スポンサーリンク

体育会(運動会)練習期間中、楽々通信シリーズ④「支える人」

2021/05/11

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 体育会(運動会)の練習期間でも、楽~に通信を書くには、画像で紙面を埋めるのが一番簡単です(^^)

 けれど、毎日毎日、練習場面の写真ばかりじゃ、ちょっと残念かな~(^^;)

 そこで今回は、画像で紙面を埋めてはいるのですが、「縁の下の力持ち」たちに視点を据えた通信「◯◯◯中学校3学年だよりミニ No.22」(2018年5月15日発行)を紹介します。

支える

 「全員が達成感を味わい、感動ある体育会」のために、ブロックや学年、学校全体を支えている人たちがいます。

 そんな人のがんばりが今、どんどん集結しつつあります。

 体育会まであと5日。

各ブロックの太鼓担当の人たち

 やり直しのたびに黙々とたたき続けています。

もへちゃん
もへちゃん

 手のひら、大丈夫かな?

 持ち慣れないバチでそろそろマメができて、それが破れるころなんじゃないかな?

練習終了後、片付けている人たち

 みんなが1日の練習が終わって、のども渇いて、へとへとになって教室に戻るとき、練習で使ったものを片付けている人たちがいます。

 彼らも、へとへとな顔をしていました(>_<)

もへちゃん
もへちゃん

 きつくないわけがない。

各ブロックのリーダーたち

 「指導のしかたが悪い」と先生から厳しい指摘を受けるリーダーたち。

 65分間の練習内容をリーダー数人が理解してるだけだったのか、全体が右往左往してしまいました。

 限られた時間をどう有効に使うか!

 まず1~3年のリーダー全員が共通理解しなければ!

 「気合い」だけでは克服できない壁にぶつかりました。

もへちゃん
もへちゃん

 さぁどうする!

実行委員たち

 実行委員は、ブロック練習の間、ずっと真剣に見つめながらノートに、それぞれのブロックのいいところと課題を書きだしていました。

 「がんばってました」「気合いが入っていませんでした」レベルではなく、より具体的な指摘をするために!

スクリーン画担当の人たち

 スクリーン画担当は、ブロック練習が終わったとたん、美術室にいました。

 時間との闘いみたいです。

 けれど、妥協する気もないようで、頼もしい限りです。

 19日(土)にお披露目するから、絵が写らないように写真を撮りましたが、どのブロックも力作ぞろいでした。

もへちゃん
もへちゃん

 お楽しみに!

各委員たち

 放課後、図書委員会や学級委員会がありました。

 学級委員は招集について、再度打ち合わせをしていたようです。

 図書委員は、みんなに配付するハチマキを仕分けしていました。

美しい花よりも

もへちゃん
もへちゃん

 美しい桜が咲いたとき、私たちは、花についつい関心を寄せてしまいます。

写真ACからの写真
桜の木の下 写真ACからの写真

もへちゃん
もへちゃん

 けれど、美しい花を咲かせるためには、力強い根が必要なのです。 

 さらに、厳しい冬を乗り越えたからこそ、春に花を咲かせることができるのです。

もへちゃん
もへちゃん

 ◯中3年生の君たちには「美しい花」を求めるのではなく、「力強い根」になってほしいなぁ。

 力強い根を持てば、困難を乗り越えられます。

 そして美しい花を咲かせることができます。

 あと5日。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 後段の「美しい花よりも」の文章は、もへちゃんの愛読書「詞集 たいまつ(むのたけじ著、評論社刊)」の次の2つの詞にインスパイアされて書いています。

32

 花をつけた枝であるより、花はなくとも1本の木でありたい。

 ふとい幹であるより、ほそくとも果実をささえる茎でありたい。

 天空にそびえるより、毛根の深さでひろがりたい。

 浮かんで踊るより、つちかうものとして朽ちたい。

詞集 たいまつ Ⅰ(むのたけじ著、評論社刊)より引用

33

 めでられた花が実をむすんだときに、その木をめでにいく人はまれである。

詞集 たいまつ Ⅰ(むのたけじ著、評論社刊)より引用

コメント

タイトルとURLをコピーしました