スポンサーリンク

体育会(運動会)練習中にも、楽々通信シリーズ③「みんな」論

2021/05/10

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

技「画像で紙面を埋める」が使えない(>_<)

 体育会(運動会)の練習期間中に、もへちゃんは出張に行くことになりました。

 だから、その日の練習を写真に撮れませんでした。

 当然、次の日は「体育会(運動会)の練習期間中でも楽々・通信を書く」ため、わざ「画像で紙面を埋める」が使えないわけです。

 でも、こんな時のために、

もへちゃん
もへちゃん

 「体育会(運動会)の時だからこそ、書きたいってネタ」をいくつか持っているのです(^^)

 「体育会(運動会)の練習期間中でも楽々・通信を書こう」シリーズ 第3回目は、この年の体育会スローガンに「◯中魂」という言葉があったので、「魂」について書き始め、体育会(運動会)の時だからこそ書きたいと思っている「みんな」に結びつけた通信「◯◯◯中学校3学年だよりミニ No.21」(2018年5月14日発行)を紹介します。

 先週の金曜日(5/11)は、私は午後から出張だったので、体育会の練習に出ることができませんでした。

 なので写真がありません。

 私、写ってるかなぁ

 うちの子、載ってないかなぁ

と楽しみにされていた方、ごめんなさい(_ _)

 そこで、今回は、久々に文字ばっかりの通信です。

◯◯魂

 もう20年以上前のことです。

 たまたま、とんねるずのテレビ番組を見ていたら、木梨きなし憲武のりたけさん(最近では「いぬやしき」という映画に出られています。下の写真の上の人)が、スポーツ対決みたいなことをしていました。

東宝WEB SITE 「いぬやしき」より引用


 ピンチになったとき、木梨さんが

帝京ていきょうだましいぃぃ!

と叫んで、気合いを入れました。

 彼は、帝京高校のサッカー部(当時、何度も日本一になった強豪校)で、とことん鍛えられた経験を持っています。

 サッカー部時代、

  • どんなきつい時でも、へこたれることを許されなかった厳しさ
  • それを乗り越えてきた経験と自信

が、木梨さんの中の「帝京魂」なんだろうなぁと感じました。

 だから私は、「◯中魂」も、簡単なことを成功しただけで獲得できるとは思っていません。

「みんなで」

 例えば「本当にみんなで感動しようと、行動していますか?」という言葉。

 運動の得意な人が1位になって感動するのは、簡単なことです。

 また、ブロックリーダーが体育会の直後、一生懸命とりくんだ日々を振り返って涙する姿もよく見ます。

 感動するからです。

 運動が得意な人やブロックリーダーにとっては、「感動する」というのは達成できそうな目標です。

 けれど、「みんなで」という4文字がついたとたん、とても達成困難な目標になるのです。

もへちゃん
もへちゃん

 「みんな」…ですよ!

 校長先生は結団式の日に

 798名が…

と言われました。

 「みんな」ということは、798名中797名が感動したとしても、ダメなんです。

 学校をお休みがちな人をも含めて、「みんなで感動」しなければならないのです。

 お休みがちな人だけではありません。

  • 運動が苦手な人
  • 人とのコミュニケーションが苦手な人

 798名中798名が感動する体育会を求め続けなければならないのです。

「みんなで」は達成困難

 そのために、あなたはどんな「行動していますか?」

 本当に「みんなで感動しよう」と、行動しよう

って、きれいな言葉を口にするだけで「やっているつもり」になっているんなら、それは決して達成しないでしょう。

 だから、「みんなが達成する」という目標は、とてもとても困難な目標です。

もへちゃん
もへちゃん

 もへちゃんの数学の授業を受けている2組、6組の人は身にしみていると思います。笑

 数学の授業だけじゃありません。

 これからの人生で、「みんなが、目標を達成できない」なんてことはしょっちゅうです。

もへちゃん
もへちゃん

 けれどね

「『みんなが目標を達成する』ことをあきらめない」

ことなら、毎日でもできるんです。

 そのことにこだわり続ければ!

 強い強い気持ちを持ってさえいれば!!

 そしてその姿は、とてもとても美しいと私は思います。

◯中魂

 「◯中魂」の一つとして

  • 『みんなが、目標を達成する』ことを、最後の最後まであきらめない

というのがあるといいなと思います。

 木梨さんが身に付けた「帝京魂」は、彼が高校時代、言葉で教えられたわけではなく、きつい練習の中で、身体にしみこんでいったものです。

 私は、「◯中魂」もそうやってしか、みんなの中にしみこんでいかないと思います。

『みんなが、目標を達成する』ことを、最後の最後まであきらめない

このことを、行動し続けることで、「◯中魂」が心の中に生まれるのです。

もへちゃん
もへちゃん

 3年生に期待します(^^)

 そして、そんな君たちの背中を見た後輩たちが「『みんなが、目標を達成する』ことを、最後の最後まであきらめない」=「◯中魂」を伝承してくれたら、すごいことだと思います。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 この「みんな」論は、『学び合い』の考え方で授業をする際に、いろんな言葉に替えて、絶えず子どもたちに語り続ける内容です。

 ちなみに、もへちゃんは数学を教えていましたが、数学、理科、体育は、「みんなで目標を達成する」ことがとても困難な教科だと思っています。

 なぜなら、この3教科は、子どもたちの力量の差が大きいからです。

 例えば数学の時間

今日のめあて

 みんなが、連立方程式の加減法の解き方がわかり、学習プリントの問5を解けるようになる

って目標を立てたとします。

 連立方程式は中2で学習しますが、クラスの中には

  • かけ算九九があやしい子

もいれば

  • 高校数学の問題を解ける子

もいたりします。

 そんな中で「みんなが、目標を達成する」って、とても困難なのです(>_<)

めあて達成のためなら

 そこでもへちゃんは

もへちゃん
もへちゃん

 目標達成のためなら、法に触れないなら何をしてもOK!

 必要なものや事柄があるなら、もへちゃんが準備するよ。

と言い続けます。

 ある時、

 先生、友だちに教えるためにホワイトボードが欲しいです。

と言われました。

 もへちゃんは100均で10枚買って来て、次の時間、意気揚々として授業に行きました。

 子どもたちは、ホワイトボードを持って、いろんなところで教え合いはじめました。

 そんな子たちの姿を見ながら

もへちゃん
もへちゃん

 よしよし、頑張ってる(^^)

と思っているもへちゃんに数人の子が

 先生、10枚じゃ足りません(T_T)

 次の時間、ホワイトボードをさらに15枚プラスしたのは、言うまでもありません(^^)

「『みんなが、目標を達成する』ことを、最後の最後まであきらめない」ことなら、毎時間できる

 それでも、数学や理科、体育で目標を達成することは、なかなかありません。

 なので、もへちゃんはこんな風に話します。

もへちゃん
もへちゃん

 数学で、目標を達成するのは、非常に困難です。

 たぶん、年に数回しかありません。

 でも、諦めるまい!

 大人になり、仕事に就いたら、50分で目標を達成するなんてこと、たぶん無いです。

 5年、10年かけてプロジェクトにとりくむ…なんてこと、ざらにあります。

 1日1日は目標を達成できなくとも、目標達成のために進み続けるんです。

 その日1日で目標は達成できなくても、

「『目標達成すること』を最後の最後まであきらめないこと」

なら、毎回できるんです!

 だから毎時間、「目標を達成しよう」と信じて、とりくみ続けましょう。

 その先に「年に数回の奇跡」があるんです(^o^)

コマーシャル

 今回触れた『学び合い』の考え方については、過去2冊、本に書きました(^^)

 中学数学の先生はもちろん、『学び合い』の考え方をもっと知りたいと思われる方は、ぜひどうぞm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました