卒業式の最後の学活は、担任の最大の晴れ舞台!…超えろ金八①

2021/02/24

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 もへちゃんが勤務している地域の中学校の今年(2021年)の卒業式は、3月12日です。

 例年、公立入試の2日後に卒業式なのです。

 なので、中3生の担任をしていると、この時期は、受験のことも気になりますが、卒業式の日の学活(教室での最後の授業)も気になるのです。

体育館の卒業式後の、教室での最後の学活こそ!

 金八先生をはじめ、多くの学園もののドラマの最終回が、体育館の卒業式で終わることはまずありません。

 体育館の卒業式の後の、

教室での最後の学活

こそが、ドラマを盛り上げます。

 先生としての醍醐味と言いますか、見せ場・晴れ舞台なのです!

 では、ドラマではない現実の「最後の学活」で、どんな授業をするか!?

  • ある先生は、ふだんギターなんて弾けるそぶりも見せてなかったのに、ギターを持ってきて、思いも寄らずにむっちゃ上手い歌を子どもたちに贈ってました。
  • 最近の若い先生は、行事なんかの写真をパワーポイントに取り込んで、バックに音楽を流したりして、感動を演出したりします。

 もへちゃんも何度か3年生を担任したので、その回数分、最後の学活を行いました。

 でも、音楽の才能も無ければ、パソコンでプレゼンを作るための画像データも持っていなかったもへちゃんが、どんな学活をしたかと言うと…

  • 合唱コンクールで金賞を獲った年の子たちの卒業式では、久しぶり(合唱コンが10月だったら5ヶ月ぶり)にみんなで合唱したり、
  • 学級通信を製本した年の子たちの卒業式では、冊子になった通信の数ページを読んで、過ぎた日々を思い返したり…

 しかし、これらはイマイチでした。

 金八先生をはじめとする学園もののドラマの卒業式の回には及びませんでした。

 50代になり、それまでの試行錯誤の末に、やっと金八超えのドラマティックな最後の学活ができるようになりました(^^) 

 そこで、数回に渡って、「もへちゃん式卒業式の学活」を解説していきます(^^)/

 なので、学級通信の紹介はちょっとだけお休みです<(_ _)>

もへちゃん式 卒業式の学活①

 まずは、こんなお手紙を保護者に渡すことから始めました。

3の7の保護者の皆さまへ

担任 もへちゃんより
                   2011.2.16

最後のおねがい!(わがまま?)

  あと3週間で、公立入試、そしてあと23日で卒業式です。

 本当に、3年間があっと言う間に過ぎようとしています。

 義務教育を終えようとする子どもたちに、伝えておきたいこと(「人権」とか「反戦平和」とか…)がまだいろいろあるのですが、もう時間が限られてきました。

 あと一つ、どうしても「自分を育ててくれた人々」について考えさせたいのです。

 そのために、おうちの方々に協力していただきたいことがあるのです。

 というのは…

 卒業式という人生の節目の日の、3年7組での最後の学活の時間を使って、「自分を育ててくれた人々」を考えさせたいのです。

 そのために

  1. 「卒業する子どもへのメッセージ」を考えてもらえないでしょうか。
    • 200字程度、すなわち原稿用紙半分くらいです。
      • (もへちゃんが代読するので時間にすると30秒ほどの分量です)
    • 子どもの名前や愛称は書かないでください。
      • (これがミソです。誰のことをもへちゃんが読んでいるのか、わからない中で、内容を聞いて、子ども本人だけが「僕のことや」とか「あれっ、私のこと?」って気づくはずなんです。育ててくれた時間がそれを保証するはずです)
    • 硬い表現をしない。呼びかける感じ、話し言葉で。
      • 内容は、小さかった頃の思い出や、中学3年間の成長ぶりなど。
      • 怒ったり小言を書いたりしない。
      • ここぞとばかりに説教くさい話にしない(笑)。
    • 小さい頃の写真を見ながら内容を考えてもらうといいかも!
    • パソコンで打ち込むので清書する必要はありません。
    • 以前取り組んだ際の、ある子どものお家の方からのメッセージと、もへちゃんだったらこう書くかなと思うものを同封しています。参考にしてみてください。
  2. 一緒に小さな頃の写真を1枚、最後の学級記録(学級通信)に載せたいと考えています。貸していただけないでしょうか?
    • 写真はスキャナーで読み込んだら、お返しします。
    • 書いていただいたメッセージと写真は「学級記録(学級通信)最終号」に載せます。そして、それを卒業式後の学活で使います。

 まとめると、

  1. 今回考えてもらった「メッセージ」
  2. 小さな頃の写真

の2点を、来週いっぱい(2/25金まで)に提出していただけるととても助かります。

 子どもに持たせてもらってかまいません。

 できれば封筒か何かに入れていただけると、子どもたちには秘密にできるのでありがたいです。

 よろしくお願いします。

 お手紙の中にある「もへちゃんだったらこう書くかなと思うもの」も、ブログに載せようと思ったのですが、見ありません。

 おかしいなぁ(^^;)

 確かにあったはずなのに…。

 探してみて、見つかったら載せますね。

 さて、保護者から返ってきた「我が子へのメッセージ」は、「学級記録・卒業お祝い号」の記事の1つにします。

3年7組学級記録 卒業お祝い号

 次の画像「学級記録 卒業お祝い号(表)」の、右下の「15年を振り返って」が、それにあたります(画像が粗くてすみません🙇‍♂️)

学級記録 卒業お祝い号 表
学級記録 卒業お祝い号 裏

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 しかし、この卒業お祝い号を作るだけでは、金八先生等のドラマを超えることはできません。

 いや「卒業お祝い号」は、とりくみの結果生まれた副産物であり、「最後の学活」の本筋はこれではないと言う方が正しいです。

 ではどうするか…

 それは、次回のお楽しみといたします。

 乞うご期待(^o^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました