スポンサーリンク

「学級一善」で何にとりくんだか…ヒントは、原爆瓦 再現実験

2021/07/28

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

学級一善

 2008年度、もへちゃんは新たな学校に異動し、中1生を担任しました。

 その学校の生徒会が、1学期に「学級一善」というとりくみを提案しました。

 各クラスに3000円の予算をつけるから、学級単位で「いいこと」をしよう!

 1学期のうちに計画を立て、2、3学期に実行していいとのこと。

 学活(学級活動、学級会)の時間を数回使って、子どもたちと考えました(たぶん、今の学校では授業時間確保のため、学活を数回使うなんて許してもらえないかも)。

  • 校内の清掃活動
  • ゴミ拾い
  • 駐輪場(自転車通学の子たちがかなり多い学校でした)での自転車整列
  • 老人ホームに行って歌を歌う

などの意見が出ました。

 しかしどれも決め手に欠け、結論を保留しました。

 もへちゃん組が決めかねていた1学期のうちに、2、3年生の数クラスがゴミ拾いをしてました。

 しかし、その姿は「やらされている感」満々で、とても心を込めてやっているとは思えませんでした。

もへちゃん
もへちゃん

 これじゃ、ただの行事消化じゃん(>_<)

 もったいない!

 せっかく、すてきなとりくみなのに…

 なので、先輩達の真似をして「ゴミ拾い」という安易な考えに流れるのを、もへちゃんは良しとしませんでした

もへちゃん組の夏休みの宿題

 夏休み前の学活の時間に、学級一善について話し合った際、先生からのアドバイスとして

 

もへちゃん
もへちゃん

 どうせやるんなら、

  • みんなのためにもなって
  • しかもワクワクするような
  • でっかいこと

をやろう!

と話しました。

 しかし本当のことを言うと、この時点ではもへちゃん自身、具体的なアイデアを持ってませんでした。

 結局

もへちゃん
もへちゃん

 先生も考えてくるから、みんなも夏休み中に考えるように。

 夏休みの宿題ね~

では問題です

 その夏休み中、もへちゃんがひらめき、結局実施したのは…

もへちゃん
もへちゃん

 何だと思いますか?(^^)

 ヒントになり得る通信、「1年1組学級記録 No.14」(2008年9月10日発行)を紹介します。

戦争は本当に残酷だ

記録23

 道徳で、一万人署名の学習をしました。

 原爆瓦は、とってもすごかったです。

もへちゃんが広島の元安川で拾った原爆瓦

TCさんの生活ノート(連絡帳みたいなノート)より引用

 3500℃のアセチレンガスで、やっと原爆瓦を再現することができた。

 「原爆の熱に焼かれる」とは、あのアセチレンガスの炎を全身に浴びるようなものだ。

  • 腕にも
  • 足にも
  • 目にも

身近な場所にある戦争の爪痕

 太平洋戦争は、筑紫野市にも爪痕を残した。

筑紫駅銃撃事件

 二日市駅を出発した満員電車が、筑紫駅手前で機銃掃射をうけ、100人をこえる死者を出し、一面血の海となった「筑紫駅銃撃事件」

山家 強制連行

 山家やまえの山の中に、総延長8kmを超える巨大な壕を掘り、西部せいぶ軍司令部にしようとした工事では、朝鮮の人の強制連行があった。

二日市保養所での堕胎手術

 済生会さいせいかい病院の前身である二日市保養所では、中国やソ連から引き揚げた女性の堕胎だだい手術を、戦争が終わった直後とりくまれていた。

他にも…

  • 2年生が修学旅行に行っている鹿児島では、多くの若者が特攻隊の隊員として、死を強制され
  • 九州の南・沖縄では、悲惨な地上戦で多くの住民が犠牲になった
  • そして広島と長崎では原爆が使用された

 戦争は本当に残酷だ。

戦争を放棄する平和憲法

 一方で、戦後、日本は戦争を放棄ほうきする平和憲法を作った。

 世界には軍隊を持たない国が27カ国ある。

 平和を守るものは、武器や核兵器ではなく、対話や信頼関係であるべきではないだろうか?

 だから、僕らが行動する意味はあるんだ。

「私たちにできること」(長崎新聞社刊)

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 もうおわかりですね(^^)

もへちゃん
もへちゃん

 えっ、イマイチわからない?

 確かにこの通信には、2008年度もへちゃん組の「学級一善」のとりくみを明記してないですもんねぇ(^^;)

 このブログを読んでる方で

  • 当時、もへちゃん組だった方
  • 2008年度以降のもへちゃん組だった方
  • 2008年度以降、もへちゃんとともに平和劇にとりくんだ人たち

ならわかるかと思いますが…

 ということで、「学級一善」で何にとりくんだかについては、次回に続きますm(_ _)m

原爆瓦 再現実験

 通信内の

 原爆瓦はとてもすごかったです。

という記録は、道徳の時間に行った「原爆瓦 再現実験」のことを指しています。

 もへちゃんが広島の元安川で拾ってきた原爆瓦は、表面がブツブツになってました。

 原爆の熱で、瓦の上薬が一瞬にして液状化&沸騰したからだそうです。

 そこで、新品の瓦で、このブツブツを再現する実験をしました。

①ガストーチ(約1000℃)

 まずはキャンプ等で使うガストーチで瓦を焼いてみました。

 「瓦そば」という料理があるくらいですから、キャンプ用のガストーチでは、瓦に一切変化は見られませんでした(あっ、すごく熱くはなりますよ(>_<))

瓦そば Wikipediaより引用

②アセチレンガス(約3500℃)

 そこで、工業高校で、鉄を溶接するアセチレンガスで瓦を焼いてもらいました。

 (授業では、この部分は撮影してきた動画を見せました)

アセチレンガスvsアルミ缶

 瓦を焼く前に3500℃をイメージしやすいように、空き缶にガスの先端を当ててみました。

ガスの炎を当てて
1秒後に穴が開きました(>_<)

 なんと、1秒で缶に穴が開きました(^^;)

 スチール缶だと5秒で穴が開きました。

アセチレンガスvs新品の瓦

 もへちゃんの予想では、これでブツブツ状を再現できるはずだったのですが、瓦に変化は起こりませんでした。

もへちゃん
もへちゃん

 瓦の面積が広いから、熱が逃げちゃったかな?

 瓦を割って小さくして再トライです!

アセチレンガスvs小さく割った新品の瓦

 瓦を30秒ほど焼くと、炎の向こうがブツブツ状になりました。

 原爆瓦を再現できました!

知る・感じる・行動する

 広島市のホームページの「原爆被害の概要」には

 原子爆弾は、投下から43秒後、地上約600メートルの上空で目もくらむ閃光を放って炸裂し、小型の太陽ともいえる灼熱の火球を作りました。

 火球の中心温度は摂氏100万度を超え、1秒後には最大直径280メートルの大きさとなり、爆心地周辺の地表面の温度は3,000~4,000度にも達しました。

広島市のホームページの「原爆被害の概要」より引用

と書いてました。

 原爆の熱は3000~4000℃

と平和授業で話すのは「知らせる」行為です。

 しかしもへちゃんは、それで終わりたくないと思ってました。

 同じことを教えるなら、

  1. アルミ缶に1秒で穴を開けるアセチレンガスの炎
  2. そのアセチレンガスを30秒あびせ続けて、やっと原爆瓦が再現できた

という実験の後

もへちゃん
もへちゃん

 「原爆の熱に焼かれる」とは、あのアセチレンガスの炎を全身に浴びるようなものだ。

  • 腕にも
  • 足にも
  • 目にも

と言いたいのです。

 それが「感じる」ことだと思います。

 そしてこの授業の先の「行動する」の部分が、もへちゃんが子どもたちに提案した「学級一善」のとりくみになるのですが…

 それについては、次回を乞うご期待(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました