音楽が得意じゃなくても、合唱指導は得意なもへちゃんの指導法①

2021/01/14

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 前回のブログで

 もへちゃん自身は音楽には疎いのですが、合唱指導は得意です(^^)

中3生が、5年後の成人式で思い出すと素敵な学年通信」より引用

と書きました。

 そこで今回は、季節外れではありますが、もへちゃんの合唱指導について書いた「3年1組学級記録 No. 37」を紹介します。

 ちなみに、今回紹介する通信は、合唱コンクール前日に発行した通信です。

 いわゆる「最後の一押し」ですね(^^)

100% ✕ 33人

記録68

 合唱品クールまであと1日。

 男子の声が小さく、「これで本番、大丈夫かな?」と思っていたけど、昨日の放課後の練習ではちがった。

 今までで一番の歌だったと思う。

 まだ完璧ではないが、だんだん声が出てきているような気がする。

 このままいけば、金を獲るのも夢ではない…と言うより、絶対金を獲れる。

 残り少ないが、最後まで、全力で練習するしかない。

班ノートより引用

記録69

 男子の声いい!

 4回目のアカペラと、3回目の普通の所、合わせたら最高ッ!

 女も男も声が出てて、すごくうれしかった。

班ノートより引用

記録70

 今日の練習は、第2音楽室でありました。

 今日はいつも以上に良かったです。

 あとは本番で、緊張しすぎないといいけど…。

班ノートより引用

 ステージの上に立つ。

 ライトのまぶしさに顔が照らされ、光の熱さにカーッとなって、頭の中が真っ白になる。

写真ACからの写真

 教室と違い、声が反響せず広がっていくステージ。

 自分がどれくらいの声を出せているのか、

 練習の時ぐらい出せているのかが、わからなくなる。

 頼りになるのは、ふだんの練習の時に感じてる身体の感覚。

  • 腹筋への力の入れ具合い
  • 背筋への力の入れ具合い
  • のどのひきつり具合い
  • はき出しきった肺の感覚

 隣の人の声を待って歌うのは、出だしに力が無くなる。

 本人たちはわからないと思っているけれど、聞いている側にはよくわかる。

 ステージの上では、自分がどれくらい声を出せているのかがわからない。

 だから、歌の出だしを成功させるには、自分の身体の感覚をたよりに、いつもと同じように力強く声を出すしかない。

 そうして一人ひとりが、孤独の中で闘わなければならない。

孤独?

 でも本当は、孤独な闘いなんかじゃない。

 3の1の33人が、この広大な宇宙の広がりの中の、地球という星の、日本という国の、◯◯市文化センターのステージの上で、「最高の歌を歌おう」と心を1つにしているのだから。

100% ✕ 33人

 ◯◯さんの失敗のおかげで、

もへちゃん
もへちゃん

100% ✕ 33人=3300%を求めるのか

 それとも

もへちゃん
もへちゃん

100% ✕ 32人+0%で行くか

を君たちに迫ることができた。

 そして君たちは

100% ✕ 33人!

を選んだ。

 誰か1人でも

50%でいい

と思えば、それは君たちが求めたものではない。

 「100% ✕ 33人」で心を1つに。

 いよいよ明日!!

イラストACからのイラスト

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 今回紹介した通信の途中で、話のスケールが急に大きくなる部分があります。

 一人ひとりが、孤独の中で闘わなければならない。

 でも本当は、孤独な闘いなんかじゃない。

 3の1の33人が、この広大な宇宙の広がりの中の、地球という星の、日本という国の、◯◯市文化センターのステージの上で、「最高の歌を歌おう」と心を1つにしているのだから。

の部分です。

 ふだんから、もへちゃんは話を大きくする癖がある?

もへちゃん
もへちゃん

 た、確かに(笑)

 でも、今回は違います!

 ちゃんと理由があるんです(^^)

 このクラスの子たちが選んだのが「20億光年の孤独」という曲だったからです。

20億光年の孤独

     作詞 谷川俊太郎、作曲 山本純ノ介

 

 人類は小さな球の上で

 眠り起き そして働き

 ときどき火星に仲間を欲しがったりする

   (中略)

 万有引力とはひき合う孤独の力である

   (後略)

歌詞全文と合唱動画は「もへちゃん先生の学級通信の資料置き場」へ

合唱コンクール直前にする指導

 合唱コンクール直前に、もへちゃんがする指導とは、一言で言ってしまえば

もへちゃん
もへちゃん

仲間を信じて声を出せ

です。

 この年は、その言葉をストレートに出すのではなく、子どもたちが何度も何度も歌ってきた歌詞に重ねて伝えました。

 だからスケールが大きな話になったのです(^^)

涵養

 他の年では、学級目標に重ねて伝えたこともあります。

 子どもたちの心に、ジワ~っとしみこむように話したいからです。

もへちゃん
もへちゃん

仲間を信じて声を出せ

そんなことなら、私も言ってる

 このブログを読んでくださっている方のうち、担任をしてる先生は、がっかりしちゃったかな?

 でも、当たり前のことだからと言って、子どもたちが

本当やなぁ。

としみじみ思ってくれなければ、「伝わっていない」と同じって、もへちゃんは思います。

 クラス40人のうち6~7人が勢いよく「は~い」と言って、残りの33~34人が無反応ってこともよくありそうです。

 もへちゃんは、そんなの嫌なんです。

 クラス40人いたら40人みんなが「本当やなぁ」としみじみ思ってもらいたいのです。

 この「ジワ~っと染みこむ」ように伝えることを、「涵養かんようする」と言います。

イラストACからのイラスト

 人権啓発の際に、学ばせてもらった大切な言葉です。

次回予告

 それともう一つ、

 ◯◯さんの失敗のおかげで、「100% ✕ 33人=3300%を求めるのか」、それとも「100% ✕ 32人+0%で行くか」を君たちに迫ることができた。

の部分の「◯◯さんの失敗って何?」と思われましたか?

 それについては次回、合唱コンクール後に出した通信を紹介します。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました