スポンサーリンク

中1生の生徒会改選

2022/11/29

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 もへちゃんは先生時代、生徒会指導に長く関わりました。

 「荒れ」て、先生方も元気をなくしてしまっていた学校でも、生徒会活動を通して子どもたちのセルフイメージを高めようと、生徒会役員の子たちとともに様々なことにとりくみました。

 この時の学校には10年勤務しましたが、年を追うごとに子どもたちは落ち着きを取り戻し、自らの学校を誇りに思うようになっていきました。

 今回紹介する通信は、この時の学校改革9年目の生徒会改選前に中1生に発行した学級通信「学級記録 No.40」(1999年11月26日発行)です。

生徒会

 期末が終わった!

 後悔しないよう頑張れたろうか?

 「自分か作った目標」「学級で作った目標」、クリアーしたいね。

生徒会役員選挙

 さて、期末が終わると生徒会選挙がやって来る。

1年でも2年でも
立候補できるポスト
1年しか立候補
できないポスト
2年しか立候補
できないポスト
会長(1名)1年副会長(1名)2年副会長(1名)
書記(1名)1年 生活委員長(1名)2年 生活委員長(1名)
会計(1名)1年 部活動委員長(1名)2年 部活動委員長(1名)

 9人の生徒会執行部を選出することになる。

1993年からの生徒会改革

 生徒会執行部が行ってきた活動を一言でで表すとすると

 誰もが「学校は好き」と言えるような学校づくり

になる。

 今から6年前、目の前でいじめがあっているのを止められなかった子が、執行部の1人として選ばれた。

 そして

 いじめられてたら、「学校を好き」って思うわけ無い。

 それを、見て見ぬふりしてる私たちも「学校を好き」って、心から思えない。

と執行部会で意見を出した。

 長い長い話し合いの末、彼ら彼女らが出した結論は

 でも、「学校は好き」と言えるようになりたい

だった。

 そして、それを叶えるため、生徒会活動をし始めたんだ。

  • ある年は「キーワードは『感動』」と言いながら、様々な活動を生み出した
    • 平和劇を始めたのもこの年だった
    • 人権クラブもこの年にできた
  • ある年は、それまで「学級対抗制」だった体育祭を、「紅白ブロック制」にした
    • 「学校全体で体育祭を盛り上げたい」と考えたからだ
  • しかし、「学級対抗制」にしたのも、それより数年前の生徒会執行部だった
    • 「力の支配」「いじめ」「裏校則」…などで、「体育祭をしたくない」という考えが半数近くになった年があり、「まず学級で団結しよう」「上下関係を断ち切ろう」と考えた末の選択だった
  • ある年は、1月にある「ほうげんぎょう(どんど焼き)・部活動対抗駅伝」が10周年だったので、PTAの役員の方たちとともに「全校カラオケ大会(豪華賞品付き)」をしたこともあった
どんど焼き 写真ACから引用
もへちゃん
もへちゃん

 そんな生徒会の活動を学んでみないか?

 次期の生徒会の主役は、なんと言っても2年生だ。

 2年生がつくる生徒会活動に学びながら、来年の冬以降、学校全体に感動を呼び起こせる学年になるため、1年生も執行部に位置付いて欲しい。


保護者の方へ

 11/25号の「見ましたカード」ありがとうございます。

 全部の紹介は難しいので、ぼちぼち紹介させてもらいます。

 「学年だより」「学級記録」とも、手書きになっているので、書いた人のあたたが伝わってきます。

 いいなぁと以前から思ってました。

 大変だと思いますが、これからも宜しくお願いします。

もへちゃん
もへちゃん

 ありがとうございます。

 がんばります。

 S先生(学年だより担当)にも伝えておきます。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 「生徒会活動の活性化」や「質の高い平和集会」等で、子どもたちのセルフイメージを高めていくという手法で、もへちゃんは学校改革を子どもたちとともにとりくみました。

 残念ながら、このとりくみは2~3年で成果は出ません。

 少なくとも5年、時には8年かかったこともあります。

 しかし子どもたちのセルフイメージが高まると、「その姿に憧れる後輩たちがさらに先輩たちを超えようとする」…そんな好循環が生まれました。

 

 ちなみに、もへちゃんが勤務してた地域には、強引な手法で学校改革にとりくむ管理職の先生(例えば、「やんちゃをする子を登校させない」とか)もいらっしゃいました。

 しかし管理職の先生は3~4年しか、その学校にはいらっしゃいません。

 強引なとりくみは、その管理職がいなくなると反動を生み、その学校はまた「荒れ」ます。

 

 なので、もへちゃんは「子どものセルフイメージを高めること」こそ、学校の求めるべき姿だと、今でも思っています。

 そして、それは子どもたちとともにやることでしか、とりくめないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました