テストの勉強で、ワークや整理と対策とにらめっこしていた人もいたかもしれない。

 僕は以前、「通知表の問題点を探り、理想の通知表を考える」って学習会で一緒に仕事をしてた川口勝彦さんを思い出してた。

私の8.15 川口 勝彦さん(72) 福岡市早良区

西日本新聞 2005年7月23日朝刊より引用

 人には消せない記憶があります。

 私の場合、それは、まるで火の雨のように焼夷しょうい弾が降った福岡大空襲です。

 そして、あの大空襲で、私の家のすぐ近く、福岡市下川端町の第十五銀行(現・博多座)の地下で焼死した60人余の犠牲者のことです。

 その姿はあまりにもむごく、1人ひとりの姿が今でもはっきりと脳裏のうりに焼き付いています。

 当時、私は12歳。

 国民学校の6年生でした。

 あの日も、いつものように灯火管制とうかかんせいの下、暗い部屋でとこきました。

 枕元には、鉄かぶと、防空ずきん、足にはゲートルを巻いたままでした。

 午後10時半、ラジオで情報注意報の放送があり、注意報はすぐ警戒警報に変わり、間もなく空襲警報に変わりました。

 一斉に「ウーウー」とサイレンが鳴り、母と姉2人と一緒に自宅のたたみをはぐって、一坪ほどのごうに入りました。

 間もなく、世話役の男の人から安全な所に逃げるよう、指示があり、外にでました。

 南の空が真っ赤に染まっていました。

 米軍のB29から、焼夷弾が次々に投下されていたからです。

 その音は、まるで絹を裂くような音。

 あたりは火の雨が降っているかのようでした。

  

 4人で、どこに逃げるか、避難先を探しました。

 近くの櫛田くしだ神社、旧博多駅、そして第十五銀行ビルの地下はすでに満員と聞きました。

 それで、東公園を目指し、その途中、寺の防空壕に避難しました。

 空襲は午前1時ごろには終わり、まんじりともしない一夜が明けました。

 家に戻る途中、ほとんどの建物が焼き尽くされ、博多湾が丸見えだったことを忘れません。

 幸い火は、私の家の数メートル先でくい止められていました。

 

 昼すぎ、第十五銀行地下で犠牲になった人たちが、強制撤去された私のもとの家の跡地に運ばれてきました。

 ムシロを敷き詰めた上に次々と運ばれてくる遺体は、全部黒い色でした。

 小さな子を抱きしめたまま息絶えた母親。

 くうをかきむしるような姿で亡くなっていた男の人。

 中には、頭がない人、靴だけはいてあとは何も身につけていない人もいました。

 熱かったろう、苦しかったろうと、私は茫然自失ぼうぜんじしつ状態でした。

 あんなむごい死はもう2度と見たくありません。

 

 あれから60年が経ちます。

 もう戦争は絶対にしてはいけない。

 日本は「平和を守る」ことから1歩進めて、「平和をつくる」国にならなければいけないと思います。

シリーズ戦後60年 私の8・15⑤ 福岡大空襲 遺体は全部黒い色をしていた 川口勝彦さん 西日本新聞2005.7.23朝刊より引用

 65年前の6月19日深夜、福岡市は空襲を受け、1000人近くの方が亡くなった。

 いわゆる「福岡大空襲」だ。

 

 川口さんは、小学校の先生時代も、そして退職されてからも、福岡大空襲の語り手として活動していた。

 戦争に対する怒り、平和を求める思いが、川口さんの言葉や行動からひしひしと伝わってきた。

 

 けれど…

 昨年9月、川口さんは亡くなられた。

 戦争を経験された方がどんどん亡くなられている。

 僕は、川口さんの思いをみんなに伝えられているだろうか?

 自らを問いながら、6月19日の夜を過ごした。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

我々はウクライナを攻撃していない

 2022年3月10日、ウクライナとロシアの外相会談が行われました。

 会談後、ロシアのラブロフ外相は「我々は、ウクライナを攻撃していない」と発言しました。

ANN NEWS 2022.3.10配信より引用

 びっくり発言ですが、歴史を学ぶと、同様な発言が繰り返されていることがわかります。

満州事変

 「事変」という言葉を使ってますが…。

 学研キッズネットの辞典によると

 1931(昭和6)年,満州まんしゅう(今の中国東北区)でおきた日本ぐんと中国ぐんとの武力衝突ぶりょくしょうとつ

 実質的じっしつてきには日本ぐんによる中国への侵略戦争

学研キッズネットより引用

と書いています。

大東亜共栄圏、八紘一宇

 日中戦争、太平洋戦争時、日本によるアジアへの戦争を「侵略」ではなく、

  • 大東亜共栄圏だいとうあきょうえいけん…日本を盟主として、ともに繁栄すべき東アジアの国々、諸民族
  • 八紘一宇はっこういちう…「八紘」とは四方と四隅つまり世界・天下のこと。「宇」は家のこと。全世界を天皇のもとに1つの家とするという意味。

と当時の日本政府は、表現しました。

南スーダン「戦闘行為はなかった」

 2016年7月、南スーダンで、政府軍と反政府側とで大規模な武力衝突が起こりました。

 首都ジュバでは、270人以上が死亡する武力衝突でした。

 この時、自衛隊はPKO(国連平和維持活動)で南スーダンに派遣されており宿営地の隣にあるビルでも銃撃戦が起きました。

 しかしこれらを「戦闘行為」と認めると、自衛隊を派遣した根拠であるPKO参加5原則に抵触ていしょくすることになるため、当時の稲田朋美防衛相や安倍晋三首相は、2016年10月11日の参院予算委員会で「戦闘行為ではなかった」という答弁を繰り返しました。

「戦争万歳」vs「平和ぼけ」

 「戦争ではない」と主張してきた人のほとんどが、「戦争をしたい人」と感じるのはもへちゃんだけでしょうか?

 侵略する側が、その意図を隠すため「戦争ではない」と言ってきた歴史を人類は持っています。

 そんな人が「進め1億 火の玉だ」と主張し、「最後の1人になっても戦え」と命令しました。

 負け続け多数の犠牲者を出しているにも関わらず「我々は勝ち続けている」と民衆をだまし続けました。

 現代においても、同様のプロパガンダに踊らされ、反戦平和を主張する人に「平和ぼけ」とののしる人がいます。

※プロパガンダ…宣伝。特に、ある政治的意図のもとに主義や思想を強調する宣伝

 そんな「戦争万歳な人間」により、あまりにも大多数の民衆が犠牲になった歴史を、日本は持っているというのに…。

 だから、もへちゃんは「戦争万歳」より「平和ぼけ」の方が何十倍、何百倍もいいと思っています。

ウクライナへの侵略戦争を「我がこと」に

 1945年6月19日の福岡大空襲での死者は1000人近く。

 1000人近くの人間が亡くなるということは、その亡くなった人をとりまく人間たちの苦しみ・悲しみが1000件近くあるということです。

 どうしようもない喪失感を持った人が、2000~3000人もいるってことです。

 だからこそ、その時の悲しみや苦しみが、現在(2022年)までの77年間、反戦平和のメッセージとして伝え続けられているのです。

 

 さて、2022年3月22日のニュースによると、22日までにロシア軍によりウクライナのマリウポリで3000人以上が死亡した可能性があるそうです。

 もう「ちょっとしたいざこざ」、「ちょっとした武力衝突」なんて言えるレベルではありません。

 今、この時に、空襲で逃げ惑い、生命を亡くしている人がいるのです。

 遠い国の他人事ひとごとではなく、我がことと思って考えてみてください。

  • もし今、愛する家族の頭の上にミサイルが落ちてきたとしたら…
  • もし、愛する人が、お別れの言葉も言ってないのに亡くなってしまったら…
  • もし、愛する人が全て亡くなり、あなた1人だけ生き残ったら…

 

 ウクライナのゼレンスキー大統領は、日本の国会でのオンライン演説で

ゼレンスキー大統領
ゼレンスキー大統領

 1000発以上のミサイルが空爆で落とされ、数十の町が破壊され、全焼しています。

 多くの町では、家族や隣の人が殺されても、彼らをちゃんと葬ることさえできません。

 埋葬は家の庭の中や道路沿いにせざるを得ません。

と述べました。

 これは紛れもない「侵略戦争」なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました