スポンサーリンク

今ならネット小説? 学級通信で小説発信

2021/06/01

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 もへちゃんが学級通信に載せた子どもからの記事の多くは、生活ノート(連絡帳みたいなノート)の4行日記に書いてくる文章、もしくは班ノートに書いてくる文章でした。

 生活ノートの4行日記は文字数が限られますが、班ノートは自由に書けます。

 最高13ページ書いてきた猛者もさもいました

 あっ、つい「猛者」と書きましたが、13ページ書いてきたのは女生徒でした(^^)

 そんな「班ノート」にとりくみ始めたのはいつだったでしょうか…

もへちゃん
もへちゃん

 忘れちゃいました(>_<)

 今回、紹介する通信の頃(先生になって2年目)は、まだ班ノートのとりくみは始めてませんでした。

 だから、たった4行では足りない場合、子どもたちはノートを破ったものや便せんに文章を書いてきてました。

 では、生活ノートの4行ではとてもたりなかった子どもの記事で構成された通信「◯◯フリーウェイ No.23」(1986年5月28日発行)を紹介します。

 

心のオアシス part2(表)

 中間考査に向けてがんばっていることと思います。

 ほんの3分間、フリーウェイを読む間、心を休めよう。

 作家はすべて2の1の人です。

  • 季節感あり
  • 小説あり
  • 詩あり

の23号です。

記録53

 今日は、久しぶりに徒歩通学のことを書きます。

 沿道の景色は「カラフル」から「緑一色」になり、落ち着いてきました。

 家の近くでは、中学校に続く道の工事をしています。

 早くその道を通りたいな。

(あと1年くらい待とう)

記録54

ゴードンさんとぼく

1.ヨーロッパへ出発

 ぼくは青山タケル。

 旅行が大好きだ。

 特に海外に行くのが。

 え、何歳かって?

 それは想像にまかせることにしよう。

 ある日、友達の杉本ケンジと一緒にデパートに行った。

 “3000円以上お買い上げの方は、くじ引き券をあげます”と張り紙がしてあったので、ぼくとケンジは適当に何か買って、くじ引き券をもらった。

 30分くらいまってくじを引いた。

 「え。」

 僕は、自分の目が一瞬どうかなったかと思った。

 な、なんと、特賞のヨーロッパ旅行が当たったんだ!

 まわりの人もびっくりしてか、ざわつき始めた。

 ヨーロッパ旅行なんて初めてだ。

 だから、心がウキウキした。

 もう、うれしくって、うれしくって!

 たまらないよ、これは!

 僕は、海外で行ったことのあるところは、韓国と中国だけなんだから。

 旅行は6泊7日。

 ペアだけど、ぼくにはつきあってくれる女の子なんていないから、ケンジと行くことに決めた。

 「ササ、すっげぇ!」

 ケンジはこう言ってばかりだ。

 ケンジは、ぼくのことを“ササ”と呼ぶ。

 なんでだか知らないが、多分、“タケル”の“タケ”から“ササ”を連想したのだろう。

 それにケンジは“アオヤマ”の“ア”も、“タケル”の“タ”も言わない。

 必ず“ササ”と呼ぶ。

 多分、ぼくの名前を忘れているんだな、ケンジは。

 もっとも、ぼくは気にしないが…

        ☆

 1週間後に出発だ。

 その1週間、ぼくはウキウキしてたまらなかった。

 はやく1日がおわってほしくて、時計を何度もみた。

 カレンダーもしょっ中、みていた。

 荷物をまとめる時でも、入れては出し、入れては出し

カメラ、お金、着替え、地図、ガイドブック、etcエトセトラ

便せんに書かれていた挿絵

 忘れものはないか…などと何回も見直した。

 そして、前日。

 ぼくは明日、船で夜景が見られるかもしれないと思って、7時ごろ寝た。

 目が覚めた。

 なんか、あんまり寝てないような気がした。

 それでもぼくは、荷物をもって、戸締まりをして、家を出た。

 とうとう出発なんだ!!

 つづく

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 1986年当時は、手書きの通信でした。

 今回、紹介した分でB4の用紙がちょうど埋まりました。

 実は、この通信はB4 両面印刷だったので、これで半分ってことになります。

 続きは次回、紹介します。

 さて、「ゴードンさんとぼく」の記事は、もちろん生活ノートの4行日記にはおさまりません。

 便せんに書いて、生活ノートに貼り付けてました。

 その子の生活ノートは、1年間で厚さが3cm、いや5cmくらいになってました。

 きっとそのノートは、その子の宝物になっていると思います。

 けれど…

 

 今年、その子への年賀状が戻ってきてしまいました。

もへちゃん
もへちゃん

 どうしたんだろう?

 お~い、ざとさ~ん

 元気にやってるか~

コメント

タイトルとURLをコピーしました