ただ読むだけなんて、もったいない!日航機墜落事故・河口博次さんのメモを読む授業②

2020/08/13

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 今回は、前回に引き続き、日航機墜落事故の河口博次さんのメモの授業のことを書きます。

 前回は1992年、今回紹介するのは1996年、ともに中3生に向けてこの授業をしました。

 4年経ってもへちゃんの授業は、かなりパワーアップしました。

 さて、どう変わったのか?!

 ではそれがわかる「学級記録 No.25」(1996年6月27日発行)を紹介します。

マリエ 津慶(つよし) 知代子

 昨日の道徳で、1985年に起きた日航機墜落事故の乗客の1人である河口博次さんの手帳のメモを読んだ。

 震える手にペンを持ち、まもなくやってくるであろう「死」をひしひしと感じながら、この父さんがとった行動に、僕は胸がいっぱいになった。

 映画でもない

 小説でもない

 すべてが事実なのだ。

 もし、僕がその飛行機に乗っていたとしたらどうしただろう?

もへちゃん
もへちゃん

 こんなことあるわけない。

 夢なら早く覚めろ!

もへちゃん
もへちゃん

 僕がどんな悪いことをしたと言うんだ。

 なぜこんな仕打ちを受けなければならないんだ

 

もへちゃん
もへちゃん

 本当に死ぬのか?

 いやだ

 いやだ

 いやだー

 そして、やっぱり家族のことを考えると思う。

 ふだん、わが子から

怒りんぼ父さん

とか言われてるけど、僕も家族の1人ひとりのことをかんがえると思う。

 いろんなことが頭を浮かぶだろう。

 そして1番最初のページには…

 

もへちゃん
もへちゃん

 わからない…

 もしそうなったら、僕はどんな言葉を書くのだろうか

この授業のために、家庭訪問で…

 家庭訪問で、保護者の一言を録音して回った。

 どこのお家でも真剣に考えてくれた。

  • 何を言おうかと、家庭訪問の時間を超えてまで悩んだ親
  • 最後の方が涙声になった親
  • いろんなことが頭に浮かんだのか、途中で言葉が途切れた親

 「親」ということを、僕は今回の家庭訪問で学ばせてもらった。

 いつも怒ってばっかりで…

 心の中では思っていても、言葉に出すことはないですねぇ

 という方が多かった。

 けれども、みんな答えてくれた。

 わが子に語りかけるようにして。

もし君だったら

 君は、自分へのメッセージを聞いてどう思ったろうか。

 そして、君がもしメッセージを残すとしたら、どんな一言になるのだろうか。

河口さんの手帳の1ページ目

  僕は、河口さんの手帳の1ページ目の

マリエ 津慶 知代子

どうか仲よく がんばって

ママを助けて下さい

河口博次さんの手帳より引用

 たったこれだけの、ありふれた言葉の中に、ビッシリと詰まった思いを、すごく感じる。

 忘れられない言葉だ。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 1992年の授業と違うところは、事前に保護者からの一言を録音して、授業後半に子どもたちに聞かせたという点です。

 家庭訪問で、保護者に、河口さんの手帳を使っての授業のことを説明したあとに

  • 子どもの名前は呼ばないでください
  • お説教にはならないようにしてください

というお願いをしました。

 保護者は、わが子が病気になった時のこと、事故にあった日のこと、小さい頃から仕事で忙しくて構ってあげられなかったこと…をメッセージに入れてくれました。

 中には「恥ずかしいから、向こうの部屋で録音してきていい?」と言われた方もいらっしゃいました。

授業後半

 授業の後半で

「おうちの方から君にメッセージをもらってます。でも、名前を呼ばないでってお願いしたから、誰のことを言ってるかはわかりません。さぁ君は、お家の方のメッセージに気づけるかな?」

と言った後、録音してきたメッセージを聞かせました。

子どもたちは全員、保護者の声を聞き取ることができたか?

 子どもたちは、全員、自分へのメッセージを受け取ることができました。

 14~15年毎日聞いている声です。

 聞き間違えようがないのです。

 そして親子ともども、普段は言わない・聞けない「心の中に秘めた思い」を確認し合えました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました