文化祭での巨大迷路(教室展示)の設計図と子どもたちの感想

2020/07/30

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 新型コロナウイルス感染症の影響で、今年(2020年)の文化祭が中止になる学校は多いのではないでしょうか?

 クラス対抗の合唱コンクールがメインだとそうなりますよねぇ。

 もへちゃんもクラス合唱大好きだから、とても残念です(>_<)

 けれど、もへちゃんは、文化祭って合唱ばかりじゃないことを知っています。

 教室展示でも、感動を共有した子どもたちがいたからです。

 では、巨大迷路のことを書いた学級通信「スバル No.81」(1988年11月7日発行)を紹介します。

迷路物語(ストーリー)②~迷路を作り上げた!このことは忘れられないこと~

記録231

 どうやらできそうですね。

 1の3が一番すごいですね。

 やった甲斐がありましたね。

 「一番すごい」

 まさにその通りだった。

 僕らはこのことを誇りにしていいじゃないか!!

記録232

 1の3で作った迷路、一生忘れないだろうなぁ。

 いや、私は絶対に忘れない。

 「作った」は「造った」になると思う。

 さっさっさ~と作ったものなんかでは、決してない。

 45人の手が、頭が協力し合って造りあげていったものなんだ。

 おまえら、すごいよ!

記録233

 とても楽しかった。

 迷路もよくできたし、本当に楽しい文化祭でした。

巨大迷路の設計図

学級通信スバル No.81に載せていた巨大迷路の設計図

1の3迷路大会 結果

名前タイム名前タイム名前タイム
A.T13″49N.I27″77K.H15″00
I.K19″39H.K26″28K.Y棄権
I.T12″19H.Y16″61S.Y48″29
I.R31″97H.G41″30T.A46″61
I.H29″51F.M19″21T.M棄権
O.M9″98M.K13″94T.S27″68
S.Y24″49Y.S28″12T.Y棄権
S.Y15″97Y.H21″88F.F43″57
S.M34″97A.T15″00M.Y1’53″25
T.H9″55I.M1’04″63M.M29″51
T.Y6″90I.M53″81M.H棄権
T.K10″21I.A棄権M.A棄権
N.K28″14O.S1’28″17M.M54″42
N.A24″05O.M2’21″93M.S28″34
N.A36″46K.S43″28Y.J37″12

 もへちゃんは11秒18

 優勝はT.Yさん!

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

設計図の補足

 1の3の教室の床は、こんなふうになってました。

 これを利用して、設計図をつくったわけです。

 設計図では道幅は7マスなので、たぶん56~70cmだったと思われます。

 そして、もへちゃんが要求した「身長より高い壁」は、天井にヒートン(よく見る金具)をズラーッとねじ込み、壁の上部を吊ることで解決しました。

 設計図だけを見てもけっこうむずかしいでしょ(^^)

 身長より高い壁で造ったですから、バリ難(むず)です!!

ヒートン Wikipediaより引用

 当時(1988年)は、スマホなんて当然ないので、迷路の画像を撮ってません。

 残念やなぁ(T_T)

大人の本気さを見せつけるつもりだったのに…

 ちなみにもへちゃんは、1の3迷路大会で、本気で優勝するつもりでした。

 担任をしているとこの手の勝負に挑むことがありますが、それって大人の本気さを見せるいい機会だと思っているからです。

 それなのに…(T_T)

 頭の中に設計図が入るほど作成に没頭し、展示の時間に何度も何度も挑戦してた子たちには叶いませんでした。

 なので、嬉しい敗北でもありました(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました