12月4日・中村哲さんを偲んで…本当の勇気とは(青い目の人形)

2020/12/04

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 昨年の今日、2019年12月4日、ペシャワール会 現地代表の中村 哲医師が亡くなりました。

 そこで『学び合い』シリーズはお休みして、中村哲さんを偲ぼうと思います。

 もへちゃんは以前、人権週間で催された講演でお話を聞いたことがありました。

 難民の医療活動だけでなく、用水路の建設を自ら重機に乗って行われていました。

 用水路で水を引けば、農地がよみがえり、難民が戻ってきて、生活ができるからです。

 もへちゃんの憧れる、まさに「行動」の人でした。

 中村哲さんのことを通信に書いたことはなかったのですが、中村さんの言動と重なる「本当の勇気」について書いた「学級記録 No.66」(2006年2月15日発行)を紹介します。

本当の勇気

 CAP(Child Assault Prevention=子どもへの暴力防止プログラム)のワークショップを2日間、のべ4時間受けた。

 そのうちの3時間を後ろから見せてもらった。

 「男らしさとは?」の問いに「勇気ある人」という答えが出た時、僕は「青い目の人形」のことを思い出した。

青い目の人形

 1927(昭和2)年4月に、当時悪化しつつあるアメリカと日本の関係を、なんとかいい方向に向けられないかと考えた人々が、いろんな人と協力して、約13000体の人形を日本全国の小学校や幼稚園に贈った。

青い目の人形 Wikipediaより引用

 その後、1941(昭和16)年12月10日、日本はイギリス、アメリカと戦争を始めた。

 いくつもの国を敵に回し、戦争は拡がる一方だった。

 1943(昭和18)年には、新聞に

青い目をした人形、憎いかたきだ許さんぞ

という記事が出た。

 文部省の役人も「そうすることは、当たり前だろう」という談話を発表した。

 人形たちは、竹やりで突き刺された。

 あるものは、火で焼かれた。

 あるものは、石をぶつけられた。

 あるものは、水に沈められた。

 贈られた時の歓迎ぶりも、その後の子どもたちが人形をとてもとても大切にしてきたことも、国の命令の前では無力だった。

 けれども、「人形には何にも罪はない。これでは人形がかわいそうだ」と、見つかったらひどく罰せられることを承知の上で、隠した人がいたのだ。

 学校に見回りに来た兵隊から、隠し場所付近を探され、生きた心地がしなかったが、なんとか切り抜けた人がいたのだ。

 ただの人形まで、目のかたきとして、国民を戦争へ駆り立てようとした、当時の狂った世の中。

 人形を隠すということは、そんな世の中と対決することでもあった。

 静かな、しかし命をもかけたこの行為に、僕は「勇気」という言葉を感じる。

 約13000体贈られた人形で、現在(2006年の時点)残っているのは286体のみ。

 福岡県では3体だ。

 ケンカに強いとか、大声で相手をビビらせるとか、高いところに登れるとか…そういうのを「勇気」とはいわない。

 あえていうなら「蛮勇」だ。

 勇気を出して、人形を守った人の多くは女性だったという。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 自分には力がないから、「行動する」なんてできないと、子どもたちも、そしてもへちゃんも思いがちです。

 そんな自分をいましめる意味で2006年「青い人形」の話を、通信に書きました。

 そして、今回、このブログに書くことで、中村 哲さんのような、行動できる本当の勇気を持てる気がして…

コメント

タイトルとURLをコピーしました