スポンサーリンク

伝説の生徒会が、生徒に支持されていた証⑤

2022/01/24

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 「1.17阪神・淡路大震災」について書いた生徒会だよりを紹介して以降、伝説の生徒会シリーズが続いています。

 平和劇、震災募金、才能発掘プロジェクト、人権クラブ…多くのことにとりくんだ伝説の生徒会。

 今回は、この代の生徒会執行部の子たちが、生徒たちに支持されていたことがわかる「生徒会だより No.28」を紹介します。

生徒会だより CK中学校生徒会 No.28

公募活動 上半期結果

 公募の上半期の結果を皆さんにお伝えしてなかったので、お知らせします。

と言うことで、

上半期、公募提出No.1は

3年3組

です。

 後半の「スペースワールド」の分で、一気にトップに躍り出ました。

 ちなみに2位は3年2組、3位は3年4組でした。

 また、文化委員会でとりくんだ「赤い羽根共同募金のバッチデザインとキャッチフレーズ」の募集の分で、入選は残念ながらありませんでしたが、昨年同様、学校賞として『たて』を2ついただきました。

 たてを見たい人は、先生に言ったら見せてもらいますよ(昨年のたては、生徒会室にあります)

生徒会役員選挙にあたり

これからCK中を担う皆さんへ

 生徒会役員選挙に、こんなにたくさんの人が立候補してくれてうれしいです。

 正直言うと「今回から『委員長も選挙』になって、立候補が足りなかったらどうしよう?」と思ってました。

 さて、立候補した皆さんは、それぞれの決意を胸にしていると思います。

 ただ残念なことに、選挙には当落というものがあります。

 でも、私たちは「そんな人こそ、その決意を忘れずに頑張ってほしい」と思っています。

 これからは、皆さんがCK中を創っていく主役です。

 この最大の仕事は、生徒会役員(執行部+委員長)だけでできるものではありません。

 生徒会会員であるみんなの力がないと、できないんです。

 私たちは皆さんを信じています。

 今年の3年生の頑張りをここで止めず、先へ進んでくれると信じています。

 1人の勇気と行動が、みんなのものとなるとき、CK中は必ず世界一の学校になります。

 がんばれ!

お知らせ

 人権展に向けて、人権クラブ「人権展製作委員会」がスタートしました。

 今までのCK中の歴史というものをふりかえる絶好のチャンスだと思います。

 11月30日からの人権展は、しっかり見てほしいです。

 また、これから先も、人権クラブの活動の際には、参加者を募集するので、みなさん ふるって参加してくださいね。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

人権クラブとは

 1994年度の生徒会が立ち上げた「人権クラブ」。

 しかし「伝説の生徒会」の生徒会執行部の子たちは、剣道部、バレー部、バスケ部…と、それぞれが部活動に所属していました。

 そこで「人権クラブ」については、「期間限定で参加者を募集する」という形式にしました。

 例えば、

  • 視覚特別支援学校(当時は「盲学校」と呼んでました)の文化祭見学
  • 世界の学校を学ぼう(留学生にインタビュー)
  • 平和劇を創ろう

 これらの活動は、代議員会で詳細を提案し、参加希望者を募りました。

 参加・不参加は子ども自身で決定です。

 例えば、もへちゃんが担当していた平和劇では、90~100名を超す応募がありました。

生徒会役員選挙 

 通信内にありましたが、「伝説の生徒会」の次の年の生徒会役員選挙は、執行部(会長、2年副会長、1年副会長、書記、会計、2年部活動委員長、1年部活動委員長、2年生活委員長、1年生活委員長)だけでなく、各委員長(学習、整美、給食、学習、風紀、体育、文化、図書、保健)も選挙制に変えました(正しくは、生徒総会で提案し、可決それました)。

 1994年より数年前から

もへちゃん
もへちゃん

 学校を、生徒会活動で立て直そう!

と決意していたもへちゃんにとって、選挙制度の改善もその1つでした。

 「伝説の生徒会」の子たちの1年間のとりくみは、下級生たちに勇気と魅力を与え、各役職に2~4名の立候補がありました(^^)

悪循環

 ちなみに、生徒会活動に展望を持てない学校、生徒会活動に魅力を感じない学校の場合、「生徒会選挙に立候補者がなかなか立たない」なんてことになります。

 それでも形だけの「生徒会活動」を続けていくため

  • 先生から説得された子
  • 内申書のために立候補する子

なんかが立候補し、先生に言われたことだけをする生徒会が誕生します。

 こうなると悪循環です。

  • そんな「形だけの生徒会活動」しか経験がない子が大人になり、先生になったとしたら…
  • そんな人が、生徒会指導役を担ったら…

 組合に入っていて労働運動を学んだり、自身の都合で権力と闘争した体験があれば、自分の子ども時代とは違う生徒会活動を作れると思います。

 しかし現実は、そうではないように感じます。

 どんどん「形だけの生徒会」が多くなっているように感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました