スポンサーリンク

公立受検直前シリーズ④「『信じればかなう』ためには、努力がいる」

2021/03/05

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 公立受検直前シリーズ④で紹介する通信は、前回、紹介した「◯◯◯中学校3学年だよりミニ No.169」(2019年3月1日発行)の次に発行した通信です。

 「信じればかなう」を座右の銘にしているもへちゃんですが、

もへちゃん
もへちゃん

 あきらめを信じてしまったら、それもかなう(>_<)

とも思っています。

 では、あきらめないために必要なものって何でしょう?

 さらに、今回紹介する通信は、入り口は「受検ネタ」ですが、出口は「人生にとって大切なこと」です。

もへちゃん
もへちゃん

 えっ、どんなことかって?

 それは、読んでのお楽しみです(^^)

 「◯◯◯中学校3学年だよりミニ No.170」(2019年3月4日発行)を紹介します。

努力の上に花が咲く

 学年だよりミニ51号(このブログでは未発表m(_ _)m)「努力すれば望む結果を手にできるか」で登場したサッカーの本田選手の、小学校の卒業文集を見つけました。

 この文章を読みながら私が驚いたのは、「夢」のほとんどを達成していること。

 ワールドカップで日本代表になり活躍、ヨーロッパのセリエAに移籍し、背番号10番(サッカーでのエースナンバー)をつけて活躍もしました。

 もう一つの驚きは、「今はヘタだけど」という部分。

もへちゃん
もへちゃん

 本田選手は、才能あふれる天才肌ではなく、努力の人だったってことでしょ。

 さらに「世界一になるには、世界一練習しないとダメだ」と書いているってことは、

もへちゃん
もへちゃん

 本田選手のことだから、本当に、世界一練習したんだろうなぁ。

と感じました。

もへちゃんも「努力すれば、望む結果を手にできる」って思ってる

 私自身は、スポーツに関して才能を引き出すことはできませんでしたが、本田選手同様

もへちゃん
もへちゃん

 努力すれば、望む結果を手にできる(^^)

と思っています。

 なぜならば、私も努力によって、望んだものを手に入れたからです。

 私の努力内容は、「学校の先生になれる大学に入るだけの学力を、自分の中から引き出す」ことでした。

 高校受験では「1日6時間勉強」、大学受験では「1日…」、もう何度も書いたし、くどいのでやめときましょうね(笑)

 力一杯、努力しました。

 人生でこれほど、一生懸命学ぶことは、もうないだろうと思うくらいに。

 そしてその結果、夢がかなったから、今、あなたたちの前にいるわけです。

「信じればかなう」…でも、あきらめを信じたら、それもかなう(T_T)

 さて、前号の学年だよりミニで「信じればかなう」という座右の銘の1つを紹介しましたが、実は信じるだけでは弱いって思っています。

 というのは、「あ~もうダメかな」ってあきらめを信じてしまったら、本当にそれもかなっちゃうからです。

 だから私は、

もへちゃん
もへちゃん

 「あ~もうダメかな」と思わなくてすむほどの努力がいる

と思っています。

 そして、私の経験では、努力は決して裏切りませんでした。

 本田選手は、サッカーのNo.1プレーヤーになるために、私が想像できないような努力を積み重ねたのでしょうが、彼も「努力は決して裏切らない」と思っています。

 「努力の上に花が咲く」は、私の座右の銘の1つです。

努力の上に花が咲かなかった現実…それは「差別」

 ただし、努力の上に花が咲かない現実があったことを、私は知っています。

 人権学習「就職差別」で、あなたたちも学びました。

 差別です。

 努力して努力して合格するだけの力を引き出しても、就職試験で差別され、不合格にされた事件のことを学びました。

 怒りを持ったと思います。

 就職差別の人権学習では、差別の現実だけでなく、それに対しての闘い方を学びました。

 差別された人だけでなく、その周りの高校生たちも就職差別と闘ったことを知りました。

高校生たちがとった闘い方

  • 差別質問に対して「その質問については学校で答えなくていいと指導されていますが、それでも答えなければなりませんか」と返す。
  • その事実を学校に報告し、学校は労働局に報告する。
  • 国や県からその職場に指導が入る。

 その結果、今の福岡県では就職差別が激減しています。

 けれども、差別選考は「減った」とは言え、「0」ではないのです。

 つい数ヶ月前も、大学の医学部の入試で、差別選考があったことが、日本中で大問題になりました。

 もしあなたが、高校入試で、合格ラインより上の点数をとり、内申点でも十分に合格ラインに入っているのに、差別されて不合格になったとしたらどう感じますか?

 そう、今のあなたなら差別を「我がこと」として考えられるはずです。

 そんなの絶対に許せん!

ってまっとうな怒りが湧いてくると思います。

 世の中は、やはり「努力の上に花が咲く」べきなのです。

 それが差別のない世界です。

 「自分もよし 他人もよし」な世界です。

 差別のない世界めざして、ともに闘いましょう!

 「信じればかなう」のですから。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 今回、紹介した通信は、入り口は「受検ネタ」でしたが、最後は「人権ネタ」となりました。

 子どもたちは、秋頃に「就職差別」についての人権学習を受けていました。

 もちろん、その時感じた怒りは本物だと思いますが、受検直前の今、

 もし僕が差別されて、テストの出来もよくって、内申点も高いのに、落とされたら…

と考えさせるのは、

  • 忘れかけていたことを思い出させる

という消極的なねらいだけでなく、

  • 「我がこと」として再認識させる

という積極的な働きかけなのです。

 受検直前の今だからこそ、タイムリーなのです(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました