スポンサーリンク

初代もへちゃん組 文化祭まであと2日⑲と「ダメ出し」

2021/10/20

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

ダメ出しとは

 「ダメ出し」で検索してみて3番目に出てきたgoo辞書によると

 もと演劇用語。

 「駄目を出す」の名詞化

 欠点・弱点などを指摘すること。

 また、仕事などのやり直しを命じること。→駄目を出す

goo辞書「駄目出し(だめだし)」より引用
もへちゃん
もへちゃん

 「ダメ出し」って演劇用語だったんですね。

 1987年当時、演劇素人のもへちゃんはダメ出しできませんでした。

 代わりに子どもたちが、学計記(生活ノート)経由、班ノート経由で、学級通信を通して「ダメ出し」してくれてました。

 そんな学級通信「中央フリーウェイ No.55」(1987年10月27日発行)を紹介します。

 

2秒前…幕の開く2秒前を考えろ!

 いよいよ明後日が文化祭1日目。

もへちゃん
もへちゃん

 ついにここまで来たなぁ。

 あとは、最終チェックぐらいだろう。

 特に、衣装係!

 準備OKだろうか?

 もう一度、監督、助監督とチェックしておくこと。

もへちゃん
もへちゃん

 「今日じゅう」がいい。

 なぜなら、もし足りないものがあっても、明日みんなに呼びかけたり、準備できたりするから。

 学計記がっけいき(「学習と計画の記録」の略称、生活ノートみたいなノート)の記録の中で、問題を指摘してるのがあったので、ここに挙げよう。

もへちゃん
もへちゃん

 すでに解決した問題もあるようだが…

記録201

 第1回リハーサルで思ったことをまとめてみます。

声の大きさ、台詞のスピード

 まず、声が小さい人が多い。

 それに速く言うので、余計聞き取りにくかった。

 リハーサルはクラスの人しかいないから声がよく響くけど、本番では何百人もいるし私語も多いだろうから、ゆっくり、大きくしゃべる必要があると思う。

桃子

 桃子の死ぬ場面では、生徒は大げさに泣いた方がいい。

 ハンカチ出して、涙を拭くとか、言葉を途切れ途切れに言うとかしたらどうだろう。

警部たち

 警部たちが入ってくるところ。

 パトカーの音が止まってすぐ来るんじゃなくて、少し間を置いて来る方が不自然ではない。

 また、走ってきた方がいい。

亜雅沙①

 亜雅沙アガサが出てくる時、もうちょっと中央に寄った方がいい。

峰岸の友だち

 峰岸の友だちが、峰岸の言った言葉を警部らに教えるとき、多少とまどいながら言う。

 そういないと、その後の

 よく言ってくれた!

が、意味の無いものになるし、いとも簡単に峰岸を裏切ったことになる。

亜雅沙②

 亜雅沙の言葉

 あなたの足はくさい!!

を言うとき、「あなたの~」で1度言葉を切って、

「臭い!!」と大声で叫ぶ方がいいと思う。

佐野刑事

 佐野刑事が上靴の中敷きをにおったとき、バッと離して顔をしかめると、強力脱臭剤が使ってあるということが、余計はっきりしてくるんじゃないだろうか。

 

 以上がだいたいのところです。

 他にも細かいところがいくつかあったんですけど、TK先生も言ってたし、わかっている人もいるんじゃないかと思います。

 でも、けっこう進んでますね。

 裏方としては頼もしいです。

 陰で支えるのは私たちですけれど、やはり出演者が劇を成功させるためにがんばってもらわないと…。

 文化祭で、みんなを感動させる劇ができたらいいですね。

記録202

 ぶたいれんしゅーの時と、ふつーのれんしゅーの時と、キャストの人、なんか違うんよね-。

 ふつーのれんしゅーの方がうまい

もへちゃん
もへちゃん

 特に、記録202は気になる!

 練習でできんこと(できないこと)は、当然、本番ではできないし、練習してないことを本番でやるなんてことも無理。

 練習をすればするほど、やったことを本番で100%発揮できる。

 練習(繰り返し)が少ないと、やったことの70%とか60%ぐらいしか本番で出せない。

もへちゃん
もへちゃん

 あと2日間の課題は、本番で100%を出すための努力!

 そろそろ時間を計ってみるのもいいかも。

 気合いが入る。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

ダメ出しのタイミングって何日前まで?

 もへちゃんは1987年当時、全く演劇指導ができませんでした。

 後年、反戦平和劇づくりを子どもたちととりくむ中で、少しずつ指導できるようになっていきました。

 演劇指導に自信をもってとりくめるようになった後年、もへちゃんの演劇指導では「ダメ出し」を重要視してました。

 では、「ダメ出し」するのは何日前まででしょう?

 

 もへちゃんの場合、リハーサル後はもちろんですが…。

 午前と午後の2回公演してた時は、午前の部が終わった直後にもダメ出ししてました。

反戦平和劇 2回公演

 2010年、反戦平和劇を市の文化会館で、2回公演し始めました。

 「午前の部」と「午後の部」の2回公演です。

  • 午前の部は、校内の生徒に見せる
  • 午後は、保護者・地域の方・来年進学してくる小6生たちに見せる

 2回公演のいいところは、午前の部を「最終リハーサル」と位置づけられることです。

 なので、平和集会実行委員の子たちは、午前の部をさほど緊張せず迎えます。

 そして、午前の部終了後のダメ出しを真剣に聞いて、最後の最後に活かそうと努力してくれてました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました