スポンサーリンク

男子のからだの奇跡…思春期へのメッセージ⑨(性教育)

2020/10/21

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 もへちゃん流 性教育「思春期へのメッセージ」の3時間目で、女の人のからだについて、感性を揺さぶる授業にとりくみました。

 4時間目は、男の人のからだについての授業です。

 女の人のからだに負けないくらいの「いのちの不思議」を子どもたちに伝えたい!

 今回も、通信にはまとめてなかったので、どんな授業をしたのかの報告ですm(_ _)m

思春期へのメッセージ(4時間目)

思春期って何?

もへちゃん
もへちゃん

 「思春期へのメッセージ」って授業をすすめてきてるけど、そもそも思春期って何だろう?

う~ん…

え~と…

もへちゃん
もへちゃん

 子どもが大人へと成長するための移行期間のこと。

 女子と男子で違うし、個人差もあるけど、おおざっぱに言うと8歳くらいから17、18歳くらいまでの時期です。

 「第2次性徴せいちょう期」とも言うね。

 女の人の場合、脳下垂体のうかすいたいってとこでつくられたホルモンが、卵巣に働きかけると「女性ホルモン」がつくられる

 前の時間にやったけど、女の人は顔がふっくらしたり、腰幅が大きくなったり、おっぱいが大きくなったり、生理が始まったりする。

 では、男の人はどんな変化があると思う?

毛が生える

声変わりする

ひげ?

もへちゃん
もへちゃん

 そうそう

 他にもこんなのがあります

現代教育実践文庫「性」と「生」の授業(太郎次郎社刊)より引用
もへちゃん
もへちゃん

 これらも、脳下垂体からのホルモンが◯◯に働きかけ、「男性ホルモン」がつくられることから起こるんだけど、◯◯には何が入るでしょう?

精巣!

もへちゃん
もへちゃん

 正解です。

 でも、この図にはわざと書いてないんだけど、もっと大事なことがあるんです。

 何だと思う?

???

もへちゃん
もへちゃん

 ヒントは、前の授業。

 女の人だけでは赤ちゃんができなかった。

 子宮に来た卵子が、それに出会わなければ流れちゃう。

精子!

もへちゃん
もへちゃん

 正解です。

 これが精子です。

 精子の大きさは0.05~0.06mm。

 卵子の1/1010分の1です。

精子 人体の神秘(竹内均監修、教育社刊)より引用

睾丸(精巣)の不思議

もへちゃん
もへちゃん

 今日の授業は、精子ができる場所についての勉強。

 言い換えると「睾丸」の勉強です。

シーン…

クスクス

現代教育実践文庫 「性」と「生」の授業(太郎次郎社刊)より引用
もへちゃん
もへちゃん

 卵子もそうだったけど、精子も赤ちゃんのもとになるものです。

 ここ「睾丸」でできます。

 「精巣せいそう」とも言います。

 中にはウズラの卵くらいの球が左右に1つずつ入ってます。

 女性の場合、これとよく似た「卵巣」はからだの中に入ってたけど、睾丸は、からだの外にぶら下がってます。

 なぜ外にあるのでしょう?

???

もへちゃん
もへちゃん

 ヒントは、

精子は熱さに弱い!

 なら、冷やすためかな?

もへちゃん
もへちゃん

 正解です。

 男子はわかると思うけど、睾丸を包んでいる皮は、暑い夏は伸びてて、寒い冬は縮んでる。

 暑いときは、表面積を広くして、空気に接する面を多くすることで、体温より1度低くしてるらしい。

 寒いときは、表面積を小さくすることで、冷えから守ってるってことやね。

おお~

もへちゃん
もへちゃん

 思春期になると、睾丸で精子が作られ始める。

 中はこんなになってます。

現代教育実践文庫 「性」と「生」の授業(太郎次郎社刊)より引用
もへちゃん
もへちゃん

 うずらの卵くらいの大きさの睾丸の中に「精細管」という細い管がクネクネとぎっしりつまっていて、この中で精子は育ってきます。

 この管を全部つなぎあわせると1200mくらいになるんだそうです。

 1200mm(1m20cm)じゃないよ、1200メートル

おお~

もへちゃん
もへちゃん

 青年期には、睾丸は1日に7000万個の精子を作り出します。

 7000万と言われてもピンと来ないかな。

 1秒間に1000個の精子が作られているってことです。

 人類は21世紀になり、科学を発展させてきたけれど、どんな精密な工場でも、これだけの仕事をやってのけるところはどこにもありません。

 精密だから、体温より1度下げる工夫も重要なのです。

 すごいね。

 不思議やね。

 男の人は、次のいのちのためにこんなに精密なことをやってる。

 女の人の「卵巣」も不思議なことがいっぱいだったけど、精子ができる睾丸にも、いのちを育てる不思議なことがいっぱいやろ。

 次のいのちのための卵巣があるから、女子のおなかを蹴っちゃいけない。

 次のいのちのための精巣があるから、男子の睾丸を蹴っちゃいけないわけです。

うんうん

もへちゃん
もへちゃん

 さて、1秒間で1000個作られた精子は睾丸に貯まる。

 精子がいっぱいになると、あるとき、精管という長い管を通ってからだの中に入り、ぼうこうの後ろを通る。

 さらに前立腺ってところを通り、尿道といっしょに、ペニスの先から飛び出すようになる。

 あっ、精子がペニスから飛び出す時には、ぼうこうと精管が1つになるところが自然に閉まるようになってるから、おしっこと精子は絶対交じることはない。

 ここも精密やね。

 飛び出した精子は、白いネバネバした液体(精液という)で、スプーン1杯くらいの量が出る。

 初めて精液がペニスから飛び出すことを「精通」と言って、個人差があるけれど、だいたい10歳~18歳で体験します。

 エッチな夢を見て、ペニスが固く大きくなって、精液が飛び出して、パンツを濡らすこともある。

 これはおめでたいこと、だって一人前の大人になったということなんだから。

 おわりに

もへちゃん
もへちゃん

「思春期へのメッセージ」の授業は、このあと

  • セックスのこと
  • 愛について(大脳皮質と本能)

と展開するつもりだったのですが、やれませんでした。

 特に「愛について」は、きちんとしたかったのですが…

愛について(古い脳と新しい脳の話)…あらすじ

 本能(古い脳、大脳辺縁系)は、動物が生存するために必要です。

 人間も動物である以上、本能は必要です。

 本能とは、食欲・性欲・睡眠欲などです。

 思春期になると異性のことに興味を持ったり、セックスに興味をもったりするのは本能の働き(性欲)によるもので、自然なことなのです。

 もしこれが「自然なこと」でなかったら、人間という種は途絶えていたに違いありません。

 しかし、人間だけは動物と違い、

  • 子どもが生まれたら、育てられるだろうか
  • 好きだけど、この人を一生愛せるだろうか
  • 今、どうすることが正しいんだろう

と考えることができます。

 そういう判断は、新しい脳(大脳皮質)が行います。

現代教育実践文庫 「性」と「生」の授業(太郎次郎社刊)より引用

 セックスしたいという欲求を「それって正しいこと?」と判断するのが、新しい脳なのです。

 判断する力が弱い(新しい脳より古い脳に支配されている)と、痴漢になったりもするわけです。

  • 「愛してる」=「セックスしたい」と結びつけるのは古い脳
  • 「愛してる」=「相手を幸せにするにはどうしたらいいか」と考えるのが新しい脳

 本当に好きな人ができたら、君の行動は「古い脳」に支配されるのか?

 それとも「新しい脳」なのか?

 どうあるべきなんだろう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました