怠けるときにそのひとを思えば鞭うたれる、そんな友がほしい

2020/12/28

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 3つ前の記事「12月31日にしてほしいこと、1月1日にしてほしいこと」では、

 できれば、12月31日

 布団に入って、1人になってこの1年を振り返ってほしい。

 かっこつけたり、開き直るのではなく、1年の出来事を飾らない自分で反省してほしい。

 そして、1月1日

 1990年をどう生きるか

 将来にどのようにつなげていくのか、考えてみてほしい。

学級通信「道のべ No.76」(1989年12月22日発行)より引用

と書いた学級通信を紹介しました。

 1月1日に「目標」を立てるというのは、とても意味のあることだと、もへちゃんは思っています。

 けれど、

  • 「目標」が、言葉だけになってしまったり
  • 本気で、目標を達成しようとしてなかったり

するのであれば、1月1日に「目標」を立てることは単なる「パフォーマンス」になっちゃいます。

 そこで今回は、本気で目標を達成するために書いた「学級記録 No.31」(1995年12月21日発行)を紹介します。

英検受験

 1月20日(土)、英検が実施される。

 最初、受ける予定はHKくんたった1人だった。

 しかも、それはちょっとしたいたずら気分に対し、責任をとらされた形だった。

その「目標」、本気?

 そして数日後、班長会で

HKを1人ぼっちで、受けさせんめぇ

と確認がなされ、各班長からいろんな人が説得を受けた。

 その結果、IAさん、OSさん、NTくん、HYくん、KTくん、SCさん、TMくん、FYくん、KYくん、HKくんの10名が受検することになった。

記録70

 英検5級、迷ったけど、

 英検、去年のを見たけどけっこう難しい。

 勉強せんとあかん。

1班 NTくんの班ノートより

記録71

 うちの班は、全員、英検を受けることになった。

 3人は5級で、HYくんが4級を受ける。

 がんばろう。

1班 IAさんの班ノートより

 こんなムードが学級に拡まっていく中、6班は、先生から、班ノートの中で厳しい突き付けをされた。

6班の班ノートに書き込んだ赤ペンの返事

 6班の目標は「HKくんが勉強をがんばれる班になる」だった。

 しかし、今回の英検で6班は、HKくん以外、受検しなかった。

 もちろんお金のこととかもあるんだろうけど…

もへちゃん
もへちゃん

 じゃあ、それに代わるとりくみ…

(例えば、10分休みに単語カードを使って、暗記する手伝いをするとか)をしているか

と言えば、そうじゃない。

 目標が、言葉だけになっている。

 本気で目標を達成しようとしていない。

 それは、今の2の1のムードに、水を差すことになる。

 そんな赤ペンの返事を、6班の班ノートに、もへちゃんがびっしりと書き込んだ。

 6班のUHさんは、その赤ペンの返事を読んで

 厳しいねぇ

とつぶやいた。

6班以外は?

 各班は、本気で目標を達成しようとしているんだろろうか?

 「1人を支える(例えば、今回は、HKくんを2の1全体で支えようとしている)」ってことは、その人のためだけでなく、支えようとする側にもエネルギーを生み出す。

 英語が苦手やん

と班長会で言ってたKYくんも、HKくん応援のために英検を受ける。

 僕は、KYくんが合格して、自信をつけてほしいと願う。

 そのために、5班が、KYくんを支えるであろうことを信じたい。

冬休み突入

 「2学期が終わるから、とりくみも終わる」

 そんなの、本気じゃない証拠だ。

 冬休みに何ができるか、考えるべきだ。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 年の初めの「目標」を、言葉だけにしないためには、

  • 文字にすること
  • 貼り出すこと

は、有効だと思います。

 さらに、クラスの仲間が本気で支えてくれていたら、達成に向けてがんばれるって思いませんか?

 あいつ、今頃がんばりよるやろうなぁ。

 よぉし、おれもがんばろう!

 こんなふうに、その人のことを思うとがんばれる…そんなつながりのある学級は、すてきだと思います。

元ネタ紹介

 もへちゃんの愛読書「詞集 たいまつⅠ」の100番目の詞を紹介します。

 さびしいときにそのひとを思えば慰められる、そんな友はほしくない。

 怠けるときにそのひとを思えばむちうたれる、そんな友がほしい。

 友のために、私もそういうものでありたい。

詞集たいまつⅠ (むのたけじ著 評論社刊)より引用

コメント

タイトルとURLをコピーしました