「新年の抱負破り7人」の5日後と、山本五十六③

2022/01/05

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 「新年の抱負」シリーズ①②では、「3日坊主」について書いた2005年度の学級通信を紹介しました。

 今回もその続きです。

もへちゃん
もへちゃん

 3日坊主を越えよう!

と呼びかけた次の日

       ↓

「抱負破りした子が7人」で説教ヽ(`Д´)ノ

 さてさて、次は子どもたちがどう変わるのか!?

 それでは、「学級記録 No.46」(2006年1月16日発行)を紹介します。

100%

密かに待ち続けた日

 密かに待ち続けた日が、ついにやって来た。

もへちゃん
もへちゃん

 「生活ノート提出率100%」

 達成したのだ(^o^)

 4月や5月だったら、「提出率100%」は難しくない。

 中学生活に慣れ始めた6月くらいから、「提出率100%」は難しくなる。

 3学期になればなおさらだ。

 それがなんと、3学期になった今、欠席者を除く31名分がずっしりとカゴの中に並んだのだ。

もへちゃん
もへちゃん

 1人だけが気をつけても、できることではない

 けれども、1人でも気を抜いていたら100%にはならない。

 事実、達成した日の1日前は「あと2人」だった。

「提出率100%」を支えた人

 このすてきなできごとを支えているのは次のような人たちだ。

記録121

 3学期の目標を早速ポカしたから、もう一度再チャレンジ(抱負は「忘れ物0」)

記録122

 今日から忘れ物「0」にするために、下みたいに、終わったり用意できたら ✔ で消すようにしたいと思います。

もう1つの「100%」

 1月13日は、もう1つの「100%達成」があった。

もへちゃん
もへちゃん

 「抱負」を全員が達成したのだ!

記録123

 今日、帰って20分勉強したら、英語のノート3ページ終わりました。

 これからもいろいろな教科を勉強していきます。

記録124

 今日から、自習というか家庭学習を2時間やることにした。

 絶対続かせてみるゾ。

 成績upできるといいな~!!!

 「3日坊主」を達成した人

 「1日目」「2日目」を達成した人。

 いろいろいるが、13日はみんながそろって1歩進んだのだ。

 「1人の100歩より、100人の1歩」を実現できたんだ。

もへちゃん
もへちゃん

 この1の4という集団を、誇りに思おうではないか!!

 さて、記録124の人の元々の抱負は「1日、ノート1ページは勉強する」だった。

 そして生活ノートで「1日2時間」と新たな決意を示してくれた。

 「ノート1ページ」と「勉強2時間」だったら、「2時間」の方がレベルは上だ。

 そんなふうに抱負をレベルアップさせる場合は「抱負◯日目」ってカウントは継続させようと思ってる。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

ドラマティックに成長

「3日坊主を越えようと呼びかけ」

「1日で抱負破りした子が7人で説教」

「クラス全員が、各自の抱負達成(100%達成)」

となりました。

 こんなにドラマティックに成長するのですから、学級通信に書かずにはおれません(^^)

 時間がなくても、睡眠時間を削ってでも通信を書きたくなる、そんな幸せな日々ですね(^_^)v

1人の100歩

 さて、通信にも書いたように「100人の1歩」はとても価値のあることだと思います。

 しかし、もへちゃんは

もへちゃん
もへちゃん

 「1人の100歩」も大事だ。

と思っています。

 

 先生時代、

もへちゃん
もへちゃん
  • 反戦平和のとりくみをすすめようと思った時
  • 学校の中の人権感覚を深めるためのとりくみをしようと思った時
  • 『学び合い』をまわりの人に伝えようと思った時

 様々なことにとりくもうとした際に、「みんなで1歩すすむ」ためには、100歩先を歩んでいる牽引役が必要だったからです。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ

 太平洋戦争前、開戦に反対した連合艦隊司令長官の山本五十六いそろくさんは

やってみせ、

言って聞かせて、

させてみせ、

ほめてやらねば、

人は動かじ

 

話し合い、

耳を傾け、

承認し、

任せてやらねば、

人は育たず

 

やっている姿を感謝で見守って、

信頼せねば、

人は実らず

と言われたそうです。

 人を指導する立場の人間にとって、

もへちゃん
もへちゃん

 なるほどなぁ。

と感じる言葉です。

 しかしもへちゃんは、

もへちゃん
もへちゃん

 この言葉を実行するためには、その人自身が100歩先を歩んでいる必要がある!

って思っています。

 だからこそ「先生」と呼ばれる存在は、様々な場で学ぶ必要があるのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました