スポンサーリンク

発育測定ネタで、集団の質を問う

2021/04/12

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 前回のブログで、もへちゃんは「身体検査」という言葉ではなく、「発育測定」という言葉を使うようにこだわっていることを書きました。

 今回紹介する通信は、ずばり「発育測定」と題した通信です。

 しかし「発育測定」ネタでありながら、集団の質を問う通信です。

 と言っても、発育測定がある時期は、年度当初の4月ですので、「学級集団」なんてものは、まだ芽生えてません。

 なのに、なぜ「集団の質」を問うような通信を書いたのか?

 それは、これから目指してほしい学級集団を、なんとなく感じてもらいたかったからです。

 では、「学級記録 No.2」(2005年4月12日発行)を紹介します。

発育測定

Aさんの思い

 僕の友だちのAさんは、とても気合いが入っている。

 大声で笑うし、体格もいい。

 髪も短く、自分のことを「自分は~」と言う。

 初めて会ったときは、

もへちゃん
もへちゃん

 男性かな?

と思ったほどだ。

 数年前、Aさんが就職試験を受けると聞いたので、仲間数人で集まって、試験対策の勉強会をはじめた。

 週1回の勉強会は、試験までの3ヶ月間、休むことなく行われた。

 ある勉強会の日

 その日は、面接の練習をしていた。

 面接官役の1人が次々と質問した。

 あなたは、なぜこの会社を選んだのですか?

 学生自体、何か部活動してきましたか?

 そこで学んだことがあれば教えてください

 Aさんは、ハキハキと元気よく答え続けた。

 アメリカでは、太っている人は自己管理できない人と言われるのだそうです。

 Aさん、あなたも太ってらっしゃるが、自己管理することは苦手なのですか?

 そう質問されると、今までハキハキと答えていたAさんが黙り込んだ。

 みるみる表情が曇った。

 応えようとするが、涙に声が詰まって言葉にならない。

 好きで…、

 好きで太ったんじゃないんです。

 小さい頃病気になって…、

 薬で…、

 副作用で…

 それ以上、話せなくなった。

 友だちづきあいをして、何年もたっていたけど、Aさんのこんな思いに気づきもしなかった自分が情けなかった。

今日は発育測定

 今日は視力検査、聴力検査、発育測定がある。

イラストACからのイラスト

 1人ひとりの身体の状況を知ることができる。

 それは「友を知る」第1歩である。

 けれども「どんな思いで日々を過ごしているのか」ということをわかろうとしなければ、それは表面的に「友を知る」ことでしかない。

 あの時、Aさんが泣きながら、言葉に詰まりながらじゃないと話せなかったように、自分の心に押し込んだ思いは、なかなか出せるもんじゃない。

「この人たちになら話せる」

 そう安心した時にやっと言葉にできるんだ。

 そんな仲間をめざそうや。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 前回のブログの「おわりに」で、「身体検査」ではなく「発育測定」という言葉を使っている理由について書きました。

 この言葉にこだわりを持っている養護教諭、

 この言葉にこだわりを持っている先生…

 そんな人たちが、学校全体の人権意識に影響を与えている学校が「発育測定」という言葉を使っています。

 けれど

 細かいことをチマチマと…

 悪意があって使ってるわけじゃない

 人権、人権って言う人ほど、言葉狩りをするよね

なんて反論をする人もいます(>_<)

 反論はしないけど、陰口をたたく方も、たまにいらっしゃいます(T_T)

ヒドゥンカリキュラム、隠れたカリキュラム

 もへちゃんが子どもの頃、クラスの名簿は男女別でした。

 36年間の先生人生では、前半分くらいが男女別名簿でした。

 この「男女別名簿」は、毎日毎日、ごく自然に使われる事により、子どもの心の中に

  • 男が先、女は後
  • 男が主、女は従
  • 男が優、女は劣

という意識をすりこむ原因になっているという意見があります。

 そのような教育の事を「隠れたカリキュラム」「ヒドゥンカリキュラム」と教育学では言います。

 だから現在の学校は、性別によらない名簿です。

 学校現場で先生方が言葉にこだわるのは、この「隠れたカリキュラム」を意識したとりくみだともへちゃんは思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました