「お年玉」と「お金の価値」

2021/01/08

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 もへちゃんの住む福岡県は、大雪警報が出ました。

 積雪のため、電車等のダイヤは乱れ、高速道路は通行止めになり、県内の多くの小中学校が臨時休校になりました。

 と言っても、平地での積雪は数cmなのですが…(^^;)

 もへちゃんは、子どもの頃、父の仕事の関係で4年間、富山県に住んでいました。

 1mの積雪でも、学校は普通にあってました。

 先生達も遅れることなく、普通通り車で学校に来てました。

 そんな経験を持っているので、もへちゃんは雪に対する準備をそれなりにしています。

 しかし、九州では雪が積もることは稀なので、多くの方は積雪に対する準備は不十分です。

 タイヤチェーンを持ってないって人も、けっこういます。

 もへちゃん自身はタイヤチェーンを持っているのですが、通勤時、チェーンしてない車が坂を登れなくて大渋滞に、はまったりしたこともあります。

 そんなこんだで、新学期早々、臨時休校になった子たちは、

  • 今日(2021年1月8日 金)が臨時休校
  • 9日、10日は土日なので休み
  • 11日(月)も成人の日でお休み

 子どもたちにとっては、冬休みが4日延びたような感じで、ラッキーだったかもしれません。

 そんな浮かれてる子どもたちが、この3連休で、もらったお年玉を使いまくるかもしれません(笑)

 そこで、お金の価値について書いた「1年1組学級記録 No.31」(2009年1月15日発行)を紹介します。

お金

記録57

 あけましておめでとうございます!!

 みんなは、いくらお年玉、もらいましたか?

 うちは、たったの3万5千円。

 しかも、そのうち3000円が手持ち分…

 「少ないんじゃあ~!!」

って親に言ったら、殴られた…

 イタイよう…

班ノートからの引用

日給5000円

 大学生の夏休み、寿司屋さんでアルバイトしてた。

 朝9時から夜8時まで働いて、日給5000円だった。

写真ACからの写真
写真ACからの写真

 途中、お昼ご飯を食べて一休憩できる時間があったので、実働10時間、時給にすると500円のアルバイトってことになる。

 免許取りたてで、自分の車を持ってなかったので、配達で車を運転できるこのアルバイトは嬉しいものだった。

 バイト代を貯めて、安い中古車でかまわないから、自分の車を買うのが目標だった。

 忙しいのは11:00~14:00と、17:00~20:00。

 すなわち昼ご飯や晩ご飯時だ。

 その間は、寿司の配達がひっきりなし、遅れると玄関先で文句を言われることもしょっちゅうだった。

 14:00を過ぎると、ほとんど注文がなくなる時間帯に入るので、僕らは遅めの昼食を摂り、15:00までゴロゴロしたり、昼寝をした。

 15:00からは「うつわひき」と言って、前日配達した家々をまわって、寿司おけ(寿司の入っていた器)を回収して回った。

 「寿司の配達」と違って、「器ひき」は少々遅れたところで文句を言われることもないので、気楽な時間だった。

 だから、回収し終わったら、すぐに店に帰らず、ボーッと休憩したりしてた。

問1「休憩中にジュースが飲みたかったもへちゃん」

 夏真っ只中の昼下がり

 配達の車にはエアコンなんか付いてなかったから、休憩すると缶ジュースが飲みたくてたまらなくなる。

もへちゃん
もへちゃん

問1

 君だったらどうするだろう?

イラストACからのイラスト

問1の解答と解説

もへちゃん
もへちゃん

 当時100円だったジュースを、僕は飲むことはなかった。

 なぜなら、そこでジュースを飲んでしまえば、その時間の時給が500円から400円に下がってしまうからだ。

 我慢しさえすればいいと思ったのだ。

 それでも、暑くて暑くてたまらない日も時にはあった。

 そんな時は30円のチューチューアイスを買った。

チューチューアイス イラストACからのイラスト

問2「お年玉の5000円と、バイト中のジュース代100円」

 君たちほどの金額ではないけれど、僕も子どもの頃はお年玉を楽しみにしていた。

 普段変えない物をそのお金で買って、うきうきHappyな気持ちになったりしてた。

 13歳の僕は、欲しい物を買うのに、平気で5000円を出したりできた。

 20歳の僕は、欲しいジュース(たった100円)を買うことができなかった。

もへちゃん
もへちゃん

問2

 なぜだかわかるかな?

問2の解答と解説

もへちゃん
もへちゃん

それは、自分で働いて得たお金だからだ。

 苦労して(玄関先で文句を言われたり、家がわからず車を降りて1軒1軒の表札を見るため走って汗をダラダラかいたり…)もらったお金だったからだ。

あなたがもらったお年玉も

 そんな思い(いや、僕よりもっときつい思い)をして得たお金が、君のお年玉になったんだ!

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

お年玉の思い出①

 もへちゃん自身のお年玉の使い道で、今でも憶えているのは小6のお正月のことです。

 当時もらったお年玉を持って、文房具店に行き「シャーペン」を買いました。

 この話をすると、子どもたちは

って表情になります。

 当時、シャーペンってお金持ちの子だけが持ってました。

 1本1500円でした。

 文房具店のガラスのケースの中に、万年筆と一緒に並べられてました。

 親からもらったお年玉3000円のうち、1500円を使って、小6時代のもへちゃんはシャーペンを買ったわけです。

 当時のもへちゃんは有頂天になり、授業中にシャーペンのクリップのところに20cmほどの定規を挟み

もへちゃん
もへちゃん

ジェットスクランダー!

なんて言いながらニヤニヤしてました。

 ちなみに、芯は12本入りで100円でした。

 それから2年後、中学校の売店で、プラスチック製のシャーペンが1本300円で売られて、愕然としたことを憶えています。

お年玉の思い出②

 もへちゃん組の卒業生ではないのですが、もへちゃんが生徒会担当をしてたころの執行部の1人の子が

 今までもらったお年玉は、全部貯金してます。

 将来、留学したいから、その時の費用に使うんです。

と言ってました。

 お年玉の使い道は、シャーペンくらいしか憶えてないもへちゃんは、当時15歳の彼女を

もへちゃん
もへちゃん

本当にすごい

と思いました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました