スポンサーリンク

『学び合い』の考え方を用いた合唱指導、演劇指導…必勝法です!

2021/10/11

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 1987初代もへちゃん組の演劇について、もへちゃんは、情けないほど指導らしいことをやれてませんでした。

 自分自身の中学・高校時代、合唱コンクールで歌は歌ってましたが…音符を読みながら歌ってたわけではありませんでした。

 演劇については、それまでの人生で全くとりくんだことがありませんでした。

 だから、合唱指導・演劇指導でやれてたのは精神論のみ(^^;)

 けれど、2010年に上越教育大学 教職大学院の西川 純先生提唱の『学び合い』に出会い、初めて精神論を脱却し、自信を持って合唱指導・演劇指導ができるようになりました。

 そこで今回は、過去の学級通信を紹介するのではなく、以前Facebookに書き込んだ合唱コンクール金賞の報告の記事(2016年10月26日投稿)を紹介します。

文化祭の合唱コンクール、金賞でした!

 若い先生たちから、

 どんな練習してたんですか?

と尋ねられました。

 以前は

もへちゃん
もへちゃん

 口、開けろー

 声、出せー

しか言ってませんでした(笑)

 Facebookで友だちになってくれてる元もへちゃん組のみなさん、ごめんなさい🙇

『学び合い』を用いた合唱指導

 『学び合い』にとりくむようになってから、

もへちゃん
もへちゃん

 口、開けろー

 声出せー

にプラスして(今でもちゃんと言ってますよー 笑)、毎日の練習の前に

本日のめあて

 第3フレーズ25秒の音程を覚えて、みんなで第3フレーズのハーモニーを楽しめるようになる

と板書するようになりました。

 また、第3フレーズを頭出しできるようにした各パート用の範唱CD(上手な歌の入ったCD)とパート分のCDデッキを前もって準備しておきます。

 あとは

  1. 声出し 15:00〜15:05
  2. 説明 15:05〜15:08
  3. パート練習 15:08〜15:23
  4. 合唱 15:23〜15:30

と板書し

 合唱の後に

もへちゃん
もへちゃん

 上手うまい!

 明日は、第4フレーズに進もう。


と言ったり、

もへちゃん
もへちゃん

 下手へた

 明日も第3フレーズね。


と言うだけです。

 子どもたちは有能だから、これでぐんぐん素敵な歌声になります。

 さらに、「素敵に歌える」って自信が、週1回の音楽の授業での「表現の工夫」の吸収の度合いを増加させます。

 明後日、町の音楽祭に出演します!

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 Facebookの記事は短めなので補足します。

『学び合い』の音楽の授業を見て閃いた合唱指導

 以前『学び合い』を校内研究のテーマにして、全教科で「仲間を誰1人見捨てない授業づくり」にとりくみました。

 研究協力者の上越教育大の西川先生が来校した際、授業を参観してもらい、授業者にアドバイスしてもらいました。

 その中に音楽の先生がいらっしゃいました。

 その先生の専門は「声楽」。

 その日は、合唱コンクールの自由曲の練習の授業でした。

 授業では専門的な解説をしながら、熱く語っていらっしゃいましたが、子どもの多くは頭の上に「?マーク」が2つも3つもあるかのようなまま、授業は進んでいきました。

 授業後、

西川先生
西川先生

 今日、授業していた30数名の子どもたちに、将来、あなたのような声楽家になってほしいのですか?

と西川先生は音楽の先生に尋ねられました。

 音楽の先生は首を振りました。

西川先生
西川先生

 そうですよね。

 合唱曲を歌いこなしていくことで、音楽の心地よさや、声をそろえて歌うことの素晴らしさを伝えたいんですよね。

 子どもたちが音楽の素晴らしさを知り、今後の人生を豊かにしたいんですよね。

西川先生
西川先生

 ならば、芸術科の先生はシェフになる必要はない。

 グルメでいいんですよ。

 先生の仕事は、子どもたち自身で練習できる環境を整えることと、練習結果を「うまい」とか「へた、やりなおし」と評価してやることです。

と話されました。

 もへちゃんはその話を聞いて

もへちゃん
もへちゃん

 これだ!

と感じたのです。

 そして、これ以降、合唱指導が得意になったのです!

合唱曲「20億光年の孤独」での具体的な指導例

 例えば「20億光年の孤独」という合唱曲を歌うことになったとしたら、「子どもたち自身で練習できる環境を整える」というのはこういうことです。

  1. まずCDデッキを4台(ソプラノ・アルト・テナー・バス)準備します。
  2. 歌をいくつかのフレーズに分けます。20億光年の孤独は8つくらいに分けたように思いますが…ずいぶん前なので忘れちゃいました。
  3. 範唱CDをフレーズに合わせて8つのフレーズに分けます(インデックスでもいいかな)。ソプラノ、アルト、テナー、バス、全パート入ってる歌、伴奏のみの6枚のCDでフレーズ分けをします。 

 あとは記事に書いたように、その日の「めあて」を具体的に提示し、子どもたち自身が工夫しながら歌える環境の元、練習の時間を保障し、最後に評価して次の日の展望を語るだけです。

『学び合い』の考え方を用いた演劇指導

  1987年の初代もへちゃん組は学級で演劇にとりくみました。

 それ以降、学級で演劇にとりくむことはありませんでした。

 代わりに1995年から、平和集会実行委員を募り、集まってきた子たちと平和劇にとりくみました。

 『学び合い』に出会ったのは2010年ですから、それ以前の指導は、やはり根性論でした(^^;)

筑紫駅銃撃事件をテーマにした平和劇「青葉」での具体的な指導例

 2011年にとりくんだ平和劇は、地元の西鉄筑紫駅銃撃事件がテーマでした。

筑紫駅銃撃事件とは

 1945年8月8日(終戦の1週間前)、西鉄筑紫駅に緊急停車した上下線の電車(もちろん非武装)に対して、アメリカ軍の複数の戦闘機が何度も往復して機銃掃射し、100名以上の負傷者、64名の死者を出した。

筑紫駅銃撃事件で銃撃されたものと同型の電車 Wikipediaより引用

 

 機銃掃射されている電車の中の場面が、あまりにも緊迫感がなく、「残念な中学生の劇」みたいでした。

もへちゃんは「残念な中学生の劇」は嫌

 もへちゃんは、演劇について「下手」なものを見せたくありません。

 反戦平和を訴えるのですから、観客の感性を揺らし、涙を流す…くらいの劇じゃないといけないと思っているからです。

 だから根性論の頃からでも、キャストに対して、かなり厳しい指導をしてきました。

台詞を覚えてない子に対して

 例えば、台本を渡した次の日の立ち稽古では

  • 立ち位置の説明
  • 動作の説明

の後、さっそく立ち稽古をします。

 その時、台詞を覚えてない子がいたとしたら

もへちゃん
もへちゃん

 君が台詞を覚えてないけん(から)、この場面の練習が進まんやろうが(進まないじゃないか)。

と怒ります。

 怒られている子を見ながら、別の場面のキャストの子が、慌てて台詞を覚え始めたりしてました。

台詞が棒読みの「残念な中学生の劇」みたいだったら

 台詞は覚えていても、恥ずかしさが勝ってたり、もともと感情を込めるのが苦手な子がいたとしたら

もへちゃん
もへちゃん

 中学生みたいな劇をすんな(するな)。

と怒ります。

 時には体育館の隅で涙してる子もいました。

銃撃された電車内の場面

 2011年夏、平和劇「青葉」(筑紫駅銃撃事件)にとりくんでいたある日、

その日は、乗っていた電車が銃撃された場面の練習をしてました。

 台詞はしっかり覚えていて、それぞれの子が役になりきって演じてたのですが…。

 全く緊迫感が伝わらないのです。

 ふとひらめいて

もへちゃん
もへちゃん

 今の台詞のタイミングや動作では、銃撃されて死んでいく人たちの悲惨さが全く伝わらない。

 今から10分、時間をとるから、今、ステージ上にいるキャストで、話し合ってみて。

と声かけしました。

 この10分間、もへちゃんも気づいたことを伝えましたが、キャストどうしで「ああでもない」「こうでもない」とアドバイスしあってました。

 10分後、再演!

もへちゃん
もへちゃん

 まだダメぇ。

 台詞を言い終わった後、もう自分の仕事は終わったと思って演技してない人が多い。

 自分が電車に乗ってて、突然、戦闘機に銃撃されたとしたら…を考えて。

 でも、お母さんと子どもの動作はよかった。

 ではまた10分。

 はい、話し合いスタート。

 これを何度も何度も繰り返すのです。

 どんどん迫真の演技になっていきました。

  • ここまで来ると、恥ずかしそうに台詞を言う子や、棒読みの子は皆無です
  • 感情のこもっていない台詞や演技の子は皆無です

 もへちゃんがこの日閃いた、キャストどうしで演出しあい、それを評価することでよりよいものに近づけていく…この指導方法は『学び合い』の考え方と同じだと思っています。

 今だったらスマホで撮影して、子どもたちに見せるのもいいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました