脳内物質ドーパミンを用いて、実力を引き出すサイクルを作る

2020/11/09

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 もへちゃんが中3生の担任をしている年のこの時期(11月頃)は、「1日6時間勉強・6時間睡眠」を求めてました。

 中1生や中2生にこの話をするとたいてい

絶対無理ぃぃ

と言うのですが、そんな子たちの多くも中3生になり、受験が近づくにつれて1日6時間勉強するようになっていきました。

 今回は、そんな子が書いてきた4行日記の1文を使って書いた通信「3年7組学級記録 No.81」(2010年11月11日発行)を紹介します。

実力を引き出すサイクル

記録100

 最近、おかしくなってきたのかわかりませんが、勉強するのがちょっと楽しくなってきました。

 わかりませんが、難しい問題が解ける快感!?みたいのがあります。

◯◯さんの生活ノートより

脳内物質ドーパミン

 ◯◯さんが感じたこの楽しさは、僕も経験がある。

 いや、僕だけじゃなく、過去のもへちゃん組だった人の中にもいたし、僕自身の学生時代の友人にも

難問が解けたら気持ちいいっちゃんねぇ

と言ってる人が何人もいた。

  • あ~ね
  • わかった!
  • よっしゃあ、あってた!

 その時の言葉は人それぞれ。

アルキメデスは王様からの難問を解けた瞬間「ユリーカ(ヘウレーカ・わかった)」と叫びました。Wikipediaより引用

 けれど、脳の中で起こってることはみんな同じなんだ。

 「あ~ね」と思った瞬間、脳を活性化させる脳内ホルモンが大量に分泌され、強い幸福感や快感を感じる。

 小さな子どもを観察してみると、このことはよくわかる。

小さな子どもが言葉をおぼえる時

 子どもは言葉をおぼえようとするとき、

おぼえなさい

と怒られるから、頑張るわけではない。

 テストや入試があるから、頑張るわけではない。

ママ

と言えた赤ちゃんに

お~よしよし

「ママ」って言えたね~

と褒めると、赤ちゃんはにっこり微笑む。

 そしてまたどんどん言葉をおぼえようとする。

 小さな子どもにとって、言葉を喋られることは喜びなんだ。

 君たちも、記憶に残っていないくらい幼い頃「できることの喜び」を毎日のように味わいながら、言葉を学んだ。

 その心地よさが、さらに言葉をおぼえる原動力になったから、日本語を自由自在にあつかえるようになったんだ。

 「わかること」「できること」は、人間にとって本来心地いいことなんだ。

サイクル発動の条件

 けれど15年の人生を歩んできた君たちは、「ママ」と言えても快感を得ることはできない。

 難しいこと、未経験なことを苦労して成し遂げた時、脳内ホルモンが分泌され、強い幸福感が生じる。

 そして、この幸福感はクセになり、また味わいたいと、さらに頑張り始める。

 言葉をおぼえた人なら誰もが、そのサイクルを脳の中に持っている。

 このサイクルの効果は絶大だ。

 未発達の脳の小さな子どもでさえ、難解な日本語を使いこなすまで持って行けるのだから(英語の勉強で苦労している人なら、そのすごさがさらにわかるかな?)。

 ただし、このサイクルを発動させるための重要な点は、まず自分が苦労し、頑張って、そして成し遂げなきゃならないってこと。

  • 人から「させられてる」人
  • 「楽をしようとする」人
  • 「頑張ってない」人

は、いつまで待っても、この実力を引き出すサイクルは動き出さないだろう。

 一旦、動き始めた人は、グイグイ実力を引き出せるようになる。

 ◯◯さんに続け。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 小学校時代のつまずきや、中1、中2時代のつまずき以降、「学ぶ」ことが苦痛になっている子どもがいます。

 高校時代のもへちゃんもそうでした。

 その後、つまずいた所から時間をかけて(1日17時間勉強)取り戻す経験(大学受験)をしました。

 おかげで、つまずいて「学ぶ」ことが苦痛になっている子どもに、取り戻し方を具体的に話せます(^^)/

 今、勉強が苦痛な子どもが、それを乗り越えることができたら、その子が親となったとき、わが子に乗り越え方をアドバイスできるに違いありません。

 親になったときに初めて「子どもの頃、頑張った甲斐があった」と思う…そんな頑張りも素敵だと思います。

 もへちゃん組の卒業生の人で、このブログを読んでるあなた、あなたはそんな1人ですよね(^o^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました