スポンサーリンク

お別れの餞(はなむけ)に

2022/03/31

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 今日は3月31日。

 年度末です。

 学校や会社では、退職や異動などで「今日でお別れ」って人もいる日です。

 もへちゃんの今の職場でも、お一人、退職で去って行かれました。

 今生こんじょうのお別れってわけではないのですが、ちょっと寂しい感じがしました(T_T)

 そこで今回は、転校する子に向けて書いた学級通信「学級記録 No.48~49」(1995年3月18日発行)を紹介します。

最後の授業

 その朝は、学校へ行くのがたいへん遅れてしまいました。

 それに、受け持ちのアメル先生が文法の質問をすると言われたのに、私はまるっきり、おぼえていなかったので、しかられはしないかと非常に心配でした。

 それで、

「学校を休んで、どこでもいいから駆け回ろうかしら?」

とも考えたが、思い直しました。

中略

 ふだんは、授業の始まりは大騒ぎで、机を開けたり閉めたり、日課をよくおぼえようと耳をふさいで、皆いっしょに大声で繰り返したりするので、先生が大きな定規で机をたたいて

「皆さん、もう少し、静かに!」

 と叫ぶのが往来聞こえてきたものでした。

 実際、私は気づかれずに席につくために、この騒ぎをあてにしていました。

 しかし、あいにくその朝は、なにもかもひっそりとして、まるで日曜の朝のようでした。

 友だちはめいめいの席に並んでいて、アメル先生が大きな鉄の定規をかかえて、行ったり来たりしているのが、開けた窓ごしに見えます。

 わたしは、戸を開けて、この静まりかえった真っ只中へ入らなければならぬ…

 おお、どんなにはずかしく、どんなに恐ろしく思ったことでしょう!

 ところが、大違いでした。

 アメル先生は怒らずに私を見て、とても優しく言いました。

「早く席につきなさい。フランツ。

君がいなくても、始めるところだったのだよ。」

 私は、慌てて椅子をまたいで、席につきました。

 そしてやっと恐ろしさがおさまると、先生が卒業式の日でないと着ない、りっぱな緑色のフロックコートを着て、細かいヒダのついた幅広いネクタイをしめ、刺繍ししゅうをした黒い絹のベレー帽をかぶっているのに気がつきました。

 それに、教室全体に、何かしーんとしたおごそかな空気が漂っています。

中略

 私がこんなことにびっくりしてる間に、アメル先生は教壇に上がって、優しい重みのある声で言いました。

「皆さん、私が授業をするのは、これが最後です。

アルザスとロレーヌ地方の学校では、今日限り、ドイツ語しか教えてはいけないという命令が、ベルリンから来ました。

新しいドイツ語の先生が、明日みえます。

今日はフランス語の、最後の授業ですから、どうぞ、しっかり勉強してください。」

 それなのに、私はまだやっと書けるぐらいです。

 では、もう、習うことはできないのだろうか?

 このままで、じっとしていなければならないのか?

 私は、今まで無駄に過ごした時間、鳥の巣を探しまわったり、ザール川で氷滑りをするために学校をずるけたことを、今となって、どんなに恨めしく思ったことでしょう!

 さっきまで、あんなに邪魔で荷やっかいに思われた本や、聖書や文法書などが、今では別れるのがつらい幼なじみに思われました。

 アメル先生にしても同じでした。

 「先生は、もうじき行ってしまわれる。もう会うこともあるまい」と思うと、罰を受けたことも、定規で打たれたことも、すっかり忘れてしまいました。

 -気の毒なアメル先生!

 先生は、この最後の授業のために、晴れ着を着られたのでした。

中略

 こうして、私が色々と考えにふけっている時、私の名前が呼ばれました。

 私の暗誦あんしょうの番だったのです。

 私は、この難しい文法の暗誦を、大きな声ではっきり、一つも間違えずにすっかり言うことができたら、そのつぐないにどんなことでもしたことでしょう。

 しかし、最初からまごついてしまって、立ったまま、悲しみで気持ちで頭も上げられずに、椅子の上で体を揺すぶっていると、やがて、アメル先生が

 「フランツ、私は君を叱りません。もう十分罰をされたはずです…そんなふうにね。

私たちは、いつも考えます

-なあに!ひまはずいぶんある。明日勉強しよう-

って。

 そのあげく、どうなったのか…おわかりでしょう…。」

中略

 それから、アメル先生は、フランス語について、次から次へと話を始めました。

 フランス語は世界中で一番美しい、一番はっきりした、一番力強い言語であることや、

ある民族が奴隷どれいになっても、その国語を失わない限りは、その牢獄の鍵を持っているようなものだから、私たちの間でフランス語をよく守って、決して忘れてはならないことを話されました。

 それから先生は、文法の本を取り上げて、今日の課目のところを読まれましたが、あまりよくわかるのでビックリしました。

 先生のおっしゃったことは、私には非常に容易たやすく思われました。

 私がこれほどよく聞いたことは、今まで一度だってなかったし、先生がこれほど辛抱強く説明をされたこともなかったと思います。

 この学校を去ってしまうまでに、気の毒なアメル先生は、知っている限りのことを全部教え、いちどきに私たちの頭の中へ入れようとなさっている…とも思われました。

 日課が終わると、今度は習字にうつりました。

 この日のために、アメル先生は新しいお手本を用意しておかれました。

 それには見事な丸い書体で、

-フランス、アルザス、フランス、アルザス-

と書いてあったのです。

 それは、まるで、小さな旗が机の釘にかかって、教室中に翻っているようでした。

 皆はどんなに一生懸命だったでしょう!

 それに何という静けさ!

 ただ、紙の上を走るペンの音が聞こえるばかりです。

 途中で、一度、コガネムシが飛び込んできましたが、誰も気を取らません。

 小さな子どもまでが、一心に縦線を引いています。

 まるで、それがフランス語であるかのように、真面目に、心を込めて…。

中略

 アメル先生は、ドイツの命令で、明日は出発しなければなりません。

 永遠にこの土地を去らねばならないのです。

 それでも先生は、勇気を出して、最後まで授業を続けたのでした。

 習字の次は歴史でした。

 それから小さな生徒たちが、皆一緒に「バ・ブ・ビ・ボ・ビュ」の歌を歌いました。

中略

 突然、教会の時計が12時を打ち、続いてアンジェラスの鐘が鳴りました。

 アメル先生は青い顔をして教壇に立ち上がりました。

 おお、これほど先生が大きく見えたことはありませんでした。

 「みなさん、

-みなさん、私は…

私は…」

 だが、何かが先生の息をつまらせたので、先生は言葉を終わりまで言えませんでした。

 そこで、アメル先生は黒板の方へ向きなおると、白墨チョークを1つ取って、ありったけの力でしっかりと、できるだけ大きな字で

-フランス万歳!-

と書かれました。

 そうして、頭を壁に押し当てたまま、そこを動かないで、静かに手で合図したのでした。

 (もうおしまいだ……帰りなさい)

最後の授業(アルフォンス=ドーデ著)より引用

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

戦争を知らない子どもたち→戦争を知ってる子どもたち

1995年…戦争を知らない子どもたち

 この通信には、もへちゃんの文章はなく、丸々「最後の授業」の引用でした。

 ただし、通信に載せるため、文字数を減らす必要があり、所々で略しました。

 ちなみにその「中略」の部分は、「普仏戦争(フランスvsプロイセン)でフランスが敗北したため、フランス語教育が禁止された」云々うんぬんの部分です。

もへちゃん
もへちゃん

 何時間かかけて読解する教材じゃなく、帰りの会で読むだけの学級通信だから、子どもたちにはわかりにくいだろうなぁ…

と判断したから、略しました。

2022年…戦争を知ってる子どもたち

 しかし、今(2022年3月)の子どもたちならば、略す必要もなさそうです。

 なぜならば、毎日のようにロシアによるウクライナ侵攻のニュースが、テレビやネットで流れているからです。

 当時の子どもたちより、現代の子たちの方が、「戦争を『我がこと』のように感じられる」からですが…。

 それってすご~く残念なことだと、もへちゃんは思います。

餞別

 今日で退職した方は、もへちゃんが若い頃から、算数・数学教育や人権教育で学ばせてもらった方で、すごくお世話になった方でした。

 そこで、もへちゃんらしい餞別せんべつをお渡ししました。

 それは何かというと…

もへちゃん
もへちゃん

 ジャ~ン♪


う~んシワシワ(^^;)、この後、キーピングをスプレーし、アイロンをかけたのは言うまでもありません。

 事務所にかかっていた布製のカレンダーをエプロンに仕立てて

もへちゃん
もへちゃん

 ◯◯◯◯◯でのこの1年間の日々を、エプロンに仕立ててみました。

と言いながら、渡しました。

 今日退職された方にバレないよう、工作ブログ「もへちゃんの工作の時間『大人のできるかな?』」には「カレンダーエプン」についての記事は、まだアップしてませんm(_ _)m

 なので、今日、初公開です!

 工作ブログでは、現在、「ネジ頭がつぶれた(なめた)ネジを緩める」シリーズをお送りしています。

 エプロンカレンダーについては、近いうちにアップしたいと思います。 興味ある方は、こちら ↓ をクリックしてくださいm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました