年度末のお薦めのとりくみ「人名事典」②…もへちゃんとは

2021/03/16

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 中3生の卒業は一大行事ですが、中1、中2生も年度末です。

 だからこそ、中1・中2生の担任の先生の中には、1年間をふりかえる何かをしたくなる方も、少なからずいると思います。

 そこで前回から、もへちゃんが、2005年度末にとりくんだ、「人名事典」について書いてます。

人名事典の構成

 「人名事典」とは、クラスの1人ひとりがどんな人だったかを書いたものです。

 人名事典制作係を募集し、その子たちを中心にして、クラス34人だったので34ページと、もへちゃんの分も1ページ付けてくれました。

 さらに、表紙、「人名事典の読み方」、「1-4BIG NEWS」、裏表紙があり、合計39ページとなります。

 内容は、1年間、ともに過ごしてきて感じたことを、アンケートで募り、写真とともに書いたものです。

人名辞典の見方

 今回は、人名事典に書かれた「もへちゃん先生」について、紹介しようと思います。

 子どもたちは、もへちゃん先生をどう見ていたのでしょうか?

人名事典に書かれた「もへちゃん」

もへちゃん

★怒ったときは恐かったけど、優しかった。

★サイコロでの授業が、楽しかった。

☆他の先生が、思いつかないことをすること。

☆体育会の時の上下ジャージ(真っ赤)はすごかったデス。 目がチカチカしましたヨオオ~笑。

★そうじの極意を教えてくれて、ありがとうございました。

☆いろんな問題を、一緒になって考えてくれた。 いろいろとお世話になりました。

☆明るい。 おもしろい。 いつもニコニコしている。

☆わかりやすく数学をゲーム感覚で教えてくれました。 学級記録を頑張って書いてくれました。

★豆知識を知っている。

☆最初は「大丈夫カナ?」と思ったこともありますが(笑)、なんか革命的なこともやって楽しかったデス♪

★通常は、僕たちとなんら変わらないように合わせて、時に真剣に怒って指導したりと、今まで出会った先生では1番だと思う。

☆元気な熱血先生!! でも、オヤジギャグのイメージもある。

☆オヤジギャグが寒かったけど、おもしろかったです。

☆いろんな発想で、そうじを楽しくしてくれたこと。

☆生徒のことをよく考えている先生です。

☆1つひとつのことに全力でやっているのが、スゴイと思いました。

☆先生らし…………かった。

☆何でもおもしろい方法を考えてくれるところです。

実際の人名辞典には、もへちゃんの写真が載っています

 エゴグラムによると「喜怒哀楽の落差が激しく、特に怒りっぽいところが最大の特徴」とあったけど、見事にそれを見破られました。

 けれどもヘラヘラしとくのも好きなのです。

 4年ぶりの担任だったので、みんなに救われ、そして過去のもへちゃん学級の生徒たちに背中を押され、なんとか1年間頑張れました。

 「復習プリント」をやり通したり、長雑巾による廊下掃除を編み出したり、オーディションをしたり…すごいアイデアと実行力を持った34人でした。

 いつの日か「もへちゃん学級の先輩はなぁ…」と君のことを語っていると思います

(もへちゃん)

人名事典の「もへちゃん」のページの実際

人名辞典の「もへちゃん」のページの実際

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 画像の「人名事典の見方」にあるように

☆…女子

★…男子

の意見です。

 もへちゃん自身、読んでいて、こそばゆい感じもします。

もへちゃん
もへちゃん

 ちょっと褒められすぎかなぁ(笑)

文字に残すことの意義

 「優しい」とか「おもしろかった」だけでは思い出せなかった「上下ジャージ(真っ赤)」とか、「いろんな発想でそうじを楽しくした」等、子どもによる様々な表現で、この人名事典を作った2005年度が蘇りました。

 「文字に残す」というのは、記憶の中に埋もれてしまった記憶を引き出す「タイムカプセル」みたいな役を果たすってことを実感しました(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました