手ぬぐいマスクMark3(保冷剤入りマスク)完成!(仮⑤、仮⑥作成)

2020/06/30

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 4月から、手ぬぐいを折るだけの「手ぬぐいマスクMark1」「手ぬぐいマスクMark2」を愛用してきました。

 しかし間もなく、人類が初めて体験する「マスク着用の夏」がやってきます。

 そこで暑さ対策・熱中症対策として保冷剤を仕込む「手ぬぐいマスクMark3」を考えてきました。

 「折るだけ」という条件を捨て、ミシンで一部を縫う「手ぬぐいマスクMark3(仮①)」と「手ぬぐいマスクMark3(仮②)」を作ってみましたが、付け心地や保冷時間が短く没。

 「仮③」以降は、原点に戻って、折るだけで作ることができるマスクになりました。

 長時間装着すると鼻が痛くなる「仮③」を改良した「仮④」は、

  • 付け心地 ◯
  • 保冷時間2時間半

となり、今までで一番イメージに近くなりました。

 しかし、さらにいいものにしたい(>_<)

 さてさて理想の「手ぬぐいマスクMark3」はできるのでしょうか?

 ということで、今回も「過去の通信の紹介」ではありません。

決定!「手ぬぐいマスクMark3」

「手ぬぐいマスクMark3(仮④)」の課題は

 手ぬぐいマスクMark3(仮④)の問題点は

  1. 2層式の保冷剤の表側の塩分濃度がまだ高かったため、凍らなかった
  2. 保冷剤自体が大きくて、顎の左右がはみ出して無駄だし、格好が悪い

の2点です。

 そこで「(仮⑤)」では、この2点を改善すべく工夫しました。

手ぬぐいマスクMark3(仮⑤)

改善点1「表側の保冷剤の塩分濃度を低くする」

 まず、表側の保冷剤の塩の量をさらに減らしました。

 片栗粉30g、塩12g、ぬるま湯75cc

        ⇩

 片栗粉30g、塩8g、ぬるま湯75cc

 裏側は、今までどおりの塩分濃度(片栗粉30g、塩22g、ぬるま湯75cc)です。

改善点2「長方形→楕円形」

 そして、保冷剤を長方形ではなく、楕円っぽくしてみました。

 楕円っぽくしたので、顎の左右の無駄は無くなりました。

手ぬぐいマスクMark3(仮⑤)の評価

 保冷剤・表側の塩分濃度を下げたことで、一晩冷凍室に入れると「表はカチカチ、裏はプニョプニョ」になりました。

 やっとイメージ通りの保冷剤にたどり着きました(^^)

 装着して、保冷時間や装着具合をチェック!!!

 装着具合は、バッチリです。

 無駄な部分も無く、格好も悪くありません(笑)

もへちゃん
もへちゃん

 あれ?

 表側、すぐにプニョプニョになっちゃった。

 そのせいか、1時間半くらいで、冷たく無くなったぁぁぁ(T_T)

 計ってみると、保冷剤の重量が100g

 もしかしたら「融解熱」よりも「保冷剤の重量」の方が、保冷時間には関係あったのかもしれません(T_T)

  • 保冷剤の重量 100g
  • 付け心地 ◎
  • 保冷時間 1時間半

 保冷時間が、1時間半では満足できません(>_<)

 再々々々々チャレンジです!

手ぬぐいマスクMark3(仮⑥)

改善点「二層式ですが、表側も裏側も『塩分濃度 低』」

 固体から液体に変わる際に周りから熱を奪う「融解熱」の考え方はいいと思うんだけどなぁ。

 そこで「仮⑥」では、表側も裏側も

片栗粉30g、塩8g、ぬるま湯75cc

としました。

 カチカチに凍っても、途中で折れ曲がるように、「節」を作って顔の局面にフィットさせます。

 ただ、鼻に当たる部分のみ、仮⑤を作った際の余りの塩分濃度が高い保冷剤(片栗粉30g、塩22g、ぬるま湯75cc)を入れました。

改善点2「保冷剤の量」

 「仮①」~「仮⑤」まで、5回、保冷剤を作ったことで、慣れすぎたのか「仮⑤」の保冷剤は、コンパクトになりすぎました。

 そこで「仮⑥」では、気持ち多めの保冷剤づくりを意識しました。

手ぬぐいマスクMark3(仮⑥)の評価

  • 保冷剤の重量 140g
  • 付け心地 ◎
  • 保冷時間 2時間

 カチカチに凍っていたので、今までで一番冷た~いマスクでした。

 でも接触面は5分もすると、プニョプニョになり、装着感はグッドです。

 鼻のみソフトってのもいい感じです。

決定!「手ぬぐいマスクMark3」

 「仮⑥」の保冷時間は2時間。

 正直2時間では短いのですが…

 もへちゃんの技術力ではこれ以上伸びそうもありません。

 そこで「手ぬぐいマスクMark3(仮⑥)」を、正式に「手ぬぐいマスクMark3」と名付けることにします。

 やっとできたぁぁぁ

この夏は、この「手ぬぐいマスクMark3」で乗り切ることにします(^o^)

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 前回のブログを読んだもへちゃん組の卒業生の1人から「拡散」や「浸透圧」というキーワードをもらったのですが…。

 技術面については中学レベルのもへちゃんなので、せいぜい使えるのが「融解熱」なのです(笑)

 どなたか、簡単に作れて、保冷時間の長い保冷剤の作り方、教えて~

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました