学級通信をもへちゃんはどんな気持ちで書いてきたか?(20代の頃に書いたレポートから)

2020/06/03

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 今日は何を書こうかな~と過去の通信の束をゴソゴソ探してると、

1990年の年度末に書いたであろうレポートが出てきました。

 内容は、

学級通信を私がどんな気持ちで書いているか

とか、

学級通信を書くことが学級集団づくりとどうつながっているか

などです。

 そこで今回は、過去の通信ではなく、1990年度末に書いたレポート「学級通信と学級集団づくり」を紹介します。

学級通信と学級集団づくり

1989年度発行の学級通信「道のべ」

 「学級集団づくり」という言葉は使い古され、多くのHow to 物の本が本屋に行くとズラーッと並んでいる。

 しかし、それらの本を読んで「真似」をして、学級が素晴らしく変わったという話をほとんど聞いたことはない。

 自分も、過去、そのようなあやまちをおかしたこともあるので、もし「真似」をしようと言うことで学級通信「道のべ」を読んでも何ら得るものはないであろう。

この年、発行・製本した学級通信「道のべ」

なぜ通信を書くのか、なぜ製本するのか

 さて、なぜ自分が学級通信を製本するのか。

 なぜ通信を書き続けるのであろうか。

  • それは、ともに歩んだ生徒たちの足跡をしっかりと残したいという思い、
  • そして、ともに歩んでいく中で、より人間らしい集団へ向かうよう、方向性を示す矢印として、
  • また、1日せいぜい1枚しか書かないが、それをコツコツやり続けることで1冊の本ができる「継続の素晴らしさ」を学ぶ教材として、
  • それから、教師「もへちゃん」の思いを音声だけで伝えるのではなく、文字として何度も見直しができるものとして伝えること、

これらのことが可能になるからやっている。

学級通信だけでは、たりない…だから

 けれど、それだけでとても学級が「できる」とは考えていない。

 自分が学級づくりの手立てとして用いているのは、

  • 学級通信
  • 小集団(班)
  • 生活ノート(1人ひとりのノートを見る年もあれば、班のリレーノートという形をとる時もある)への朱筆入れ

である。

 どれもみな互いに影響し合い、どれか1つが低調でも、学級作りは満足なものにはならない。

 逆に、どれか1つから、他の2つを引き上げることができるのではないだろうか。

涵養…水が染みこむようにジワジワ変わっていく

イラストACからのイラスト

 子どもたちは心の底で

「よく思われたい」

「認めてもらいたい」

と考えているのではないだろうか。

 生活ノートからの「記録」を選んで学級通信に載せる時、よく

「これ、俺のぜ~」

と言ってる姿を見る。

 急に変わりはしないが、じわじわと言葉や行動が変わっていく。

 この喜びを知っているから、生活ノートを見るというきつさ、

学級通信を書き続ける努力を惜しまずにやれるのである。

通信を書く際の読み手は誰か

 以上のことからわかるであろうが、自分の書く学級通信の読者の対象は「生徒」である。

 行事のお知らせのために書こうなどは、さらさら思ってもいない。

 だから、彼らには

「道のべを支えるのはおまえらぞ~」

とよく言う。

 彼らこそ学級の主人公であり、学級通信の主人公であるのだから…。

学級通信を書き続ける原動力

 学級通信を作る上で最も大切なこと、それは「思い」である。

 担任について言えば、

「こいつら何とかしてやらんと。絶対に何とかしてやらんといかん」

と心の底から感じられるか、

どんなきつい時でも投げ出さず、そう考えられるかが必要である。

 その「思い」をぶつけるのが、自分の場合、たまたま学級通信のわけである。

だから、子どもたちにも「思い」を求める

 生徒の側からも「思い」というのは、大切なものである。

 班を作っているが、ただ机を付けているだけならば、黒板を見にくくなる分、無駄である。

 班にするのは、班員どうしで互いの「思い」を知るためである。

 特に、弱い立場に立たされたものの思いを知ること、感じることで

「何とかせんといかん、絶対に何とかせんといかん」

と心の底から湧き出させたいのである。

 そう考えると、やらねばならないことがたくさん見えてくる。

  • 力の弱いものの痛みを知らせているか
  • 学力の低いつらさを感じさせているか
  • 被差別の立場におかれたものの苦しみ・悲しみを学ばせているか
  • そして、感じたことをエネルギーとして実行させているか

 強者が悠々と暮らすため、弱い者が苦しめられる今の社会のしくみ(そんなことないなんて決して言えない、部落差別、在日朝鮮韓国人差別、女性差別、人種差別…)に対して、怒りをおぼえ、それをエネルギーとし、変えていこうとする次の世代を生み出すのが、我々の仕事なのである。

通信を書く際に気をつけていること

 生徒たちは、よく学級通信を読んでいる。

 つたない文章で、読みにくいので頭が下がる。

 彼らの思いや、自分の思いを込めて書くように気をつけている。

 だからこそ、自分の心が曇ることが1番恐い。

 自分の思いが成長していく分はいいのだが、退行してしまえば学級の生徒たちに迷惑がかかる。

 自分はまだまだ「思い」が成長しきっていない。

 ただ、がむしゃらにやってきただけの気がする。

 生徒たちには、迷惑かけっぱなしである。

 毎年、毎年、過去の自分の浅はかさに嫌になる。

 でも、こればっかりはしょうがない。

 少しずつ変わっていく姿を子どもたちが見てくれて、何か感じてくれればありがたい。

 学級通信なんて所詮 How to ものなわけで、その人その人の姿・形が違うように、個性があって当然だと思う。

 だから「真似」をするのではなく、「いい」と思ったところを盗んで、自分の通信をつくり上げて、そして悩むことにより、また素敵な通信になっていくのだと考えている。

 何よりも大切なのは「思い」があるかということ。

f:id:toshioh:20200320210601j:plain
huaca.ワカさんによるイラストACからのイラスト

 そして次に大切なのが、「その思いをどう実践していくか」ということである。

 まだまだ自分は、原点の部分を深く学ばねばならない。

「思い」を磨かねばならない。

 だからこの「道のべ」は未完成なのである。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 このレポートを書いたのは20代後半、まだまだな頃です(笑)

 学校現場もなかなかドラマティックで、やんちゃな子たちもかなりいました(^^)

 もへちゃん組の卒業生の人だったら

「なるほど~、もへちゃん先生はこんなつもりで通信を書いていたのか~。こんなつもりで班活動させていたのか~。こんなつもりで班長会してたのか~」

なんて思ったかもしれません。

 中学生の読者の人だったら、今回のブログは退屈だったかもしれません。

 ごめんなさい<(_ _)>

 あんまり楽しい文章ではなかったですね~

あれから30年…やれたことは

 レポートの終末あたりで

まだまだ自分は、原点の部分を深く学ばねばならない。

「思い」を磨かねばならない。

と書きました。

 50代後半の今、振り返ると「原点を学ぶ」ため、「思いを磨く」ために、

  • 被差別の人たちと出会い、思いを知ること
  • 戦争の犠牲者の人とと出会ったり、資料を読んだりして思いを知ること
  • まちがってると思うことに、反論し続けること

 なんかは、やり続けたと思います。

50代前半で出会った『学び合い』

 そして、このレポートを書いたず~っと後に『学び合い』の考え方に出会えて、それまでバラバラに理解していた「思い」が1つにまとまったように感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました