「担任自身の新年の抱負」…新年最初の学級通信、学年通信③

2021/01/06

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 今日(2021年1月6日)、東京都の新規感染者が過去最高の1591人!

 もへちゃんの住む福岡も、過去最高の316人!!

 1都3県では、1月8日から緊急事態宣言を発出するようです。

 ただし、学校の休校は行われないとニュース等では述べてました。

 なので、全国の学校で、通信等で新年の挨拶は可能です。

 そこで、新年の挨拶シリーズは、学校が始まるであろう1月8日の前日まで続けるつもりです。

 今回は、中2生宛てに、担任自身の新年の抱負について書いた「学級記録 No.33」(1996年1月10日発行)を紹介します。

もへちゃんの1年の抱負

 新年、あけましておめでとう。

 君たちにとって、激動の1年の幕開けだ。

 今まで生きてきた14年間の中で、1度も経験したことがない試練(高校入試等)に向かって、準備する1年だからだ。

  • 宿題忘れても
  • 勉強わからんでも
  • 遅刻をしても
  • 病気でテストを受けれんでも
  • こっそりガムやお菓子を食べても

怒られたりはしても、許してもらえたし、その後もなんとかなった。

初めて経験する「社会の厳しさ」

 しかし、入試はなんとかならないものなのだ。

 いや、そもそもこの世で、「いい加減にしてなんとかなる」ってことの方が少ないのだ。

 はじめて経験する「社会の厳しさ」…それが高校入試や就職試験ってわけだ。

もへちゃんの1年の抱負

 そこで、僕にとっての1年の抱負

  • 1人ひとりの進路を、がっちりつかませる担任になる
  • 一生の思い出に残るクラスを作る
  • ◯◯中の数学の実力(生徒全体)をアップさせる
  • 楽しく、わかる授業を工夫する
  • 生徒会で、生徒会スローガン「話してみよう、信じてみよう、語ってみよう」を達成する方向のとりくみをたくさんする
  • コンピューターを使いこなせるようになる
  • バスケ部が筑前大会に行けるよう、練習試合をいろんなところに頼む
  • 家族でキャンプに何度も行く
  • バイクで◯◯先生とツーリングに行く

 みんなの抱負も見せてもらった。

イラストACからのイラスト

 勉強のこと、部活のこと、社会体育(野球やバドミントン)のこと、生活のこと…

 1人ひとりの決意を、自分自身でかなえてほしい。

 1996年のこの1年は、君の人生に大きな影響を与える1年なのだから。

社会の厳しさなんて味わいたくない

社会の厳しさなんて味わいたくない

子どものままがいい

と思う人もいるだろう。

 しかし、時間は確実に過ぎるし、君は確実に大人に近づいていく。

 大切なのは「どんな大人になるか」であって、「どうやって厳しさから逃れるか」ではないんだ。

  • 君の中に眠る才能を見つけよう
  • 君の得意分野を発見しよう
  • 君の求める夢(いいかげんなものでなく、本気で求めていくもの)をはっきりさせよう

 それが、君の進路選択につながる>

 これらのことのタイムリミットは、1996年12月の三者面談。

 それまでの日々を「長い」ととるか、「短い」ととるか…

 何はともあれ、1996年は始まった。

 中学2年は、あと2ヶ月と12日で終わる(休みの日を除けば、あと55日)。

 そしたら、中学3年生、

進路決定の年だ!

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 もへちゃんは「新年の抱負」って大事にする派です。

 しかし、「新年に立てた決意って、続かないことが多い」ってことも知ってます(笑)

 でも大丈夫(^^)

 なぜなら

もへちゃん
もへちゃん

人間、誰しも最初は3日坊主!

と思っているからです。

3日坊主じゃダメじゃん

 最初は「3日坊主」でいいのです。

 次は「5日坊主」を目指すんです。

 その次は「1週間坊主」

 そして

「10日坊主」

「1ヶ月坊主」

「3ヶ月坊主」

「半年坊主」

「1年坊主」

「10年坊主」

「一生坊主」

 このことは、このブログで書いたことがあります ↓

 中3生担任の年だと、受験直前なので、こんな感じの「長期的展望」は語れませんが、中1生や中2生ならば、ありだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました